カジュアルウェア

秋冬のメンズコーディネートのポイントやおすすめアイテムを解説

2021.12.02

LATORRE(ラトーレ)

1965年にミケーレ・ラトーレにより創立された、イタリア南部のバーリを代表するブランド「ラトーレ」。日本には2019年の春夏シーズンより本格参入し、ファッション業界や業界関係者のあいだで注目を集めました。ラトーレ4兄弟により運営されているファクトリーは、技術の高さが認められ、世界的に有名なブランドの生産を手がける一方、いまでも地元紳士の注文服をハンドメイドで仕上げています。

着た瞬間に手仕事のぬくもりが感じられるような優しい着心地は、イタリア伝統のテーラードスタイルを継承するブランドならではの特徴です。

Stile Latino(スティレ ラティーノ)

2004年、イタリアのナポリのアットリーニ家の長男ヴィンチェンツォが立ち上げたブランド「スティレ ラティーノ」。ブランド名はラテンスタイルという意味で、クラシックブランドにはない旬を感じるセンスと、陽気さや色気漂う雰囲気が魅力です。

アットリーニ家はイタリアの服飾業界では知らぬ人がいないほどの存在であり、マニカカミーチャ(シャツ袖)、袖口の重ねボタン、バルカポケット(ジャケットの舟形ポケット)などを考案したことでも知られています。

名声にあぐらをかくことなく、ハイクオリティーな素材にウォッシュ加工を施し独特の風合いを出すなど、チャレンジしつづける姿勢も世界中で支持される理由です。

CARUSO(カルーゾ)

イタリアのパルマで誕生したファクトリー「マコ社」が母体の「カルーゾ」は、1958年にナポリで設立されました。パルマは元々テーラーの街であり、依頼に忠実な仕立てを行うことで知られています。カルーゾは現在もラグジュアリーブランドのOEMを行っており、パルマファクトリーならではの仕立てのよさが際立ちます。

厳選された高級生地を採用し、最新のマシン技術を駆使しながらも伝統的なハンドメイドも採り入れて仕立てられる服は、ベーシックなデザインと個性的なディテールが魅力。エレガントな正統派のスーツから遊び心あふれる小粋なジャケットやコートまで、ワクワクするようなラインアップ。見ているだけでセンスアップできそうです。

THE GIGI(ザ ジジ)

2014年にイタリアのブレーシャで誕生した「ザ・ジジ」。100年以上の歴史を誇る紳士服メーカー「ボリオリ」のデザイナーだった、ピエルイジ・ボリオリ (通称ジジ) と兄のマリオ・ボリオリの兄弟が手がけるブランドです。

「ボリオリ」時代に脚光を浴びた数々の革新的な手法に固執せず、DON’T LOOK BACKをポリシーとし、常に革新的な服作りを目指しています。「ザ・ジジ」の真骨頂は、ニュークラシックをキーワードに、こだわり抜いた素材を使って、すべてイタリア国内で縫製するジャケット。デザインの美しさと柔らかい生地による極上の着心地を実現しています。

Paul Stuart(ポール・スチュアート)

1938年、アメリカのニューヨークで創業した高級紳士服ブランド「ポール・スチュアート」。イギリスの仕立て服の代名詞といえばサヴィル・ロウですが、ポール・スチュアートはアメリカのサヴィル・ロウと称され、アメリカを代表するブランドといえます。

イギリスの伝統にアメリカ的解釈を加え、現代的にアレンジした服作りが特徴で、アメリカの政財界やハリウッドスターなどからも支持を集めています。トレンドに左右されることなく、洗練されたアメリカンスタイルを追求しつづけているブランドです。

MACKINTOSH LONDON(マッキントッシュ ロンドン)

1823年にイギリスのグラスゴーでチャールズ・マッキントッシュにより設立されたブランド「マッキントッシュ」。レインコートの代名詞ともなった「マッキントッシュ」と日本の三陽商会がライセンス契約を結んで誕生したのが、トータルコレクションブランド「マッキントッシュ ロンドン」です。

マッキントッシュのモノづくりの伝統をもとに、コートアイテムを軸に上質な素材によるスーツやジャケットなどのビジネスシーン向けの商品を展開しています。

Brooks Brothers(ブルックス ブラザーズ)

1818年、ニューヨークで創業した「ブルックス ブラザーズ」は、アメリカで最も歴史のある衣料ブランドです。1845年にはアメリカで初となる既製服を発売し、その後はボタンダウンのポロカラーシャツ、斜め縞模様のレップタイ、シアサッカー素材のジャケットなど、アメリカンスタイルの代表的なアイテムを次々に発表しました。

アメリカンクラシックスタイルを追求しつづけるブルックス ブラザーズの顧客リストには、リンカーン大統領やケネディ大統領、往年のハリウッドの大スターなどが名を連ねるなど、アメリカを代表するブランドです。

J.PRESS(Jプレス)

1902年、アメリカのニューヘブンでジャコビー・プレスが創業した「Jプレス」。進化しつづける伝統をブランドコンセプトに、着る人にとって快適であり、人間の体形に素直で誰もが着こなせるシルエットの服作りにこだわった創業者の理念は、100年経った現在でも受け継がれています。

ブッシュやフォード、クリントンなど歴代大統領にも愛されてきた、アメリカントラディショナルを代表するブランドです。

まとめ

さまざまなアイテムを組み合わせて完成させるコーディネートは、ファッションセンスに自信がない人にとっては悩ましい作業であり、煩わしささえ感じるかもしれません。しかし、コーディネートをワンランクアップさせるために必要なことは、基本になるアイテムの選び方や、着こなし方のポイントを押さるだけです。

今回紹介したブランドでアイテムを選び、ひとつ上の秋冬のコーディネートにチャレンジしてみませんか。

1 2 3 Next

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    1億円のコラボ作品も⋯⋯
    多才なアーティスト・三浦大地、
    自身初の個展を伊勢丹新宿店で開催中。

    特別インタビュー

    2022.07.29

  2. 写真・図版

    『TIME』誌で“世界一快適な靴”と称された、
    オールバーズのスニーカー

    2022.08.01

  3. 写真・図版

    日本限定のスペシャルコレクション!
    ジミー チュウが、藍染の作り手
    「BUAISOU」とコラボレーション。

    小物

    2022.08.09

  4. 写真・図版

    井桁弘恵さんと巡る、TOKYO写真探訪。
    第4回 中央区銀座

    週末の過ごし方

    2022.08.10

  5. 写真・図版

    「佐嘉平川屋」の佐嘉おぼろ
    自慢の手土産 #95

    接待と手土産

    2022.08.09

紳士の雑学