腕時計

3日間以上のパワーリザーブ
[腕時計で幸せになる。]

2021.02.10

ゼンマイを動力とする機械式腕時計は、自動巻きでも腕から外せば2日間程度で針の動きが止まってしまう。ところが近年は長時間駆動のモデルが急増。パワーリザーブが3日間(72時間)前後であれば、週末に利用しなくても月曜朝まで動きつづけているため、慌ててゼンマイを巻いて時間調整する必要がない。高精度の維持にも関係するのだが、ロングパワーを実現するためには高度な時計技術が必要。それが素材やテクノロジーの革新によって一般化してきたと言える。7日間から10日間などのロングパワーリザーブもあるほか、2タイプの振動速度からロービートを選択すれば、2カ月以上動きつづける超絶的なモデルも発表されている。

A. LANGE & SÖHNE(A.ランゲ&ゾーネ)

写真・図版
A.ランゲ&ゾーネ「ランゲ1・タイムゾーン」 現在地の時間に加えて、外周のリングを回して地域名を合わせれば、世界24の時間帯を4時位置のダイヤルに表示できる。手巻き、ピンクゴールド、ケース径41.9㎜、¥5,510,000/A.ランゲ&ゾーネ 03-4461-8080

1990年の東西ドイツ統合で劇的な復興を果たした名門高級ブランド。94年に第1作として発表された「ランゲ1」はオフセンターダイヤルに大型分割式日付表示など、後の時計づくりに大きな影響を与えたモデルであり、3日間のロングパワーの先駆けでもあった。動力ゼンマイを収納した2つの香箱を搭載することで実現したのだが、「ランゲ1・タイムゾーン」では技術革新によって香箱1つで同様のパワーリザーブとなっている。

BLANCPAIN(ブランパン)

写真・図版
ブランパン「フィフティファゾムス バチスカーフ デイ・デイト デザート エディション」 3時位置の並列小窓で曜日と日付を表示するダイバーズウォッチ。自動巻き、ステンレススチール、ケース径43㎜、300m防水、世界限定500本、¥1,250,000/ブランパン ブティック銀座 03-6254-7233

「フィフティファゾムス」は1953年に発表されたモダンダイバーズウォッチの原点。これを一般用として展開したのが「バチスカーフ」だ。このモデルはダイバーズでは異色とも言えるサンドベージェをダイヤルとベルトに使用。1970年代のモデルにインスパイアされた5分おきのブロックにされた分目盛りも独特。日常生活で便利な5日間のロングパワーリザーブに加えて、シリコン製ヒゲゼンマイを搭載。精度と耐磁性にも優れている。

TISSOT(ティソ)

写真・図版
ティソ「ジェントルマン オートマティック 日本限定モデル」 ダイヤルの中央部を縦横に走るクロスラインがエレガント。レザーストラップとスチールブレスレットが付属。自動巻き、ステンレススチール、ケース径40㎜、10気圧防水、日本限定500本、¥110,000/ティソ 03-6247-0366

オーソドックスなスタイルの3針だが、それだけにビジネスからオフタイムまで、シーンを問わずに愛用できるコレクションの日本限定モデル。ダイヤルもストラップも品格を感じさせるグレーで統一。ケースから滑らかに流れるようにレザーストラップに続くラインが洗練された印象を与える。最長80時間のロングパワーなので、3日おきに時計を替えても止まることがない。シリコン製ヒゲゼンマイを採用しており、精度と耐磁性も抜群。

<<おしゃれなミリタリー時計。[腕時計で幸せになる。] はこちら

「アエラスタイルマガジンVOL.49 HOLIDAY 2020」より転載

Text: Keiji Kasaki

買えるアエラスタイルマガジン
AERA STYLE MARKET

装いアイテム

おすすめアイテム

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    俳優・町田啓太と考える、装う美学。
    グレースーツを「睦月」にまとう。

    週末の過ごし方

    2023.01.17

  2. 写真・図版

    「てのしま」の寿司詰め合わせ
    すべて実食!自慢の手土産 #103

    週末の過ごし方

    2023.01.20

  3. 写真・図版

    コートスタイルをスマートに格上げするうわさのセーター。
    タートルネック、モックネックどちらが正解!?
    ファッショントレンドスナップ170

    カジュアルウェア

    2023.01.24

  4. 写真・図版

    今年のトレンドを意識しつつ、
    クールビズシーズンにも使える
    ネイビージャケットはいかが?

    AERA STYLE MARKET

    2023.01.25

  5. 写真・図版

    「メゾン ド アイビー」のジャラハニー
    すべて実食! 自慢の手土産 #104

    接待と手土産

    2023.01.27

紳士の雑学