腕時計

普遍的で新しい復刻した時計。
新しい時代に欲しいもの。14

2021.01.04

先行きが不透明なこれからの時代に、手に入れたくなるものとはなんだろう。それはきっと、体だけではなく、心にもフィットするもの。晴れやかな気分になる、自信がわいてくる、足取りが軽くなる……。新しいエッセンシャルなアイテムが、前向きな自分像をつくり上げる。

時計選びには、よりいっそう確実性を求めたくなる。インスピレーションに従うのではなく、歴史的な背景を持ち、一定の評価を得たものであれば、安心感がわく。名があるブランドの復刻版を推すのは、そういうわけだ。ミリタリー系、ドレスアップ系、ダイバーズ系の3本をセレクト。テイストは異なれども、みな男心をくすぐるルックスだ。しばらく抑えていた物欲を新しい時計で解放してみる。

写真・図版
(右)ステンレススチールケース、ケース径33㎜、機械式手巻き。¥96,000/ハミルトン(スウォッチ グループ ジャパン 03-6254-7371) (中)ステンレススチールケース、ケース径40㎜、自動巻き。¥361,000/ロンジン(ロンジン 03-6254-7350) (左)限定1100本。エバーブリリアントスチールケース、ケース径44.8㎜、自動巻き(手巻き付き)。¥700,000/セイコー プロスペックス(セイコーウオッチ お客様相談室 0120-061-012

Right:

HAMILTON(ハミルトン)

昨年に登場したヘリテージモデル「カーキ パイロット パイオニア メカ」。1960〜70年代のオリジナルをもとに、最新の性能を搭載して現代的にアップデートを果たした。ミリタリー仕上げのNATOストラップも心を捉える。

Middle:

LONGINES(ロンジン)

40年代に人気を博したオリジナルは、特徴的な黒と白のコントラストからコレクターたちにより、タキシードと呼ばれたという。復刻した「ロンジンヘリテージクラシック クロノグラフ “タキシード”」はモダンに映り、ドレスアップのマインドが洒脱。

Left:

SEIKO PROSPEX(セイコー プロスペックス)

セイコーダイバーズの55周年を記念して登場したモデル、「1968メカニカルダイバーズ復刻デザイン」。ブルーグレーが絶妙なカラーリングで、タフさのなかに洗練の印象が漂う。

<<新しい時代に欲しいもの。13 はこちら

新しい時代に欲しいもの。15 はこちら>>

掲載した商品はすべて税抜き価格になります。

「アエラスタイルマガジンVOL.48 WINTER 2020」より転載

Photograph: Masanori Akao(whiteSTOUT)
Styling: Masayuki Sakurai , Akihiro Mizumoto
Hair & Make-up: Masayuki(The VOICE)
Edit & Text: Kenji Washio

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ106
    イタリア生まれのGジャンが人気急上昇。
    そのブレークの理由とは?

    カジュアルウェア

    2021.06.02

  2. 写真・図版

    サステイナブルなバッグコレクションの最新作。
    ロンシャンならではの職人技が光る、
    都会的でシックなコレクション。

    バッグ

    2021.06.07

  3. 写真・図版

    八ヶ岳で“避暑ワーケーション”のすすめ。
    仕事後は日本ワインと絶品イタリアン。

    週末の過ごし方

    2021.06.11

  4. 写真・図版

    心まで洗われるようなピュアホワイトがまぶしい、
    サントーニのスニーカー。

    2021.06.10

  5. 写真・図版

    革靴に匹敵するクオリティを追求!
    サイドゴアブーツタイプの
    レインシューズ「防水 誠十郎」が発売。

    2021.06.01

紳士の雑学

調べ・見立て