接待と手土産

シンガポール発モダン中華を
茶芸パフォーマンスと共に堪能[部長の名店]
四川豆花飯荘

2021.03.11

シンガポール発モダン中華を<br>茶芸パフォーマンスと共に堪能[部長の名店]<br>四川豆花飯荘
どのコースにも含まれる名物料理「鶏肉の重慶とうがらし炒め」はしびれる辛さ。四川料理はしびれと辛さの料理。癖になるしびれを味わいたい。

東京の中華シーンが面白いと言われて数年がたつが、新丸ビル創業と同時にオープンした四川豆花飯荘は、日本で創業13年がたったいまも新鮮に東京中華をリード。

そもそもは東洋と西洋の食文化の交流地・シンガポールで愛され続ける四川料理店の日本店。本店のシンガポール以外では東京のみで、正統派四川料理「正宗料理」と「シンガポール四川」の融合が味わえる。世界に旅立ちにくくなったコロナ禍、東京でシンガポールのモダン中華を味わうことができるのはうれしい。

_DSC3039
「正宗四川コース」(8000円)の前菜。内容は季節により替わるが、「よだれ鶏」「豚バラガーリック」「牛もつと牛すねの辛味噌」の3種四川料理は必ず入る。

井上高男料理長は「正統派の中華を基本どおりに、ぶれずに作りつづけたい」と言う。正しく古いものは常に新しい。四川に滞在経験もある部長もその味わいに太鼓判を押す。

もうひとつの魅力は、お茶。中国茶の滋味深さは知られるところだが、茶芸師の芸術的パフォーマンスが素晴らしい。「接待には“芸”も必要」と部長の言うとおり、このパフォーマンスは接待の印象を深める要だ。

_DSC5983_絵柄のばし
異国情緒漂うメインダイニングからは、東京駅が望める。このほか、5〜8名の個室が3部屋、8〜20名の個室が1部屋ある。

「アエラスタイルマガジンVOL.49 HOLIDAY 2020」より転載

<<部長の名店。【特別編】岸谷五朗が訪れたお店へ。

<<過去の部長の名店一覧

Photograph: Reiko Masutani
Text: Sachiko Ikeno, Akane Matsumoto

買えるアエラスタイルマガジン
AERA STYLE MARKET

装いアイテム

おすすめアイテム

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 笹塚の超穴場町中華「昭和軒」で<br>マッチが“昭和”にタイムスリップ!? <br>マッチと町中華。【第13回】

    笹塚の超穴場町中華「昭和軒」で
    マッチが“昭和”にタイムスリップ!?
    マッチと町中華。【第13回】

    週末の過ごし方

    2024.04.26

  2. 俳優・町田啓太と考える、装う美学。<br>心を解き放つ、「皐月」のスーツ。<br>【第二期】

    俳優・町田啓太と考える、装う美学。
    心を解き放つ、「皐月」のスーツ。
    【第二期】

    週末の過ごし方

    2024.05.17

  3. 時を駆けて、クラシックを知る。<br>─旅する町田啓太とトッズのいい関係─

    時を駆けて、クラシックを知る。
    ─旅する町田啓太とトッズのいい関係─

    特別インタビュー

    2024.05.10

  4. 水上恒司、感性を刺激する旅へ。 【前編】<br>─マセラティ MC20 チェロを駆けらせ、八ヶ岳を目指す─

    水上恒司、感性を刺激する旅へ。 【前編】
    ─マセラティ MC20 チェロを駆けらせ、八ヶ岳を目指す─

    特別インタビュー

    2024.05.09

  5. ポロ ラルフ ローレンのマドラスジャケットで、<br>トレンド感満載のスタイリングを完成させるポイントとは? <br>ファッショントレンドスナップ199

    ポロ ラルフ ローレンのマドラスジャケットで、
    トレンド感満載のスタイリングを完成させるポイントとは?
    ファッショントレンドスナップ199

    カジュアルウェア

    2024.05.14

紳士の雑学