接待と手土産

5種の餃子と雰囲気ある空間で
心に残る印象的なおもてなしを[部長の名店]
餃子坊 豚八戒

2020.05.20

写真・図版
「四川風麻辣水餃子(560円)」は辛みはなく、山椒が効いた味わい。

知る人ぞ知る予約困難な餃子の名店。そのうわさを聞きつけて、遠方からの客も少なくないという。

ここに来たなら、まずは餃子。5種類ある餃子は、すべて餡と包み方が異なる。写真のもの以外にも、餃子1個に1尾のエビを使用した「明蝦餃子(エビ水餃子・640円・税込・以下同)」や肉は使わず厚揚げと干しエビで仕上げた「八戒餃子(精進蒸し餃子・540円)」、豆腐に少しのひき肉とたっぷりのニラとしいたけが入った「天蓬餃子(豆腐水餃子・520円)」があり、どれも味わいが異なるので、3人以上なら全種類オーダーで正解。

古民家をリノベーションした店内には、入り口が2つ。テーブル席エリアと写真のカウンター席エリアがあり、店内でつながっている。個室はテーブル席エリア(最大12名)とカウンターエリアの2階のお座敷。部長のおすすめは後者だ。

「狭い階段を上ってたどり着くと民家の部屋のような空間。接待した方との距離感が縮みます」とのこと。餃子の味と個性的な空間で記憶に残るおもてなしができる。

写真・図版
「華餃子(羽根付き焼き餃子・580円)」は9種の中華スパイスが香る。下味がしっかりついているのでまずはそのまま。ほか個室利用のみオーダー可能な9種の野菜にキノコ、鶏・豚・羊肉などの「火鍋」(一人3300円)も。

部長のおすすめはカウンターエリアのお座敷。餃子・火鍋以外にも郷土料理が。締めの「ちまき(2個入り・500円)」も人気だ。

アエラスタイルマガジンVOL.46 SPRING 2020」より転載

<<健康を気遣うお客さまにヴィーガンのランチ接待を「ブラウンライス」

<<過去の部長の名店一覧

Photograph: Reiko Masutani
Text: Sachiko Ikeno, Akane Matsumoto

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    原宿「Marvin’s」
    古着はやっぱり面白い 第3回

    カジュアルウェア

    2020.09.23

  2. 写真・図版

    伝説のコラボレーションが再び!
    デザイナー「ジル・サンダー」が「ユニクロ」と再タッグ、
    伝説のコラボ「+J」コレクションが復活。

    カジュアルウェア

    2020.09.11

  3. 写真・図版

    黒のスーツはビジネスでOK?
    着こなしのポイントやコーディネートを解説

    スーツ

    2020.09.25

  4. 写真・図版

    使うほどに味わい深くなり、
    カジュアルながらも品格が漂う
    スロウのベジタルシリーズ。

    バッグ

    2020.09.25

  5. 写真・図版

    印象的なデザインに充実の機能。
    持つ人のライフスタイルに寄り添う
    ホグロフスを代表するバックパック。

    バッグ

    2020.09.18

紳士の雑学

調べ・見立て