特別インタビュー

女優・伊原六花、2020年はバブリーダンスからミュージカルへ!
[MUSE]

2020.01.30

写真・図版

バブル時代を彷彿させるワンレン&ボディコンスタイルで、荻野目洋子の名曲『ダンシングヒーロー』をバックにキレキレの踊りを披露。その“バブリーダンス”にて一世を風靡(ふうび)したのが、大阪府立登美丘高校ダンス部の元キャプテン・伊原六花。高校卒業後は女優の道を選び、数々の作品でその存在感を示してきた。そんな彼女が2020年に挑戦するのが、ミュージカル。それも最高峰作品『ウエスト・サイド・ストーリー』にてヒロインのマリア役を演じる。

「ミュージカルはデビュー以来の夢。特にこの作品は小さなころから舞台も映画も観て育ってきたから、オーディションに受かったと聞いたときは、飛び上がるほどうれしかった。キャストの皆さん全員が実力派なので、すべてを吸収しながら、作品を愛する気持ちを爆発させたいと思います」

見どころは、マリアの“成長”だと語る。いままでの環境とは違う、新しい世界を知り、女性はどう変化していくのか。それはいまの自分と大いに重なるところがあり、その素の思いを投影していきたい、とも。

「この作品で描かれているのは、いまも世界のどこかで行われている差別や格差。愛するふたりは武器のない、愛あふれる世界を夢見るけれど、理想と現実には深い溝がある。あまりに普遍的なテーマで、あらためて不朽の名作が放つ魅力のとりこになっています」

上演会場となる「IHIステージアラウンド東京」は、約1300人もの観客を乗せて360度回転する円形客席を劇場の中心に配置。その周りをステージと巨大なスクリーンが取り囲むという壮大な空間だ。

「ブロードウェイキャストの来日上演を鑑賞したとき、ステージ装置をすみずみまで拝見したんです。するとドアノブなどひとつひとつのディテールまで凝っていて、ダイナミックかつ繊細なつくりに驚きました。あの空間で役を生きられるのが本当に幸せだし、回転することで演じる側も観る側もこの演目のスピード感をより感じられるものになるはず。劇場とストーリーの相乗効果をぜひ楽しんでほしいので、私自身、悔いのないように演じ切りたいと思います」

写真・図版
写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
写真・図版

女優・伊原六花の2020年。「好きなことを極めている男性から教えてもらいたい」はこちら>>

※衣装はすべてスタイリスト私物

Photograph:Ari Takagi
Styling:Masae Sakurai
Hair&Make-up:Ayaka Kanno
Text:Maho Honjo

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    俳優・町田啓太、セットアップを嗜む。

    スーツ

    2020.10.20

  2. 写真・図版

    俳優・神木隆之介が証明する眼鏡のポテンシャル。

    特別インタビュー

    2020.10.22

  3. 写真・図版

    ビジネススーツはコーディネート次第で春夏秋冬着まわせる。
    スタイリングのポイントを解説

    スーツ

    2020.10.22

  4. 写真・図版

    東京駅のベストビューポイント。
    カジュアルに鉄板焼きを堪能。[部長の名店]
    鉄板焼 天 本丸

    接待と手土産

    2020.10.23

  5. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ83
    リモート会議、オンライン飲み会に最適の
    ニットジャケットをユニクロで発見。コスパと着心地は世界一!?

    カジュアルウェア

    2020.10.21

紳士の雑学

調べ・見立て