スーツ

ポール・スチュアート
クラシックとモダンの融合が現代の紳士に映える。
[華麗なるスーツ。]

2022.01.05

スーツの存在意義、それは男を輝かせること。伝統に裏打ちされたスタイルには普遍の魅力があり、現代のフレーバーをいかに載せているかが、見極め所。理想の自分像を描くうえで、頼れるのはスーツに尽きる。

400_03-075_fin_Q
スーツ¥132,000、シャツ¥22,000、タイ¥16,500、チーフ¥9,900/すべてポール・スチュアート(ポール・スチュアート 青山本店 03-6384-5763

ビジネスからフォーマルシーンまで、活躍の場が広いスーツ。ネイビー無地の生地は名産地・尾州で織られたタキシードクロスでナチュラルな光沢をたたえる。この「ベイカー」モデルは正統派のデザインを貫きつつ、肩パッドを使わない軽量な仕立てが現代的な着やすさを生む。

掲載した商品はすべて税込み価格です。

<<ジョルジオアルマーニ はこちら

「アエラスタイルマガジンVOL.51 AUTUMN / WINTER 2021」より転載

Photograph: Masanori Akao(whiteSTOUT)
Styling: Masayuki Sakurai
Hair & Make-up: Masayuki(The VOICE)
Edit & Text: Kenji Washio

買えるアエラスタイルマガジン
AERA STYLE MARKET

装いアイテム

おすすめアイテム

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 笹塚の超穴場町中華「昭和軒」で<br>マッチが“昭和”にタイムスリップ!? <br>マッチと町中華。【第13回】

    笹塚の超穴場町中華「昭和軒」で
    マッチが“昭和”にタイムスリップ!?
    マッチと町中華。【第13回】

    週末の過ごし方

    2024.04.26

  2. 俳優・町田啓太と考える、装う美学。<br>心を解き放つ、「皐月」のスーツ。<br>【第二期】

    俳優・町田啓太と考える、装う美学。
    心を解き放つ、「皐月」のスーツ。
    【第二期】

    週末の過ごし方

    2024.05.17

  3. 時を駆けて、クラシックを知る。<br>─旅する町田啓太とトッズのいい関係─

    時を駆けて、クラシックを知る。
    ─旅する町田啓太とトッズのいい関係─

    特別インタビュー

    2024.05.10

  4. 水上恒司、感性を刺激する旅へ。 【前編】<br>─マセラティ MC20 チェロを駆けらせ、八ヶ岳を目指す─

    水上恒司、感性を刺激する旅へ。 【前編】
    ─マセラティ MC20 チェロを駆けらせ、八ヶ岳を目指す─

    特別インタビュー

    2024.05.09

  5. ポロ ラルフ ローレンのマドラスジャケットで、<br>トレンド感満載のスタイリングを完成させるポイントとは? <br>ファッショントレンドスナップ199

    ポロ ラルフ ローレンのマドラスジャケットで、
    トレンド感満載のスタイリングを完成させるポイントとは?
    ファッショントレンドスナップ199

    カジュアルウェア

    2024.05.14

紳士の雑学