接待と手土産

シンガポール発モダン中華を
茶芸パフォーマンスと共に堪能[部長の名店]
四川豆花飯荘

2021.03.11

写真・図版
どのコースにも含まれる名物料理「鶏肉の重慶とうがらし炒め」はしびれる辛さ。四川料理はしびれと辛さの料理。癖になるしびれを味わいたい。

東京の中華シーンが面白いと言われて数年がたつが、新丸ビル創業と同時にオープンした四川豆花飯荘は、日本で創業13年がたったいまも新鮮に東京中華をリード。

そもそもは東洋と西洋の食文化の交流地・シンガポールで愛され続ける四川料理店の日本店。本店のシンガポール以外では東京のみで、正統派四川料理「正宗料理」と「シンガポール四川」の融合が味わえる。世界に旅立ちにくくなったコロナ禍、東京でシンガポールのモダン中華を味わうことができるのはうれしい。

写真・図版
「正宗四川コース」(8000円)の前菜。内容は季節により替わるが、「よだれ鶏」「豚バラガーリック」「牛もつと牛すねの辛味噌」の3種四川料理は必ず入る。

井上高男料理長は「正統派の中華を基本どおりに、ぶれずに作りつづけたい」と言う。正しく古いものは常に新しい。四川に滞在経験もある部長もその味わいに太鼓判を押す。

もうひとつの魅力は、お茶。中国茶の滋味深さは知られるところだが、茶芸師の芸術的パフォーマンスが素晴らしい。「接待には“芸”も必要」と部長の言うとおり、このパフォーマンスは接待の印象を深める要だ。

写真・図版
異国情緒漂うメインダイニングからは、東京駅が望める。このほか、5〜8名の個室が3部屋、8〜20名の個室が1部屋ある。

「アエラスタイルマガジンVOL.49 HOLIDAY 2020」より転載

<<部長の名店。【特別編】岸谷五朗が訪れたお店へ。

<<過去の部長の名店一覧

Photograph: Reiko Masutani
Text: Sachiko Ikeno, Akane Matsumoto

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    宇垣美里が「時代」になる。[前編]

    特別インタビュー

    2021.05.07

  2. 写真・図版

    いまさら…な人のためのゴルフ入門
    GEAR 006米国発のトータルブランド
    [先輩ゴルファーも認める ウエア&グッズを選ぶ。]

    カジュアルウェア

    2021.05.13

  3. 写真・図版

    新しいライフスタイルにふさわしい
    スタイリッシュなライフウエア
    「UNIQLO × Theory」が発売開始!

    カジュアルウェア

    2021.05.12

  4. 写真・図版

    上品さをキープしたイージーパンツ。
    [エフォートレスな「現代の仕事着」]

    カジュアルウェア

    2021.05.10

  5. 写真・図版

    インディビジュアライズド シャツ
    新スタンダードのバンドカラーシャツ①
    [エフォートレスな「現代の仕事着」]

    カジュアルウェア

    2021.05.14

紳士の雑学

調べ・見立て