カジュアルウェア

メンズのダウンジャケット選びで
知っておきたい15ブランドとは?

2021.11.25

写真・図版

MOORER(ムーレー)

「ムーレー」は1999年にイタリアのヴェローナで創業された高級アウターブランドです。ダウンジャケットの製造が家業だったモレノ・ファッチンカーニが設立し、メイドインイタリーにこだわった高品質ダウンジャケットを提供しています。ムーレーのダウンジャケットに使われるシベリア産ホワイトグースのダウンは非常に高いフィルパワーを誇っており、ラグジュアリーダウンならではの軽さと暖かさが感じられます。

ムーレーの数多いモデルのなかでも、代表格といわれているのが「シーロ」です。ミリタリーテイストでありながらダブルブレストなどのディテールがクラス感を漂わせる、スマートかつエレガントなダウンジャケットです。首元のラビットファーは場面に応じて取り外しできます。

CANADA GOOSE(カナダグース)

「カナダグース」は1957年にカナダのトロントで創業されたアウトドアブランドです。メイドインカナダにこだわったクオリティーの高い製品の数々は世界中で愛用されています。エベレスト登山隊などのサポートを通じて常に製品の質を向上させており、独創的なデザインも人気を集めている理由のひとつです。カナダグースのダウンジャケットはフラットな見た目ですっきりした印象があり、タウンユースにも最適ということで若い世代からも支持されています。

最高800フィルパワーのダウンを採用しており、保温性に優れていることはいうまでもありません。カナダグースのダウンジャケットのなかでも、人気が高いのが「ジャスパー」です。高級感のあるオリジナル生地は耐水性や撥水性に優れており、フードのコヨーテファーは脱着可能です。

02DERIV.(ツーディライヴ)

「ツーディライヴ」は井野屋マスターピース事業部が2003年に始めた日本のファッションブランドです。「deriv.」は「derivation(誘導)」や「derive(引き出す)」の略語で、0は「無」を、2は「相対」を表しています。「無から相対するものを引き出す」という独自の哲学を掲げており、曲線と直線など、相対するものを融合させて新しいものを生み出す姿勢を貫いているブランドです。

最新の素材を活用しながら、伝統的な意匠にも敬意を払って服作りを行っています。ツーディライヴの特徴は、バッグで開発したデザインや素材をウエアにも採用していることです。防水性や透湿性に優れたゴアテックスを使ったアウターが代表的な製品となっています。

fusalp(フザルプ)

「フザルプ」は1952年にフランスのアヌシーで生まれたスキーウエアブランドです。スキーウエア業界では世界最高峰のひとつとされており、技術と機能性、そして優雅さを兼ね備えたウエアはプロスキーヤーにも評価されています。フランスらしいエレガントなシルエットなので、スーツにも合わせやすいアイテムが多くそろっています。

寒気が袖から入り込むのを防ぐ防寒リブやラグジュアリーなファーなど、ダウンジャケットはディテールにこだわっていて着心地も快適です。アウトドアブランドのダウンジャケットに飽きた人は、フザルプのひと味違うアイテムを試してみてはいかがでしょうか。

PYRENEX(ピレネックス)

フランスのピレネー山脈のふもとにて、1859年に創業されたのが「ピレネックス」です。創業当時は寝具などの製造を行っていましたが、近年ではオリジナルブランドを立ち上げてダウンジャケットを発表、その品質の高さで世界中に名をはせています。飼育農場からダウンの原毛を直接仕入れ、製品の製造まで一貫して自社で行うこだわりの強さもピレネックスの魅力です。

ピレネックスを代表するモデルが「アヌシー」です。ミドル丈で使い勝手がよく、肩まわりなどを立体的にカットすることで高い運動性を備えています。生地には高密度のギャバジンを採用しており、撥水性が高いので多少の雨なら問題なく耐えられます。

UNIQLO(ユニクロ)

「ユニクロ」はいわずと知れた日本のファストファッションブランドで、1984年に広島県で1号店がオープンしました。高品質でファッション性の高い服をリーズナブルに提供するスタイルを打ち出し、瞬く間に日本最大のファストファッションブランドへと成長しました。フリースやヒートテックなど、ユニクロが日本中に浸透させたアイテムは少なくありません。

ユニクロはダウンジャケットも優秀で、機能性と耐久性、そしてデザイン性を高い次元で兼ね備えたモデルが求めやすい価格でラインアップしています。暖かくてリーズナブルかつ高品質なダウンジャケットが欲しい人におすすめのブランドです。

まとめ

ダウンジャケットは冬の寒さをやり過ごすうえで役に立つ、防寒アウターであり、ブランドごとに特徴は異なります。自分の求める機能やデザインが備わったダウンジャケットを入手したいのであれば、まずはどのようなブランドがあるのかを知ることが大切です。そして、気に入ったブランドのなかから使いやすいダウンジャケットを見つけてください。

1 2 3 Next

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ145
    夏の定番スタイルをオシャレに激変させる究極の一撃!
    その必殺技アイテムの使い方を解説。

    カジュアルウェア

    2022.06.20

  2. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ144
    レザースニーカーの新エースは、オン・オフ使える二刀流。
    おまけにイタリア生まれでコスパ最強!?

    カジュアルウェア

    2022.06.14

  3. 写真・図版

    日本焼肉、ここにあり!
    銀座の夜に、新しい大人の選択肢が登場。

    週末の過ごし方

    2022.06.23

  4. 写真・図版

    【目覚めの一発】義務化しないことが習慣への道
    10年後の自分を幸せに! 日々の生活に採り入れる簡単ストレッチ

    週末の過ごし方

    2022.06.24

  5. 写真・図版

    俳優・塩野瑛久が魅了する、ジュエリーの真価。
    #02 フレッド

    小物

    2022.06.22

紳士の雑学