調べ・見立て

いまや、「ビジネスパーソン、厨房に立つ」が常識。
働き方改革は、ジェンダー平等の追い風になっている!?
編集長の「見立て」。#51

2022.01.14

写真・図版

かつて聞いた「男子厨房に入らず」の言葉は、いま私自身が使うことはありません。料理が好きな人は料理をして、嫌いな人はしない。これは男女ともに言えることであって、料理をする、しないと、性差を関連付けるのは合理性を欠く考え方です。環境問題にばかり注目が集まるSDGsですが、掲げられた17個の目標の中に、「ジェンダー平等を実現しよう」の項目が明記されています。ただ、逆説的に言えば、世界でジェンダー平等が実現されていないから、これが目標になっているとも言えます。そして、残念ながらとりわけ日本では、政治やビジネスの世界でジェンダー差別がまだまだ残っています。

写真・図版

アエラスタイルマガジンWEBのアンケートで「自分で料理をしますか?」と尋ねたところ、ビジネスパーソンの87%が「自分で料理をする」と回答しました。「料理をすることが好きですか?」の質問には、67%が「好き」、19%が「どちらかと言えば好き」と回答。両方の数字を加えると、86%が「好き」もしくは「どちらかと言えば好き」となり、「料理をする」と回答した87%の数字とほぼ一致するわけですから、「好きな人は料理をする」と冒頭に書いた説を裏付けるデータとなっています。政治やビジネスの世界と比較すると、プライベートライフの家事分担、とりわけ料理については、日本のビジネスパーソンのジェンダー平等意識は高まっていると言えるでしょう。

次ページ料理に対する意識の変化の背景とは?

1 2 Next

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ129
    ストールを1点プラスするだけで冬コーデが激変。
    そのテクニックを公開。

    カジュアルウェア

    2022.01.11

  2. 写真・図版

    進化を続ける老舗ホテル
    「帝国ホテル 東京」のダイニングエリアがさらに魅力的に

    週末の過ごし方

    2021.12.27

  3. 写真・図版

    伊勢丹新宿店メンズ館 1階 レザーグッズ、ジュエリー
    スタイリスト 折井正光さん
    この人から買いたい、この一品

    特別インタビュー

    2022.01.14

  4. 写真・図版

    ロレックス
    堅牢であれ/カテゴリー03
    【男たちよ、時計を愛せ。】

    腕時計

    2022.01.11

  5. 写真・図版

    元ラグビー日本代表キャプテン、HiRAKU代表取締役
    廣瀬俊朗の「新しいリーダー論」。[前編]

    特別インタビュー

    2022.01.12

紳士の雑学