接待と手土産

「h.u.g-flower」のチーズテリーヌ
すべて実食! 自慢の手土産 #62

2021.07.05

写真・図版

こんなにおいしいのにグルテンフリー。リピーター続出のチーズテリーヌ

「こうだったらいいな」がぎゅっと詰まった理想のギフト。まさに痒(かゆ)いところに手が届くギフトが「h.u.g-flower YOKOHAMA」のチーズテリーヌだ。1日で2800本売れたという実績を持ち、なんと6割はリピーターということからも実力のほどがうかがえる。

筆者もそのリピーターのひとりだが、まず推しのポイントのひとつが、真っ黒な箱にゴールドの箔押しの高級感のある外見だ。箱を開けると華やかな花が描かれたカードが1枚。実は、h.u.g-flowerは、岐阜県のフラワーショップがオープンした異色の“チーズテリーヌ”専門店。そう考えると、このパッケージのセンスの良さも自然とうなずける。また、あえてチーズケーキではなく、チーズテリーヌと謳(うた)っているところにもこの店の思いが込められている。

フランス料理で使われるテリーヌ型で焼き上げたチーズテリーヌは、高級感を損なわないようにその形のまま箱に入れたいところだが、ホールだと切り分ける作業が発生するので、手間がかかってしまう。高級感や味を保ちつつ、もっと気軽に食べてほしいと、ほどよいサイズに透明のシートで個包装してある。

店頭なら生のままでも購入できるが、しばらくは冷凍されたものをオンラインショップで注文して、直送するのがおすすめだ。3週間ほど日持ちもするし、ちょっと甘いものが食べたいときに冷凍庫から冷蔵庫へ移して、2時間もすれば食べ頃になる。後はお皿に並べるだけの手軽さだ。

センスがよくて便利なだけではなく、ファンを魅了する最大の理由は味わいの良さだ。甘さは控えめで、軽い酸味。コク、濃厚さはしっかりとありつつ、後味のしつこさはまったくない。舌触りはなめらかで、口どけの良さも魅力だ。材料にもこだわり、甘い香りの有機バニラビーンズを、黒い粒が目で確認できるほどたっぷりと使用。小麦粉をまったく使わないグルテンフリーで、バター、チーズ、生クリーム、サワークリームは全て北海道産だ。

このところ百花繚乱(ひゃっかりょうらん)のチーズケーキの世界だが、味わい豊かで、パッケージの高級感、デザインセンスの良さ、機能的な個包装というギフトとしての使いやすさが凝縮されたh.u.g-flowerのチーズテリーヌ。7月にはさらに店舗を拡張して、六本木ヒルズにもオープン予定とのこと。コロナ禍が落ち着いた折には、できたてのチーズテリーヌを手渡しできる日も楽しみだ。

写真・図版

h.u.g-flower YOKOHAMA
神奈川県横浜市中区海岸通1-1 貿易協会ビル1階
価格/チーズテリーヌ3800円(税込み・送料別)
問/045-323-9380
https://www.89cheeseterrine.com/

過去の手土産の記事はこちら

Edit & Text:Yuka Kumano

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ 118
    97年前のパリオリンピックのころのスーツを着こなす激レアさんに銀座で遭遇。
    いまマニアックなスーツが再注目されるわけとは?

    カジュアルウェア

    2021.09.17

  2. 写真・図版

    リュックとバッグどっちがいい?
    ビジネスバッグの機能性やブランドを紹介

    スーツ

    2021.09.15

  3. 写真・図版

    お昼限定のコース料理が楽しめる!
    京都の人気料亭「京都和久傳」の
    お取り寄せグルメで食卓に華やぎを。

    週末の過ごし方

    2021.09.13

  4. 写真・図版

    バサっとシャツ感覚で採り入れられる、
    バナナ・リパブリックのジャケット
    【ニューノーマル時代に寄り添うビジネスウエア】

    スーツ

    2021.09.03

  5. 写真・図版

    使う人の大切な荷物を守り抜く、
    スーリーのバックパック
    【現代のビジネスパーソンに贈る仕事鞄】

    バッグ

    2021.09.14

紳士の雑学