旅と暮らし

北欧の“鉄旅”が楽しすぎる!
第1回:出発地コペンハーゲンで食い倒れ 

2019.08.07

写真・図版 大石智子

写真・図版

ユーレイルパスを使って、北欧4カ国2680kmの旅へ

最後に北欧を旅したのはもう7年も前のこと。夏のストックホルムの長〜い夜遊びに衝撃を覚えたのが一番の思い出だ。いまその旅を思い返してぱっと頭に浮かぶ絵も、クラブ帰りのスウェーデン美女の後ろ姿。すでに薄明るい夜更けの街に人があふれて、街自体がパーティー会場みたいだった。

その後、遠い存在になっていた北欧に、今年の4月に再び訪れた。目的は“ユーレイルパス”のスカンジナビアパスを堪能しまくること。ユーレイルパスとは、その名のとおり、ヨーロッパの国々を移動できる乗り放題の鉄道パス。

期間と等級によるが、加盟31カ国のグローバルパスなら€168から、適用1カ国のワンカントリーパスなら€51からとかなり安い。さらに驚くのが、12歳未満は保護者と一緒であれば無料ということ! これは勝手な解釈なのだけれど、ユーレイルパスを運営する本部はオランダにあり、オランダ人はカルチャー全般に熱心で旅も大事にしているから、良心価格なんじゃないだろうか。

そんなユーレイルパスに近年目覚め、いざ、北欧鉄旅へ。北欧4カ国を回るスカンジナビアパスでは黄金ルートが決まっていて、どうやら絶景の連続らしい。使用したのは1カ月有効6日間1等パス(€347)で、ルートは下記のとおり。途中船も挟むが、パスを持っていれば船もディスカウントとなる。

写真・図版


コペンハーゲン(デンマーク)→ヒアツハルス(デンマーク)480km
ヒアツハルス→ベルゲン(ノルウェー)600km ※船移動
ベルゲン→フロム(ノルウェー)200km
フロム→オスロ(ノルウェー)350km
オスロ→ストックホルム(スウェーデン)530km
ストックホルム→ヘルシンキ(フィンランド)480km ※船移動

1週間で2680kmの大移動! このルートでテンションが上がるのが、出発地がコペンハーゲンだということ。コペンハーゲンといえば、“世界のベストレストラン50”で4度も世界一に輝いた「noma」のある街。「noma」の知名度とともにコペンハーゲンを訪れるフーディーの数も増え、いまも新興勢力となるレストランが後を絶たない。というわけで気になる店に予約を入れ、まずは美食の都へと向かった。

写真・図版
ヨーロッパへ行くときは、ロシア上空からの地形を見るのが空の旅の楽しみ。

調子づいて、初日からひと晩で2ディナー

フィンエアーで成田空港を午前中に出ると、コペンハーゲンに16時20分着と、夕食にぴったりのタイミング。機内食をほとんど食べず、今年1月にオープンした「THE PESCATARIAN」へと向かう。ここはコペンハーゲンで人気のレストラン「Marv & Ben」のシェフが作った2軒目の店。“魚は食べるベジタリアン”を意味する店名のとおり、魚と野菜に特化したコースを提供する。

  • 写真・図版
    街の中心部にあるペブリンゲ湖畔に、美しい建物が並ぶ。
  • 写真・図版
    そこかしこにあるレンガ造りのマンションが格好いい!

街の中心部に位置するペブリンゲ湖周辺の民泊にチェックインしてすぐ、30分ほどのんびり歩いて店へと向かったのだが、この30分で初訪問のコペンハーゲンが好きになってしまった! 歩いてすぐに伝わる、街の安全さとゆとり。そこらじゅうにあるマンションはやたらと格好いいし、働く人は帰宅が早いし、路上アーティストのバイオリンの音色も美しく、みんな彼にきちんとチップを渡す。いい街だな!

写真・図版
「THE PESCATARIAN」のバースペース。

気分がよくなって「THE PESCATARIAN」へ到着すると、そこは思い描いていた憧れの北欧デザイン。青とグレーの配色が絶妙でとてもおしゃれだ。そして、魚介のコースを頼んだ私の北欧ムードをさらに上げたのが、石っころの斜面に載って登場したホイップバターである。まさに、ニューノルディック・キュイジーヌのごあいさつのような器!

  • 写真・図版
    ホイップバターに藻のパウダーがかけられているのも北欧的。パンは酸味が利いたサワードウブレッド。
  • 写真・図版
    ひと品目に出てきた鱈(たら)とホワイトアスパラのタルタル。海藻のミネラル感が強い。

料理は塩けが強いのだけれど、味の組み合わせ自体は好きだった。ホタテにはケールとバターミルクのソースをかけていたり、食べたことのない味の重なりが新鮮。ただ、生の魚介に藻の風味をがっつり利かせてきたりするので、北欧に着いて早々、無性に日本酒が飲みたくなってしまった。

写真・図版
人参のタイムのデザート。コースは約6500円から。私は約1万円のコースを頼みワインを3杯飲んでお会計1万7000円也。

少々強い塩けの連続に疲労感が出たころ、最後に食べた人参とタイムのデザートに救われた。土の味と素朴な甘さが絶品。今回は魚のコースにしたけれど、もしかしたら野菜のコースのほうが自分には合っていたかもしれない。雰囲気はとてもよく、オイスターバーとしても営業しているそうなので、次回はさくっと牡蠣(かき)とワインのために訪れたい。

世界一のレストランのセカンドラインは当日でも入れた

21時ごろ、食い意地がおさまらず、2軒目「108」にゆっくり歩いて向かった。ちょうど日が落ちたころで、道中の空の青みが忘れられない。

写真・図版
シャーロッテンボー宮殿を過ぎたあたりで見た、日暮れ後の運河と空。

「108」は予約が幻と化した「noma」のセカンドラインにして、すんなりと入れるレストラン。席数も多いし遅い時間にひとりなら大丈夫だろうと、予約なしで行くと、やはりOK。散歩で渇いたのどにと自家製ビールを頼むと、これが、まあおいしい。デンマークはクラフトビールが有名な国でもあり、この街の食をリードする美食軍団のビールがおいしくないわけがない。

写真・図版
週末は昼も営業しており、窓が大きいのでランチが気持ちよさそう。

ここでは、ポロ葱(ねぎ)、モンクフィッシュ、うずらの3品をオーダー。うずらを頼んだことが大正解だった。ガチョウ脂でコンフィにした一匹丸ごとのうずらには20種類の食材が使われ、エキゾチックな残り香がいい。「手でどうぞ」という提案どおりにうずらをつかみ、首までかじる様子は野獣のようだったと思う。遅い時間で周りに人がいなくてよかった。

写真・図版
うずら丸ごとのコンフィと、ソースたっぷりのローストもつく(約4000円)

メニューを決める際に、ひとつ気になるものがあった。キャビアのせ昆布アイスクリームである。これは絶対に食べたいと思ったが今晩じゃない気がした。すると、通常は隣にあるカフェバーでは出さないメニューだが、「言っておきますから、明日これだけ食べに来てもいいですよ」と、柔軟な対応。翌日、出直すこととなった。

どの街でも試したい市場飯の北欧版は、やはり魚介だった!

写真・図版
市街中心部にあるマーケット「Torvehallerne KBH」には、あらゆる食材がそろう。

コペンハーゲンとはデンマーク語で“商人たちの港”を意味するが、マーケットに行けば港町らしい食文化を目にすることができる。そこで2日目のランチに訪れたのが、「Torvehallerne KBH(トーブハーレヌ・コービーボー)」。市場飯が多く並び、例えばサンドイッチ屋の具材は、サーモン、ニシン、魚卵、海老と、港街ならではのラインアップ。どれもこれも具だくさんで目移りする!

写真・図版
オープンサンドイッチの専門店「Hallernes Smørrebrød」。
  • 写真・図版
    やはりサーモンは欠かせないし、ビールを頼んだら魚フライも欲しくなる。
  • 写真・図版
    市場にはクラフトビールの飲めるチーズ屋もあれば、スイーツ店もあり、おみやげを買うにもちょうどいい。

そしてデンマークはじめ北欧の人たちといえば、コーヒーが大好き。基本的に浅煎りのコーヒーを、日に何杯も飲むという。筆者もコペンハーゲンでの2泊3日で4軒のコーヒーショップを試したが、このマーケットに入る「Coffee Collective」での一杯は、これまで飲んだコーヒーのなかで一二を争うおいしさだった。さすが、デンマークのサードウェーブコーヒーを代表する店。空を眺めながらコーヒーを飲んだら悦に入って、さらにコペンハーゲンが好きになった。

  • 写真・図版
    窓際の席かテラス席しかないのが最高!
  • 写真・図版
    豆やコーヒーグッズの販売もある。それにしても店員さんの入れ方が素晴らしかった!

出直して食べたキャビアアイスクリームに感動!

2日目の夕方、キャビアアイスクリームを食べに再び「108」へ。いまやさまざまなファインダイニングでキャビアが登場するけれど、同店のそれは圧倒的にユニークで、キャビアの食べ方の理想と思うほどの逸品だった。

写真・図版
8gのキャビアがのった、羅臼昆布のアイスクリーム(約4000円)。

そもそもキャビアはあの食感や舌触りが魅力で、でもキャビアより堅い固形物の何かと一緒に食べることのほうが多かったりする。それがここでは、昆布アイスクリーム。キャビアが舌の上でもろく崩れる、ぬめとろな瞬間を静かに堪能できた。そして、キャビアが潰れた瞬間に、キャビアのうま味と昆布のうま味がほんのり甘いミルキーさのなかで一体となるのも面白い。少し香ばしいヘーゼルナッツのソースもよくはまっている。

ペアリングで提案されたオレンジワインは、アイスを食べてから少し間をあけて飲むと、一体となった食材の風味をじわじわと上らせた。残り少なくなるキャビアアイスクリームを大事に味わい、すべてがなくなったときにこう思った。

「明日も食べたい」

1年に1回は訪れたいレストラン「Relæ」

写真・図版
「Relæ」のカウンター席はキッチンの目の前。ディナーコースは約8000円と約1万4500円のふたつ。下記の料理は後者から。

後ろ髪引かれるコペンハーゲン最後の夜、ディナーに選んだのは「Relæ(レレ)」。なぜこの店を選んだかといえば、自社農園をもっていると読んだのがきっかけで、HPに書かれたクオリティー ファーストのメッセージと、どこか軽快そうなノリにもひかれた。

オーナーシェフのクリスチャン・プグリージ氏は「noma」出身で、2010年に「Relæ」をオープン。“世界のベストレストラン50”では最高39位、2019年は56位の店だが、注目すべきは2015年から2年連続でサステナブル賞を2年連続で受賞していること。

実際に行ってみると、彼らはサステナブルへの意識が高いというより、無駄を出さないアイデアや自然の恵みが本当に好きで、サステナブルの徹底は自分たちにとっての楽しいやり方という印象。だからか、大都市に位置している店なのに田舎や畑を連想させる瞬間が多々あった。

  • 写真・図版
    意外すぎる魚卵と麦茶のペアリングは、飲んべえも浮かれる味わい。
  • 写真・図版
    一度飲んだら忘れられない、白樺のだし。

料理は飾りっけがない。しかし、食べてみれば見えない職人技が利いていて、ビジュアルではなく味わいに華がある。すべての皿がしっかり記憶に残っているが、ひとつだけ挙げるとしたら“白樺ヌードル”だ。

一見、かけ蕎麦のようなそれは、実はパンからできた麺だった。前日の余ったパンの耳以外の部分に卵黄と小麦粉を混ぜてパスタマシーンで伸ばしたものだという。汁は白樺(しらかば)の樹液を煮詰めたスープ。

そのうま味の奥深さに思わず、「動物性のものは何か入っているんですか?」と聞くと、「白樺だけです」とのこと。塩と白ワインで味を調えているだけなのだ。そして、麺をかめば小麦の香りがする。汁好き日本人がほっとする、初めてのおいしさだった。

  • 写真・図版
    ひだが美しい根セロリは、肉料理とも張り合える充足感を与えてくれた。
  • 写真・図版
    クリームとソースをたっぷりつけて味わう、熱々のビーツのチュロス。

「Relæ」へ1年に1回行けたら幸せだ。自分にとって最高のレストランと出合い、北欧2日目にして満たされてしまったが、鉄旅は明日からが本番。景気づけにその後ビアバーとカクテルバーをはしごして、宿に戻ったのが深夜1時。少し寝不足となるが、翌日、しっかり目が覚める景色が待っていたから問題はなかったのだった。

写真・図版
約20種類のオリジナルビールをそろえる「Mikkeller Bar」。
  • 写真・図版
    見た目は怪しいけどカクテルはおいしいバー「1656」。
  • 写真・図版
    きゅうりと生姜(しょうが)、はちみつのカクテルは北欧名物の蒸留酒アクアヴィットがベース。

ユーレイル・スカンジナビアパスについて

取材協力:ユーレイルグループ

第2回:デンマークからノルウェーへ、24時間の海陸移動に興奮! はこちら>>

プロフィル
大石智子(おおいし・ともこ)
出版社勤務後フリーランス・ライターとなる。男性誌を中心にホテル、飲食、インタビュー記事を執筆。ホテル&レストランリサーチのため、年に10回は海外に渡航。タイ、スペイン、南米に行く頻度が高い。最近のお気に入りホテルはバルセロナの「COTTON HOUSE HOTEL」。Instagramでも海外情報を発信中。

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    働く男の、価値ある鞄。
    ブリーフケース COACH

    旬のおすすめ

    2019.10.08

  2. 写真・図版

    すべて実食! 自慢の手土産#39
    「岡埜栄泉総本家 いろがみ」のどら焼き

    旅と暮らし

    2019.10.07

  3. 写真・図版

    折り目は正しく!
    スラックスのアイロンがけを徹底解説!

    紳士の雑学

    2019.10.10

  4. 写真・図版

    丁寧に作られた料理は珠玉。
    親しみやすい「蕎麦がある料理屋」[部長の名店]
    本枯

    旅と暮らし

    2019.10.11

  5. 写真・図版

    渋谷直角
    男が憧れる、男の持ち物。
    【ワークキャップ】

    紳士の雑学

    2019.10.09

紳士の雑学

調べ・見立て

迷ったら聞く。
ASM webは
チャットを装備!

気になるアイテムがあれば、すぐにチャットで相談。着こなしに迷ったら、すぐにチャットで相談。
ギフトで購入するものに迷ったらチャットで相談。簡単な会員登録で、店舗のお調べや予約もできます!
※14時~20時の間はチャットコンシェルジュがお待ちしております。

特典

着こなしで困らない!
有人のチャットに相談

どう着る?何を買う?
着こなしコンシェルジュが回答します

特典

買い物で困らない!
取り置き&予約が可能

購入を検討したい店舗への
訪店予約が可能!(一部ブランドのみ)
※取り置き&予約サービス利用には
会員登録が必要となります。

特典

ギフト選びで困らない!
チャットで良品をお見立て

あの人に贈るには、何がいい?
そんなときにはチャットで相談

close