スーツ

セットアップスーツとは?
メンズのおしゃれな着こなしやおすすめブランドを解説

2020.11.04

写真・図版

オフィスカジュアルを楽しむときのアイテムとして便利なセットアップスーツ。セットアップという言葉を耳にする機会が増えましたが、セットアップと一般的なスーツの具体的な違いはご存じでしょうか。この記事では、セットアップスーツの定義を踏まえ、セットアップの着こなし方やおすすめのブランドについて紹介します。

セットアップスーツとは?

写真・図版

トレンドのアイテム、セットアップスーツをコーディネートに採り入れてみたいと考えている方は多いのではないでしょうか。セットアップスーツを正しく着こなすためには、その定義や、通常のスーツとの違いを明確にしておくことが重要です。ここからは、セットアップスーツの定義や、一般的なスーツとの違いを解説します。レディースにおけるセットアップの考え方にも触れていくので、参考にしてみてください。

セットアップスーツの定義

セットアップとは、簡単にいえばジャケットとパンツが同じ生地で作られている衣服のことです。セットアップはデザインにも統一感があり、組み合わせて着ても違和感がありません。上下がそろった衣服ならセットアップになるので、一般的なスーツもセットアップの一種ということになります。同様に、ジャージのようなカジュアルなアイテムもセットアップに分類されます。セットアップは、「素材やデザインに統一感がある上下の衣服の組み合わせ」だと考えればいいでしょう。

セットアップが注目を集めている理由のひとつは、日本人の体形変化によるニーズの拡大です。既製品のスーツの場合、基本的に上下セットで販売されているのでサイズ選びの自由が利きません。しかし、上半身ががっしりしている方や肩幅が狭い方など、体の特徴は人それぞれです。近年では日本人の標準体型が変化し、多様化しているため、この傾向は顕著になりつつあります。上下がセット販売されている従来のスーツだと、多様化している体形に対応することができません。そこで、ジャケットとパンツを別々に購入できるセットアップスーツの需要が高まってきたのです。

また、オフィスカジュアルが一般的になってきたということも、セットアップスーツが台頭している理由のひとつです。環境省によるクールビズ・ウォームビズの推進などを背景に、通常のスーツ以外の服装で出勤できる企業も増えてきました。オフィスカジュアルのマナーを守りながらファッションを楽しめるアイテムとして、セットアップスーツの注目度が高まっています。さらに、ビジネスではなく、プライベートな場面で着られるカジュアルなセットアップを扱うセレクトショップなども出てきています。

セットアップとスーツの違い

ここからは、セットアップと一般的なスーツの違いについて、より具体的に解説します。メンズファッションにおいて、セットアップスーツは上下が別で売られているのが一般的です。そのため、気に入ったジャケットやパンツを単体で購入することもできます。組み合わせて着るように作られていながら、単体でも活用できるのがセットアップの魅力です。また、前述のようにサイズ違いで上下を購入することも可能です。上下別売りという点が、ジャケットとスラックスがセット販売されているスーツとの大きな違いだといえます。

ちなみに、レディースファッションではセットアップの上下が必ずしも別売りされているわけではありません。レディースはメンズよりもアイテムの幅が広く、セットアップが上下一緒に販売されている例も珍しくないのです。レディースファッションでは、フォーマルなシーンでも着られるのがスーツ、カジュアルに楽しめるのがセットアップと区別するのが一般的です。

セットアップとスーツでは、使われている生地の点でも違いがあります。スーツの生地によく使われる素材といえばウールです。一般的なスーツでは、ウーステッドで織った滑らかで光沢のある生地が使われています。一方、セットアップの場合は同じウールでも、ウーレンで織った柔らかい起毛生地のものが主流です。ウール以外だと、コットンやリネンなどのざっくりとした風合いの素材が使われています。このように、セットアップではスーツに比べてカジュアルな雰囲気の強い生地が使われる傾向があります。

デザインについても、ラフさが際立っているのがセットアップです。ビジネスシーンで着るようなスーツのジャケットは、肩パットなどが入った、かっちりとしたシルエットが基本です。しかし、セットアップの場合は肩パットや芯地が少ない、リラックスしたシルエットのジャケットが主流となっています。そのほか、着丈が短い、パッチポケットが付いているなど、ディテールにもカジュアルな要素が目立ちます。スーツのようにルールに縛られず、自由に着こなしを楽しめるのがセットアップの特徴です。

セットアップの魅力・メリット

写真・図版

セットアップの人気の背景には、さまざまな理由があります。ここからは、通常のスーツにはないセットアップならではの魅力やメリットについて解説します。

オフィスカジュアルで活用できる

セットアップ最大のメリットは、オフィスカジュアルで便利に着まわせるということです。オフィスカジュアルを導入したばかりの企業では、どんな服装で出勤すればいいのか迷ってしまうもの。毎日の服装選びがストレスになり、仕事に影響が出るようになれば本末転倒です。

オフィスカジュアルに適した服装としてはジャケパンスタイルなどが挙げられますが、セットアップもオフィスカジュアルにはうってつけです。スーツのように硬すぎず、適度なカジュアル感があるセットアップなら、職場にもうまくなじめるでしょう。生地やデザイン、組み合わせを工夫することで、クールビズ・ウォームビズにも適切に対応できるはずです。インナーや小物を替えるなど、ちょっとした工夫で着まわせば、マンネリ感も防げるでしょう。

また、一般的なスーツよりも仕立てがラフで軽いこともセットアップの特徴です。持ち運びに便利なので、出張のときも荷物に入れやすいというメリットがあります。

ただし、セットアップを着るときはビジネスシーンにおけるTPOを意識することが重要です。取引先と商談する際など、相手への印象が大事な場面ではセットアップではなくスーツを着るのが賢明です。ビジネスシーンでは、TPOに応じてセットアップとスーツを正しく使い分けるよう心がけましょう。

簡単に着こなせる

セットアップは本来、上下セットで着るものとして統一感のあるデザインが採用されています。セットアップのジャケットとパンツを身に付けるだけでコーディネートがまとまり、誰でも簡単に着こなすことができます。ファッションに自信がない方は、セットアップを積極的に採り入れるといいでしょう。

セットアップを着るときは、インナーと小物さえ選べばコーディネートが完成します。服装選びに時間がかからないため、急いでいるときにも便利なアイテムです。面積の大きいジャケットとパンツが最初から決まっていることも、セットアップが簡単に着こなせる理由のひとつです。全体を同系色でまとめる、小物を差し色にするといったコーディネートの方針もまとまりやすいでしょう。

幅広いコーディネートを楽しめる

セットアップを着るだけでは物足りないという上級者は、セットアップを活用したコーディネートの幅広さを楽しんでみてはいかがでしょうか。

一般的なスーツの場合、上下を同時に着ることで最も美しいシルエットになるように計算して作られています。そのため、スーツのよさを最大限に生かすためには、上下セットで着なくてはなりません。一方、上下が別で売られているセットアップの場合、単体でもジャケットやパンツを着こなせるようにデザインされています。セットアップのジャケットに色柄の違うパンツを合わせる、パンツ単体にポロシャツを合わせるなど、自在に楽しめるのがセットアップの魅力です。

ネクタイやチーフなどの小物で遊びやすいのもセットアップのメリットだと言えます。スーツに比べてカジュアルな雰囲気なので、季節感のある素材やカラフルなアイテムを採り入れても違和感がありません。せっかくセットアップを着るなら、遊び心を加えながらさまざまなコーディネートを試してみることをおすすめします。

もちろん、フォーマル度の高いセットアップを上下そろいで、ビジネススーツとして着用しても構いません。仕事中は白シャツにネクタイ、革靴といったスタイルで、定時を迎えたらカットソーにスニーカーのスタイルに着替えるのもいいでしょう。

プライベートでも活躍する

カジュアル感が強いセットアップは、ビジネスだけでなくプライベートなシーンでも活躍してくれます。セットアップのジャケットにジーンズやスニーカーを合わせるラフなスタイルも、プライベートにはよくなじみます。スーツ寄りのセットアップなら、レストランやカジュアルなパーティー、結婚式の二次会などにも着て行けるでしょう。一般的なスーツのように仕立てがかっちりとしていないので、長時間着ても疲れを感じにくいのもうれしいポイントです。手持ちのセットアップと相性がいいインナーや小物を探し、自分なりのプライベートスタイルを模索してください。

セットアップでおすすめのコーディネート

写真・図版

ここからは、セットアップでおすすめのコーディネート例を紹介していきます。セットアップをカジュアルに気崩す休日スタイルも交えながら、オフィスカジュアルにおすすめのコーディネートを中心にみていきましょう。

王道のネイビーで場面に合わせる

どんな色のセットアップにするか迷ったときは、王道のネイビーがおすすめです。ベーシックカラーのネイビーはコーディネートしやすく、合わせるアイテム次第でビジネスにもプライベートにも対応できます。ビジネススーツでは定番の色なので、シャツや革靴を合わせればきっちりとした雰囲気が作れます。適度な抜け感もあり、スニーカーやカットソーを合わせて休日のコーディネートを工夫するのもいいでしょう。インナーとの相性を見ながら、その日の気分に合った装いを楽しんでください。

モノトーンできれいにまとめる

オフィスカジュアルに適したコーディネートを簡単に実現するコツは、全体をモノトーンでまとめることです。白、黒、グレーの3色のみで構成されたコーディネートなら、大人の落ち着きを演出できます。ジャケットとパンツが同じ色ではなくても、インナーも含めてモノトーンでまとめれば、ちぐはぐな印象を与えません。よりシックに着こなしたいときは、インナーにグレーのシャツを採り入れるのがおすすめです。

ホワイトニットをインナーにして適度な抜け感を作る

オフィスカジュアルなら、ニットアイテムをインナーに使って適度にカジュアルダウンするスタイルも選べます。例えば、ウィンドーペーンチェックのネイビーのセットアップに、クルーネックのホワイトニットを合わせるコーディネートもいいでしょう。クラシックな柄のネイビーとホワイトのコントラストが映え、全体に立体感が生まれます。

オフィスカジュアルでニットアイテムを採り入れるときのポイントは、ハイゲージのものを選ぶことです。ニットアイテムでは、編み目が細かいものをハイゲージ、粗いものをローゲージといいます。編み目が粗いニットほどカジュアル感が強まるので、セットアップにはハイゲージの折り目正しいニットを合わせましょう。また、ネックラインはVネックかクルーネックが適切です。

個性的なブラウンストライプのセットアップを着る

ストライプ柄の入ったブラウンのセットアップのように、個性的なアイテムを採り入れるとコーディネートの幅が広がります。グレーがかったブラウンストライプのセットアップにサックスブルーのシャツを合わせれば、爽やかなスタイリングになるでしょう。また、ラインがゆったりしたアンコン仕立てのブラウンセットアップにグレーのTシャツとスニーカーを合わせることで、休日のリラックスした雰囲気を作ることができます。

春夏はベージュのセットアップで季節感を出す

ベージュのセットアップは春夏の季節感を演出するのにうってつけのアイテムです。インナーと靴を白でそろえて色みを抑えれば、清涼感のある爽やかなコーディネートになるでしょう。また、ベージュのセットアップにニットやハイネックTシャツを合わせるスタイルもおすすめです。黒の革靴でフォーマル感を足せば、洗練された雰囲気を漂わせることができます。

白パーカーでストリート感を楽しむ

セットアップを採り入れた休日のコーディネートなら、パーカーをジャケットの下に着込んでストリート感を演出するのもクールです。オリーブグリーンのセットアップに白のパーカーを合わせれば、ラフでありながら清潔感のあるスタイルに仕上がります。大きなロゴの入ったグレーのスニーカーでアクセントをつけるのもいいでしょう。

プライベートは小物でカジュアルダウンする

プライベートでセットアップを着るときは、小物の採り入れ方を工夫することで簡単にカジュアルダウンできます。セットアップと相性のいいカジュアルな小物で、欠かせないのがスニーカーです。セットアップと同系色でも、鮮やかな差し色でもきれいにまとまるので、さまざまなデザインのスニーカーを試してみてはいかがでしょうか。また、個性を演出したいならキャップやニット帽を採り入れるのもひとつのアイデアです。セットアップ主体のオーソドックスなコーディネートも、帽子をかぶるだけで大人のオフを演出できます。

ボーダー柄で遊び心を加える

セットアップに無地のインナーを合わせるだけでは、シンプルすぎてもの足りないと感じる方もいるでしょう。そんなときは、ボーダーのカットソーなどで遊び心を加えるのがおすすめです。等間隔に線が並ぶ普通のボーダーではなく、一風変わったデザインのボーダーならさらに個性を出すことができます。また、インナーはシンプルな無地のものを選び、足元のボーダーソックスをワンポイントにするスタイリングもおすすめです。そのほか、セットアップでかっちりと決めたコーディネートを、キャラクターもののインナーで大胆に崩す技に挑戦してみるのもいいでしょう。

セットアップスーツのおすすめブランド

写真・図版

オフィスカジュアルでスマートに決めるためにも、セットアップスーツの質にはこだわりたいもの。品質の高さに定評があるブランドを知り、セットアップ選びの足掛かりとしてみてはいかがでしょうか。ここでは、セットアップスーツのおすすめブランドを3つ厳選して紹介します。

DESIGNWORKS(デザインワークス)

1995年にロンドンで生まれたDESIGNWORKS(デザインワークス)は、アバハウスインターナショナルが取り扱う男性向けファッションブランドです。英国の伝統を基礎としながらも最先端の感性を採り入れ、エレガントでモダンなスタイルを提案しています。20代後半から50代まで、幅広い層に支持されていますが、メインのターゲットはビジネスで活躍している30代~40代の男性です。とりわけ、IT系や外資系、デザイン系などの流行に敏感でステータスが高い層に人気があります。

ショップではオリジナルアイテムを中心に販売していますが、デザインワークスならではの視点から厳選されたセレクトアイテムも人気の理由です。アイテムは全体的に、無駄のないシンプルなデザインのものがそろっています。ミニマルかつクラシカルなアイテムは、遊びが少ない分、ビジネスシーンやセミフォーマルシーンには最適です。オフィスカジュアルで高級感のあるコーディネートを作りたい方には、デザインワークスの上品なセットアップがおすすめです。

ESTNATION(エストネーション)

ESTNATION(エストネーション)は日本のファッションブランドで、2001年に東京の有楽町にショップをオープンしたのがブランドの始まりです。物質的な豊かさだけでなく、心を豊かにすることをも目指しているストアには、オリジナルアイテムや国内外からセレクトしたアイテム、生け花などのギフトが並んでいます。

エストネーションというブランド名は「east nation」に由来し、東の国、すなわち東京から世界に向けてブランドを発信するという思いが込められています。東京のエネルギッシュな魅力をファッションで表現し、個性豊かな形で多くの人にまとってもらうことを願っているのです。

エストネーションは、「手の届く上質さ」をコンセプトに掲げ、大人がさまざまな場面で本当に着たい服を選べるストアを目指しています。ビジネスシーンやフォーマルなパーティー、娯楽の時間など、現代の生活ではさまざまなライフシーンが目まぐるしく入れ替わります。そんな忙しい大人のニーズに応えるために、厳選したアイテムを用意しているのがエストネーションです。自分の魅力を最大限に引き出してくれる、着まわし力の高いセットアップを求めている方は、エストネーションを利用してみてはいかがでしょうか。

BARNEYS NEWYORK(バーニーズ ニューヨーク)

BARNEYS NEWYORK(バーニーズ ニューヨーク)は、アメリカ発の世界有数のスペシャリティーストアです。1923年、マンハッタンでバーニー・プレスマンが創業しました。当初は高品質なメンズウエアを安価に提供するディスカウントストアでしたが、鮮やかな経営手腕によって徐々に事業を拡大していきました。1960年代後半にはピエール・カルダンやジバンシィといった高級ブランドを取り扱うようになり、スペシャリティーストアへと飛躍を遂げたのです。さらに、1976年にはアメリカで初めてジョルジオ・アルマーニを導入し、世界最大のメンズストアとしての地位を確立しました。1990年に新宿で日本1号店をオープンして以来、日本でも着実に店舗数を増やし続け、ファッションに敏感な多くの男性から支持されています。

バーニーズ ニューヨークの特徴は、「バーニーズテイスト」にこだわってセレクトされたアイテムの豊富な品ぞろえです。メンズウエアやレディースウエアだけでなく、アクセサリーやステーショナリーまで幅広く用意しており、ラインアップの豊かさは百貨店にも匹敵します。洗練された雰囲気のショップに足を運べば、ラグジュアリーでユーモアあふれる商品の数々が目を楽しませてくれるでしょう。バーニーズテイストが気に入ったら、スタイリッシュなセットアップの購入も検討してください。

まとめ

オフィスカジュアルの普及を背景に、ほどよいラフさを演出できるセットアップが注目を集めています。上下別売りのセットアップは、ジャケットだけ、パンツだけの単体でも着こなせます。コーディネートの自由度が高いので、さまざまなアイテムと組み合わせながら自分なりのオフィスカジュアルスタイルを確立するといいでしょう。今回紹介したブランドからセットアップを選び、ファッションの引き出しを増やしてみてはいかがでしょうか。

カジュアルスーツの着こなしはこちら>>
スーツの基本知識はこちら>>
「ビジネススタイルは、どのくらいカジュアル化しているのか。編集長の「見立て」。#29」
「夏のボーナスで買いたいのは「スーツ」という回答を、どう読み解く!?編集長の「見立て」。#34」

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    5シルエットの機能素材!
    ニューバランスのアパレルライン
    「MET24」からデニムパンツが登場。

    カジュアルウェア

    2021.04.26

  2. 写真・図版

    都心には「母屋」、別荘は「離れ」という
    しあわせな関係。
    【ニューノーマル時代の別荘探訪。】

    週末の過ごし方

    2021.04.27

  3. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ103
    ジャスティン・ビーバーやビリー・ アイリッシュなど
    セレブがこぞってかぶるバケットハットとは?

    カジュアルウェア

    2021.04.28

  4. 写真・図版

    「ティファニー@キャットストリート」限定!
    ティファニーのコンセプトストアの
    レザーグッズに新色が登場。

    小物

    2021.04.07

  5. 写真・図版

    エッティンガーが
    新宿伊勢丹メンズ館レザーグッズコーナーにて
    商品展開を拡張しリニューアルオープン!

    週末の過ごし方

    2021.04.27

紳士の雑学

調べ・見立て