週末の過ごし方

岸谷五朗が綴(つづ)る
男と酒の物語。

2022.01.21

写真・図版

久しぶりにマスクをしてない関さんが、じっと目を見て落ち着いた口調で語ってきた。「不安でいい。俺がいなくなれば必然的にお前が自分で判断し、動き、そこに結果が生まれる。実はもう既にその力をお前は備えている。俺が居ることで発揮できないでいるだけだ。これはチャンスだ! 全ての逆境は逆手に取り前に進め! 楽しみにしてるぞ」

その日は1本のボトルが空いた。店先で先輩が固い握手をしてくれた。

「アルコール消毒済みだから」と、いつもの頼もしい笑顔を残し夜の街に消えていった。

何か、大切なバトンを渡された……。不思議だ、不安が消えている。都会の星を見上げ「やってやる!」と声に出してみた。気付けば、未来に向かう抑えきれない自分が夜の街を走りだしていた。

写真・図版

岸谷五朗(きしたに・ごろう)
1964年生まれ。19歳から劇団スーパー・エキセントリック・シアターに在籍し、1993年『月はどっちに出ている』で映画初主演にして多くの映画賞を受賞し高い評価を集め、以降テレビ・映画での活躍度を高める。94年に寺脇康文と演劇ユニット「地球ゴージャス」を結成。出演以外に演出・脚本も手がけ、毎公演ともソールドアウト必至。現在、ドラマ『恋です!』が放映中。

上司:スーツ¥165,000、ジレ¥42,900、タイ¥25,300/すべてラルディーニ、シャツ¥25,300/ジャンネット(すべてトヨダトレーディング プレスルーム 03-5350-5567) 
部下:スーツ¥297,000/カナーリ(コロネット 03-5216-6521)、ニット¥40,700/ラルディーニ(トヨダトレーディング プレスルーム03-5350-5567) 
その他スタイリスト私物。

都会の大人たちを魅了する、絶景と美酒のバー。

写真・図版

上野恩賜公園と並び、東京都心で屈指の歴史と豊かな自然環境を有する芝公園。その敷地に隣接したザ・プリンス パークタワー東京の最上33階にある。「星の庭園」の名のとおり、扇形になったガラス窓からの展望は圧巻。正面に東京タワー、眼下には首都高速、遠景にビルのスカイラインが広がり、マジックアワーから夜まで、夜のパノラマを堪能できる。

豊富な種類のカクテルが人気だが、ウイスキーもおすすめ。六角形の氷を使ったオン・ザ・ロックは知る人ぞ知る逸品だ。

絶景と美酒を楽しめる天空の隠れ家として、行きつけのバーリストに加えてみたい。

スカイラウンジ ステラガーデン
東京都港区芝公園4-8-1 ザ・プリンス パークタワー東京 33F
電話番号/03-5400-1170 営業時間/16:00~21:00(アルコール類L.O.20:00)
https://www.princehotels.co.jp/parktower/restaurant/stellargarden/
※営業時間、営業日は変更になる場合があります。

「アエラスタイルマガジンVOL.51 AUTUMN / WINTER 2021」より転載

Photograph: Yuji Kawata(Riverta Inc.)
Styling: Eiji Ishikawa(TABLE ROCK.STUDIO)
Hair & Make-up: Taichi Nagase(VANITÈS)
Text: Mitsuhide Sako

1 2 3 Next

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    1億円のコラボ作品も⋯⋯
    多才なアーティスト・三浦大地、
    自身初の個展を伊勢丹新宿店で開催中。

    特別インタビュー

    2022.07.29

  2. 写真・図版

    『TIME』誌で“世界一快適な靴”と称された、
    オールバーズのスニーカー

    2022.08.01

  3. 写真・図版

    日本限定のスペシャルコレクション!
    ジミー チュウが、藍染の作り手
    「BUAISOU」とコラボレーション。

    小物

    2022.08.09

  4. 写真・図版

    井桁弘恵さんと巡る、TOKYO写真探訪。
    第4回 中央区銀座

    週末の過ごし方

    2022.08.10

  5. 写真・図版

    「佐嘉平川屋」の佐嘉おぼろ
    自慢の手土産 #95

    接待と手土産

    2022.08.09

紳士の雑学