接待と手土産

「山本海苔店」の梅の花
すべて実食! 自慢の手土産 #61

2021.06.28

写真・図版

熟練の仕訳技術員が独自に格付けした有明海育ちの極上海苔

私は、自宅で海苔(のり)を切らすことはほとんどないほどの海苔好きだ。おにぎりや手巻き寿司はもちろん、白いごはんを食べるときにもほぼ一緒に食卓に並んでいる。自宅用には全型の海苔を袋入りで購入することがほとんどだが、人に贈るときは、食べやすくカットされて扱いやすい「山本海苔店」の缶入りの「梅の花」の出番が多い。

初めての出合いは、子どものころのお中元やお歳暮のシーズン。自宅に届けられた赤い缶が印象的だった。中には黒々としてパリッパリッの海苔がぎっしりと詰まっていて、口に含むとなんとも言えない風味と、すっと溶けてなくなる口どけのよさに驚いた。贈り物シーズンになるとこの缶が待ち遠しかったものだ。

大人になり、贈り物をする立場になった今は、きちんとお礼したい大切な方に贈るときに重宝している。「山本海苔店」は、海苔業界を代表する老舗中の老舗。なかでも、香りが際立つ「焼海苔」とほんのりと甘辛い「味附海苔」を詰め合わせた「梅の花」は、半世紀に及ぶロングセラーで、いただき物の多い方にも安心して贈ることができる。

原料には日本一の生産量を誇る九州の有明海産のみを使用する。大きな干満の差、大小100以上の川から流れ込む栄養豊富な水など、有明海にはおいしい海苔が育つ条件がそろっている。海苔が採れるのは水温が下がる冬。収穫されたのちに、各漁連によって等級付けされた海苔を仕入れるのだが、山本海苔店ではさらに佐賀工場の熟練の仕訳技術員が、口どけ・味などを判別して独自に格付けする。170年以上も海苔に向き合ってきたからこそできる技だ。格付けの結果、最高品質とランクされたもののみが梅の花になる。そして、うま味を最大限に引き出すように温度や加熱時間を見極めつつ、じっくり丹念に焼き上げられるのだ。

袋を開けた瞬間に広がる香りを楽しんだ後は、最初は何もつけず、そのまま味わってみてほしい。パリッとした食感、口の中に広がるうま味、鼻に抜ける潮の香り。食卓でも主役級の存在感だ。

また、養殖技術が確立する前は、運がよければ採れるという意味で「運草(うんぐさ)」とも呼ばれ、海苔は古くから縁起物として扱われてきた。今まさにお中元シーズンの真っただ中。なんとも不安で先行きが見えないなか、相手の幸せを祈りながら、極上海苔を贈ってはいかがだろう。

写真・図版

山本海苔店
東京都中央区日本橋室町1-6-3
価格/「梅の花」1号缶2本詰合せ5400円、2本詰合せ10800(税込み・送料別)
問/0120-236222
https://www.yamamotonori-shop.jp/

過去の手土産の記事はこちら

Edit & Text:Yuka Kumano

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    バサっとシャツ感覚で採り入れられる、
    バナナ・リパブリックのジャケット
    【ニューノーマル時代に寄り添うビジネスウエア】

    スーツ

    2021.09.03

  2. 写真・図版

    お昼限定のコース料理が楽しめる!
    京都の人気料亭「京都和久傳」の
    お取り寄せグルメで食卓に華やぎを。

    週末の過ごし方

    2021.09.13

  3. 写真・図版

    リュックとバッグどっちがいい?
    ビジネスバッグの機能性やブランドを紹介

    スーツ

    2021.09.15

  4. 写真・図版

    使う人の大切な荷物を守り抜く、
    スーリーのバックパック
    【現代のビジネスパーソンに贈る仕事鞄】

    バッグ

    2021.09.14

  5. 写真・図版

    伊勢丹新宿店 メンズ館7階 メンズオーセンティック
    ウールリッチ伊勢丹新宿店 店長 大山 敦さん
    この人から買いたい、この一品

    特別インタビュー

    2021.09.10

紳士の雑学