腕時計

名作腕時計は進化する
[腕時計で幸せになる。]

2021.01.21

揺れ動く時代を長く生き抜いてきた名作腕時計は少なくない。こうしたロングセラーの人気モデルは決して不変ではなく、改良すべきところは改めると同時に、守るべきことは頑なまでに守りつづけてきた。デザインは生活様式や嗜好(しこう)の変化などに対応して微妙に修正され、ケースなどの素材や加工方法およびムーブメントも進化。ただし、オリジナルのもつ個性や世界観は注意深く維持する。このように長年にわたる錬磨を経てきたモデルは、安定した不動の魅力を備えている。いわば時を超越した時計と言えば大げさに過ぎるだろうか。

CARTIER(カルティエ)

写真・図版
© Cartier
カルティエ「パシャ ドゥ カルティエ」 ワンプッシュでブレスレットや革ストラップを交換できる。ブレスレットもリンクを1つずつ調整可能。自動巻き、ステンレススチール、ケース径41㎜、パワーリザーブ40時間、10気圧防水、¥710,000/カルティエ カスタマー サービスセンター 0120-301-757

1930年代にマラケシュのパシャ(太守)から依頼されたことがルーツであり、85年に誕生して人気を博したモデルが進化した。カルティエでは数少ない丸型ダイヤルの中にスクエアな目盛りを組み合わせた独創的なデザインは変わらないが、すべてを現代的にブラッシュアップ。アイコンとなってきたチェーン付きのリュウズカバーまわりもすっきりと整理され、初期の造形のピュアな魅力が増幅された。

OMEGA(オメガ)

写真・図版
オメガ「スピードマスター ムーンウォッチ 321 ステンレススティール」 コラムホイール式クロノグラフ(3時位置に30分積算計、6時位置に12時間積算計)、手巻き、ケース径39.7㎜、パワーリザーブ55時間、¥1,510,000/オメガお客様センター 03-5952-4400

月面に到達した最初の腕時計であり、爆発事故に遭遇したアポロ13号を奇跡的な生還に導いたエピソードでも知られる「スピードマスター」は手巻きのキャリバー321を搭載していた。これまでに多彩なモデルが製作されてきたが、この伝説的なキャリバー321の第2世代を再構築。往年をほうふつとさせるビンテージ風なモデルに搭載された。ただし、外周のタキメーターはブラックセラミック。ホワイトエナメルの目盛りがつややかに映える。

ROLEX(ロレックス)

写真・図版
ロレックス「オイスター パーペチュアル 41」 針とインデックスに暗闇でブルーの発光が長時間にわたり継続する「クロノライト ディスプレイ」を採用した新作。自動巻き、ステンレススチール、ケース径41㎜、パワーリザーブ約70時間、100m防水、¥565,000/日本ロレックス 03-3216-567103-5952-4400

1926年に世界初の完全密閉式ケースで防水・防塵を実現した「オイスター」を発表。続く31年には同じく世界初の自動巻き「パーペチュアル」。この2つの発明によって腕時計の活動範囲は飛躍的に拡大した。これを継承する「オイスター パーペチュアル」は、基本的なスタイルを維持しながらも細部やダイヤルカラーは常に進化。ムーブメントも最先端の技術を導入して革新を続けてきたことがベストセラーの理由ではないだろうか。

<<ブライトリング はこちら

「アエラスタイルマガジンVOL.49 HOLIDAY 2020」より転載

Text: Keiji Kasaki

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    【腕時計】
    メンズのおしゃれに欠かせない人気ブランドを紹介

    腕時計

    2021.02.22

  2. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ94
    ニューノーマル時代に対応したルイ・ヴィトンの新作。
    トートバッグとボディーバッグどちらを選ぶ!?

    カジュアルウェア

    2021.02.12

  3. 写真・図版

    ビジネスマンに似合う腕時計とは?
    選び方やつけるときのマナーや専門用語を解説

    腕時計

    2021.02.19

  4. 写真・図版

    スマートウォッチはどう選ぶ?
    特徴や基本機能、おすすめブランドを解説

    腕時計

    2021.02.25

  5. 写真・図版

    腕時計とメンズスーツのおしゃれなコーディネート
    ポイントとマナーを解説

    腕時計

    2021.02.18

紳士の雑学

調べ・見立て