接待と手土産

上質な接待が期待できる
銀座で楽しむ正統派の江戸前寿司[部長の名店]
すし家 一栁

2021.03.25

写真・図版
中トロ、ひらめ、赤身、小肌。

「銀座の寿司屋で接待」というだけで、特別感を印象付けられるが、とはいえ“銀座で寿司”は、やはりハードルが高い。さっと寿司を食べて次の店に行く、それが粋な寿司接待の作法かもしれないが、コロナ禍に複数店を巡るのはリスキーだ。ならば寿司屋だけで完結する接待を、銀座で目指したい。

写真・図版
穴子と海老。ランチは「お任せにぎりコース」8000円・1万2000円・1万6000円。「お任せおつまみ・にぎりコース」1万6000円・1万8000円・2万2000円・2万5000円。ディナーは「お任せにぎりコース」1万5000円。「お任せおつまみ・にぎりコース」1万8000円・2万2000円・2万5000円

部長が選んだのは、いわく「奇をてらったところや、特別な仕掛けもない。ネタとシャリ1本で勝負する」すし家 一栁。足掛け8年、銀座1丁目でのれんを掲げる。

カウンターは10席。ほかに4人がけの個室がひとつ。エレガントな空間だが、肩ひじ張らずにくつろげるのがいい。

素材にこだわる、季節感を大切にすることは言わずもがな。店にとって肝心なのは「食事のあと、これから起こる出来事の背中を押してあげること」と店主の一栁和弥さん。確かにリラックスした満足ゆく食事のあとは、共にした相手との距離は縮む。その手助けをしてくれるのが、一栁の料理と絶妙な接客。すなわち、名店である。

写真・図版
店主の一栁さんと話すのを楽しみに来店する客も多い。「真っすぐが投げられない人は変化球も投げられない」と直球勝負の寿司を握る。

「アエラスタイルマガジンVOL.49 HOLIDAY 2020」より転載

<<フレンチを牽引する名店で五感を刺激する上質な接待を

<<過去の部長の名店一覧

Photograph: Reiko Masutani
Text: Sachiko Ikeno, Akane Matsumoto

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    宇垣美里が「時代」になる。[前編]

    特別インタビュー

    2021.05.07

  2. 写真・図版

    いまさら…な人のためのゴルフ入門
    GEAR 006米国発のトータルブランド
    [先輩ゴルファーも認める ウエア&グッズを選ぶ。]

    カジュアルウェア

    2021.05.13

  3. 写真・図版

    新しいライフスタイルにふさわしい
    スタイリッシュなライフウエア
    「UNIQLO × Theory」が発売開始!

    カジュアルウェア

    2021.05.12

  4. 写真・図版

    上品さをキープしたイージーパンツ。
    [エフォートレスな「現代の仕事着」]

    カジュアルウェア

    2021.05.10

  5. 写真・図版

    インディビジュアライズド シャツ
    新スタンダードのバンドカラーシャツ①
    [エフォートレスな「現代の仕事着」]

    カジュアルウェア

    2021.05.14

紳士の雑学

調べ・見立て