PROMOTION

週末の過ごし方

岸谷五朗が綴る、ショートストーリー。
「二人の距離が近づく、MINI CLUBMANの時間」

2020.09.24

俳優・演出家の岸谷五朗が、MINI CLUBMANをモチーフに二つのショートストーリーを綴る本企画。第二弾は、MINI CLUBMANが演出する二人の幸せな時間について――。

第二話「フタリ時間」 作・岸谷五朗

決まってリザーブされる日がある。月末の土曜日、妻の「大買い物デイ」と呼ぶ遊びの日(?)である。

デザイン会社で働く彼女は自らのデザインもさることながら、切磋琢磨(せっさたくま)する仲間と立ち上げた自分たちの会社のために働くことに生きがいを感じている。アパレル産業に身を置く私も、彼女に負けないくらい多忙を極めている。したがって月末の最終土曜日はいつからか、暗黙の了解でデイ オフを無理やりつくるのが夫婦の決まりになった。結婚してから取得した彼女の運転免許はクルマを運転したくて取ったわけではなく、MINIに乗りたいから取ったものだ。ロンドンの街を疾走するそれに出合い「ひと目ぼれ」をしなければ、免許証は取る気もなかったと言う。そんな彼女に私は「ひと目ぼれ」をした。

写真・図版

仮免を取得したときにはMINIを既に買っていて、私が「ならし運転」をさせられていた。乗るたびに「どんな感じ?」と興奮した大きな瞳で迫ってくる。迫力に押され「……いい感じだよ」と答えはいつも同じだが、彼女はそれに満足していた。だから、大買い物デイはもちろん彼女の運転。電車通勤である彼女にとって買い物よりもMINIでのドライブが目的であるようで、午前中からとってもテンションが高い。車内に乗り込むのは、靴選びに時間がかかった私が最後だ。

写真・図版

当初は3ドアの真っ赤なMINIに乗っていたが、我々の相棒が1匹増えたせいでクラブマンに乗り換えた。私としてはクラブマンが持つある種の「重み」とロードへの「吸い着き」、どんなに買い物をしても「余裕の広さ」がフォローしてくれる車内空間が好きで、愛犬モーリスの登場に感謝している。

写真・図版

妻が運転したがるおかげで、私の「最高オフ感」は増長される。カフェでのひと時がひと月分の疲れを癒やし、思わず「イキカエル~」とひと言。その後の荷物運び係としての私の任務にも気合が入る。観音開きのバックドアを開いて大荷物を簡単に車内に積める気持ち良さは6ドアならでは。待っていた愛犬にキスして助手席に乗り込んだそのとき、数年ぶりに妻からキスをされた。しかも街中で。驚きだ。

「おい、モーリスと間違えてんじゃないか?」。冗談めかしに言ってみた。……妻の瞳が涙で光る。忙しさにかまけて行けなかった数年ぶりの人間ドックで、病が見つかったのだ。

しかし……、驚くべきことに……、妻の涙を見たのはそれが最後であった。強い……、強い、女性であった。それ以降、「大買物デイ」は月一から週一へと変わり、彼女はますますバイタリィーを増し、ショッピングに走り、時には私が運転しランチのカフェで太陽に向かって「イキテル~!」と叫ぶようになった。彼女は以前よりも確かに生きている。大胆に生きている。

写真・図版

今、妻は生きるための最も大切なものを誰よりも理解し力強い人になった。週一のMINI CLUBMANの車内からは笑い声しか聞こえてこない。ステアリングを握る妻の手から生きる力が漲(みなぎ)り、「精一杯この瞬間を生きる」大切さを私に教えてくれた。「大買い物デイ」は週二になりそうだ。

岸谷五朗(きしたに・ごろう)
1964年生まれ。19歳から劇団スーパー・エキセントリック・シアターに在籍し、1993年「月はどっちに出ている」で映画初主演にして多くの映画賞を受賞し高い評価を集め、以降テレビ・映画での活躍度を高める。94年に寺脇康文と演劇ユニット「地球ゴージャス」を結成。出演以外に演出・脚本も手がけ、毎公演ともソールドアウト、2018年の作品「ZEROTOPIA」で動員数100万人を超えた。現在、ミュージカル『フラッシュダンス』が公演中。http://flashdancethemusical-jp.com/

写真・図版
MINIのギャラリーはこちらからご覧いただけます。
写真・図版

<<第一話「ヒトリ時間」はこちら

<<第一話と第二話を一気読みできる雑誌(写真増量!)の購入はこちらから

問/MINIカスタマー・インタラクション・センター 0120-3298-14
https://www.mini.jp/

男:ジャケット¥68,000/チルコロ 1901(トヨダトレーディング プレスルーム 03-5350-5567)、ニット¥31,000/ザノーネ、パンツ¥36,500/インコテックス、シューズ¥58,000/オフィチーナスローウエア(すべてスローウエアジャパン 03-5467-5358)、サングラス¥38,000/フォーナインズ・フィールサン(フォーナインズ 03-5797-2249

女:カーディガン¥48,000、シャツ¥38,000/ともにアスペジ(トヨダトレーディング プレスルーム 03-5350-5567)、パンツ¥32,000/インコテックス(スローウエアジャパン 03-5467-5358)、バッグ、シューズ、スタイリスト私物

掲載した商品はすべて税抜き価格です。

協力/丸の内仲通りビル 三菱地所、丸の内二丁目ビル 三菱地所、丸の内ブリックスクエア 三菱地所、アルフレックス東京、スローウエア ベネツィア

Starring:Goro Kishitani , Risa Sudou
Photographer:Yuji Kawata(Riverta Inc.)
Styling:Eiji Ishikawa(TABLE ROCK.STUDIO)
Hair & Make-up:Yurie Taniguchi
Edit & Text:Haruhiko Ito(Office Cars)
Producer:Shingo Fujioka(AERA STYLE MAGAZINE)

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    俳優・町田啓太、セットアップを嗜む。

    スーツ

    2020.10.20

  2. 写真・図版

    俳優・神木隆之介が証明する眼鏡のポテンシャル。

    特別インタビュー

    2020.10.22

  3. 写真・図版

    ビジネススーツはコーディネート次第で春夏秋冬着まわせる。
    スタイリングのポイントを解説

    スーツ

    2020.10.22

  4. 写真・図版

    ニットを合わせるだけでカジュアル巧者になれる。
    男のハレ着、 スーツの現在地。⑪

    スーツ

    2020.10.19

  5. 写真・図版

    伊勢丹新宿店メンズ館 1階
    レザーグッズ担当スタイリスト 荒川 海さん
    この人から買いたい、この一品

    特別インタビュー

    2020.10.16

紳士の雑学

調べ・見立て