特別インタビュー

釧路に行くためのコート。
[渋谷直角 男が憧れる、男の持ち物。]

2019.11.27

写真・図版
同じブランドのコートを着るというさりげないペアの選択。ウールの暖かさだけでなく、心まで温かく。〈メンズ〉¥79,000、〈レディース〉¥85,000/ともにマーガレット・ハウエル(アングローバル 03-5467-7864

多才でいてファッションフリーク、渋谷直角の愛用品からそのセンスを探ってみる─

暖かくて、ちょっといい素材のコートを夫婦そろいで手に入れたのは、北海道の釧路に行く前。現地で友人が喫茶店をやっていて、最初に訪れて以来、妙に釧路の街にハマってしまった。札幌や函館、帯広よりも地味だし、そんなに栄えている街ではないのだけれど、その友人がアテンドしてくれる店や場所はどこも素晴らしく、自然も食材も感動しかない。カルチャーに関しても、品ぞろえのいい古本屋やしゃれたレコードショップもあって退屈せずに済む。オススメは市内だと「佐々木商店」という居酒屋。尋常じゃないおいしさの刺身と、カラスハモの青のり茶漬けは毎回幸せになる。クルマが必要だが阿寒まで足を延ばせば、「両国」という鹿肉ジンギスカンのお店がある。ここの鹿肉のやわらかさ、臭みのなさは衝撃的。ちなみに「両国」は民宿もやっており、店主はハウスのDJもやっているそうだ。

夏は飛行機代が割高なので、冬に釧路へ行くことも多い。「わざわざ寒い冬に北海道へ行くの?」と言われるが、冬の釧路も最高。くだんの喫茶店の友人に夜、連れられて行ったのは、逹古武(たっこぶ)という湖。夏はキャンプ場として利用されているのだが、冬は湖がガチガチに凍って、湖上を歩ける。もちろん雪が積もっているのでかなり歩きにくいけど、あたりはまったくの無音状態で、広大な星空が広がるのみ。ミシェル・ゴンドリーの映画、『エターナル・サンシャイン』のように、大雪の湖に寝転んで星空を眺めていると、流れ星が次々と落ちていくのが見える。寒すぎるという点を除けば、アレは国内でも屈指のロマンチックな体験ができる場所だと思うのだけど。

ちなみになぜコートを買ったのかというと、まさに『エターナル・サンシャイン』で男女二人がペアでコートを着ているからだ。つまり完全に「映画ごっこ」のため。お恥ずかしい話で。

<<渋谷直角 男が憧れる、男の持ち物。立ち返るスニーカー。 はこちら

アエラスタイルマガジンVOL.45 WINTER 2019」より転載

Photograph: Tetsuya Niikura(SIGNO)
Styling: Masahiro Tochigi(QUILT)
Cooperation: AWABEES

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    娘の祝い。
    [岸谷五朗が綴(つづ)る、男と酒の物語。]

    週末の過ごし方

    2022.05.13

  2. 写真・図版

    俳優・桜田 通さんから読者のみなさまにメッセージ

    特別インタビュー

    2022.05.17

  3. 写真・図版

    PORTER
    心と体がポジティブになるポーターが打ち出す新機軸。
    【機能派バッグの最適解。】

    バッグ

    2022.05.18

  4. 写真・図版

    地元に愛される洋食店
    [部長の名店。 ひとり気ままにノスタルジックランチ]
    レストラン 桂

    接待と手土産

    2022.05.13

  5. 写真・図版

    『SHERLOCK/シャーロック』
    いま観るべき、おしゃれな海外ドラマとは? #24

    週末の過ごし方

    2022.05.12

紳士の雑学