週末の過ごし方

魚座“ニューノーマル”と生きる
財力開運アカデミー2020<下半期>

2020.06.29

Holy

地球上のすべてに激震が走った2020年。いま世の中は、これまでのスタンダードが大きく変わる変革期の“夜明け前”にある状態。そんな時期を生きるビジネスパーソンに必要なのは、思い切ったマインドセット。下半期をどう生きるか、さらに星座別の「ニューノーマル」も提示。厄災の後の希望の見いだし方を、星のロードマップから読み解く。

魚座/2月19日~3月20日

写真・図版

【2020年下半期の運勢】
思い込みを捨て、天職に邁進する

これまでにない創造的な人生のスタートを切るのが、魚座の下半期。自ら経営に乗り出したり、あるいはボランティア活動を始めたりなど、いままでとは違うジャンルで才能を発揮。過去3年ほど「いまの自分は本来の自分とは違う」と感じていた人は「これが私の生きる道」という実感と生きがいを感じながら、歩き出せるようになる。

できることなら、いままでのポジションをただ脱ぎ捨てるのではなく、だれかに譲るなど循環させてから次に進むと吉。それは他者へのきらめく贈り物となり、2023年以降驚くような形で自分に返ってくる。

また、ビジネスにおいて「理想を追うだけでは収入が伴わない」という思い込みは捨ててOK。世のため人のためという魚座らしい「利他」を追求することで、繁栄がもたらされるのがこれからのニューノーマル。遅かれ早かれリターンを得られるので、自身が掲げるユートピアへ迷うことなく突き進みたい。与えることで豊かになるという魚座的思考が、最先端となる時代がそこまでやって来ている。

【魚座的NEW NORMAL】

「ご機嫌」でいること。これこそが魚座的ニューノーマル。世界全体が根底から変貌を遂げているいま、どこにでも転がっているネガティブ要素を見ることは無駄の極み。淡々といまを受け入れ、宇宙の流れに身を任せ、自分で自分の機嫌をとる覚悟を決めること。運気がアップするだけでなく、財運もついてくることに。

【下半期の流れ】

7月:情報を遮る時間を確保する
8月:研究熱心な自分を取り戻す
9月:他者に手を差し伸べる
10月:ビッグウエーブがやって来る
11月:苦手分野にトライする
12月:世界が一新される

<星座一覧はこちら>

<財力開運アカデミー2020上半期はこちら>

プロフィル
Holy/タロット&西洋占星術研究家
幼少から天体物理学、量子力学、ギリシャ神話、西洋占星術、タロットリーディングに興味を持ち、独自の研究を重ねる。アイルランド本校の魔女学校にてその才能を爆発的に開花。趣味は人の話を聞くこと。

Illustration:Kenji Asazuma

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    5シルエットの機能素材!
    ニューバランスのアパレルライン
    「MET24」からデニムパンツが登場。

    カジュアルウェア

    2021.04.26

  2. 写真・図版

    いまさら…な人のためのゴルフ入門
    GEAR 005名門ブランドの本気
    [先輩ゴルファーも認める ウエア&グッズを選ぶ。]

    カジュアルウェア

    2021.05.06

  3. 写真・図版

    宇垣美里が「時代」になる。[前編]

    特別インタビュー

    2021.05.07

  4. 写真・図版

    都心には「母屋」、別荘は「離れ」という
    しあわせな関係。
    【ニューノーマル時代の別荘探訪。】

    週末の過ごし方

    2021.04.27

  5. 写真・図版

    「母の日」に感謝の気持ちを伝えよう!
    贈り物にふさわしいブルガリの
    厳選されたギフトコレクション。

    小物

    2021.05.06

紳士の雑学

調べ・見立て