特別インタビュー

世代をつなぐバッグ、『キャリーオール』。

2021.05.10

ファッションエディターの審美眼にかなったいま旬アイテムや知られざる名品をお届け。

写真・図版
軽くて雨や衝撃に強い「バチュー・クロス」と、使うほどに味わいを増すベジタブルタンニンレザーを組み合わせた、上質なつくりが自慢。キャリーオール(W38×H26×D9㎝)¥165,000/ハンティング・ワールド(ハンティング・ワールド青山店 03-3486-8818

色あせた記念写真に写っている、僕がまだ小さかったころの父親は、大きな襟のスーツにティアドロップのサングラスというエッジの利いた格好で、ハンティング・ワールドの『キャリーオール』に自慢のカメラを収納していた。

そう、1976年生まれの僕にとって、『キャリーオール』とは父親世代のバッグ。無性に欲しくなったり、あえて避けたくなったりを繰り返しつつも、常に視界には入っているという、ちょっと厄介な存在なのである。

そういえば地方都市のチーマーだった3つ年上のいとこも、まだアメリカ製だったヘインズの白Tシャツとストーンウォッシュのリーバイス501®という、いまにして思えば無防備すぎる着こなしにこいつを合わせて、地元のコンビニにたむろしていたっけ。

そんな愛憎半ばするバッグを僕が手に入れたのは、4年ほど前。「1970年代後半のニューヨークトラッド」という、ニッチな設定のスタイルに合わせるために、わざわざ買ってしまったのだ。ビスポークしたフレアパンツのコーデュロイスーツに、ローデンストックのティアドロップサングラス、とどめに『キャリーオール』という格好は、海外コレクションではスナップされまくったし、われながらハマったのでは!?

でも、あとでInstagramにアップされた写真を見て仰天。そこには、あのころの父親にそっくりなオジサンが写っていたのである。血は争えない……!

なんだかうれしくなって、それ以来毎日このバッグを持ち歩いている。意外なことに、最近は再ブームの兆しもあるそうで、ついこの間も、たまたま立ち寄った吉祥寺のカフェで、若いスタッフに褒められたばかりである。

「うわあ、いいなあ。僕もお金あったらめちゃくちゃ欲しいんですよ!」

僕のバッグを手に取る彼の装いは、まるであのころの渋カジだ。自己満足といえばそれまでだけれど、そんな、ささやかな「物語」を紡いでいけることが、トラッドの魅力なんだろうな。

山下英介(やました・えいすけ)
ライター・編集者。1976年生まれ。『LEON』や『MEN'S EX』などの編集や、『MEN’S Precious』のクリエイティブ・ディレクターに従事した後、独立。趣味はカメラと海外旅行。

掲載した商品はすべて税込み価格です。

<<ブルネロ クチネリ=2021年の「ニュートラ」説。 はこちら

「アエラスタイルマガジンVOL.50 SPRING / SUMMER 2021」より転載

Photograph: Yuji Kawata(Riverta Inc.)
Styling: Eiji Ishikawa(TABLE ROCK.STUDIO)

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ106
    イタリア生まれのGジャンが人気急上昇。
    そのブレークの理由とは?

    カジュアルウェア

    2021.06.02

  2. 写真・図版

    1970年代と“いま”をつなぐ、
    オニツカタイガーのスニーカー。

    2021.06.22

  3. 写真・図版

    より開かれたパブリックな建築へ。
    気鋭建築家ふたりが語る
    新たな価値としての“別荘”とは?【後編】

    週末の過ごし方

    2021.06.22

  4. 写真・図版

    こと足りてないのがこれからのぜいたく。
    気鋭建築家ふたりが語る
    新たな価値としての“別荘”とは?【前編】

    週末の過ごし方

    2021.06.16

  5. 写真・図版

    昨年登場し大ヒット!
    梅雨の季節に使いたい、
    マッキントッシュのおすすめアイテム。

    小物

    2021.06.17

紳士の雑学

調べ・見立て