小物

マフラー選びで知っておくべき人気ブランド20選

2021.11.18

写真・図版

「FAIRFAX(フェアファクス)」
オン・オフどちらにもマッチするシンプルさが魅力

フェアファクスは1976年に東京青山で創業したファッションブランドです。アメリカの伝統的なデザインをモチーフにして、クラシカルなデザインを展開しています。「メイド・インジャパン」にこだわり、日本国内で裁断から縫製まで一貫して行っていること特徴です。ブランドの代名詞といえるアイテムはネクタイですが、このほかにシャツやニットウアなども手がけています。

フェアファクスのマフラー柄はグレンチェック、ストライプ、チェック、タータンチェック、ケーブルニットなどさまざまなタイプを取り扱っています。色も各シリーズで複数用意されているので、きっとお気に入りのアイテムが見つかるでしょう。

「Altair(アルテア)」
秋冬の装いのマンネリ解消に活躍する個性派 

1892年にイタリアのミラノでジュゼッペ・サルトーリがネクタイ店を開いたのがアルテアの始まりです。伝統的な仕立て技術をはじめ、洗練された技法、こだわりの生地選びには、最高品質を追い求める妥協なきアルテアの姿勢が垣間見えます。伝統的技法だけこだわるのではなく、革新的な技術も採り入れることで、現代の感性にマッチした商品を展開しており、高評価を集めています

アルテアのマフラーは、上品で落ち着いた雰囲気がありながら、ありきたりのデザインではなく、ほかでは見つけられない独自性が特徴です。さらにトラッドな柄を基調としているため、スーツにももちろんマッチします。周りとは少し違うマフラーを求めている人におすすめのブランドです

「Cesare Gatti(チェザーレ ガッティ)」
カシミヤの上質感と発色の美しさがコーディネートの印象を格上げ 

チェザーレガッティは1948年にイタリアのビエラで創業したファクトリーブランドであり、最初は、地域産業でもあるメリノウールの紡績から始まりました。現在は、カシミヤ生地のリーディングカンパニーとなり、服地、ストール、アクセサリーまで幅広く手けています。同時に世界的に有名なラグジュアリーブランドのスカーフやストールの生産も担っており、原材料の調達や徹底した品質管理など、チェザーレ ガッティの妥協を許さない姿勢は、多くのブランドから厚い信頼を寄せられています。

このブランドが手がけるマフラーは、色とりどりの無地と大判チェック柄がラインアップ。肌触りのさはもちろん発色の素晴らしさは上質なカシミヤを厳選し、熟練の技術によって作られたものであるからにほかなりません。

「DESTIN (ディスティン)」
海外セレブも愛用。コーディネートしやすい柄や色に注目

ディスティンは、ビッグメゾンが愛用する高級絨毛メーカー展開るイタリアのストールブランドです。設立当時から、カシミヤを中心とした天然素材を取り扱っており、豊富なノウハウとアイデアによって、革新的な素材を発表してきました。柔らかさと軽さ、発色の美しさは海外セレブ一流メゾン、高級セレクトショップを魅了してきました

そんなディスティンのマフラーは、クラシカルな柄が特徴。大人の男性にも違和感ない落ち着いた色合いなので、さまざまなコーディネートに合わせられます。首に巻いたり垂らしたりするだけでワンランク上のおしゃれが実現します。

「Begg x Co(ベグ アンド コー)」
オーソドックスな柄がスーツスタイルに好相性

ベグ アンド コーは1866年にスコットランド南部にあるペイズリーで創業した織物メーカーで元々は馬車用の伝統的なペイズリー柄のショールを手織りで製作していました。1902年に本社をエアーに移転し、現在も同じ場所で工場を稼働しています。熟練職人による手作業で伝統工法を受け継ぎつつ、同時に最新機器や新たな工法も採り入れ、洗練されたストールコレクションを発表しつづけています。

ストール作りにおいては、カシミヤやシルク、ラムウールをはじめとした最高級の天然素材にこだわっているのが特徴で。マフラーは無地のほか、伝統的なチェック柄やブロックチェックなど幅広いラインアップがそろいます。スーツスタイルだけでなく、カジュアルシーンにも採り入れたくなるはずです。

「ALONPI CASHMERE(アロンピ カシミア)」
極上の肌触りがクセになるマフラー 

アロンピ カシミアは、カシミヤに特化したアイテムを手がけるイタリアのファクトリーブランドです。アーティスティックディレクターALFREDO MAGLIOLAとGIAN PIETROを擁るこのブランドは、長年の研究によって培われた確かな技術、カシミヤ製品を作るうえでの揺るぎない哲学を持ってり、ビッグメゾンから生産依頼を受けるほど信頼されています。

アロンピのマフラーは、落ち着いた色合いのものが多いため、スーツスタイルに合わせても違和感なくなじみやすいのが特徴です。チェック柄は場合によってはカジュアルな印象になることがありますが、アロンピのマフラーは単調になりがちなスーツスタイルに華やかさを与えてくれます。カシミヤ100%の素材が持つ暖かさとしっとりとした肌ざわりのさは、ひとたび首にけばクセになること間違いありません。

「TOMORROWLAND(トゥモローランド)」
高品質ながら手にしやすい価格も魅力

トゥモローランドは1978年に誕生した日本のオリジナルブランドです。当初から男性用のニットウアを手けており、高品質なニット製品に定評があります。また、輸入物のファッションアイテムを取扱うセレクトショップとしても有名です。ほかのアパレルメーカーと競合するのではなく、トゥモローランドらしさを大切にしつつ、オリジナルウアやアクセサリーなど幅広いアイテムを取扱っています。高品質でありながらリーズナブルな価格設定となっていることも人気の理由です。

トゥモローランドでは、カシミヤはもちろん、シルク、カシミヤとウール、カシミヤとコットンなど、素材感のさまざまなマフラーがそろいます。スーツに合わせやすいオーソドックスな色合いからチェック、美しい発色を楽しめるカラフルなものまで、TPOや好みに合わせて選べることも魅力です。

まとめ

さまざまなブランドからメンズ用のマフラーが発表されており、これから購入する人はどれを選べばよいのかと目移りしてしまいそうです。どのブランドも独自のコンセプトを大切にしており、多彩なアイテムを展開しています

上質素材を用いたものは長きにわたって愛用できますので、お気に入りの一本を見つけ、大切に手入れをしながら使っていきたいものです。

1 2 3 Next

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ145
    夏の定番スタイルをオシャレに激変させる究極の一撃!
    その必殺技アイテムの使い方を解説。

    カジュアルウェア

    2022.06.20

  2. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ144
    レザースニーカーの新エースは、オン・オフ使える二刀流。
    おまけにイタリア生まれでコスパ最強!?

    カジュアルウェア

    2022.06.14

  3. 写真・図版

    日本焼肉、ここにあり!
    銀座の夜に、新しい大人の選択肢が登場。

    週末の過ごし方

    2022.06.23

  4. 写真・図版

    【目覚めの一発】義務化しないことが習慣への道
    10年後の自分を幸せに! 日々の生活に採り入れる簡単ストレッチ

    週末の過ごし方

    2022.06.24

  5. 写真・図版

    俳優・塩野瑛久が魅了する、ジュエリーの真価。
    #02 フレッド

    小物

    2022.06.22

紳士の雑学