カジュアルウェア

春にふさわしいメンズファッションを作るには?
カラーや素材選びがコーディネートのポイントになる!

2023.02.06(最終更新:2023.09.26)

春にふさわしいメンズファッションを作るには?<br>カラーや素材選びがコーディネートのポイントになる!

メンズの春ファッションでは、春にふさわしいアイテムをうまく組み合わせておしゃれを楽しみたいものです。この記事では、メンズの春ファッションのコーディネートのポイントについて解説します。

目次
  1. 春ファッションの着こなし術。コーディネートのポイント
    1. 春らしいカラー、素材を心がける
    2. カジュアルときれいめのバランスを考慮する
    3. トレンドのセットアップで大人のファッションに
    4. スプリングコートを着こなして春らしく
    5. 注目のコーチジャケットは春服にぴったり
    6. 人気のMA-1でミリタリースタイル
    7. ハイゲージニットで上品なコーディネートに
    8. 定番のデニムを採り入れて親しみやすく
    9. マウンテンパーカは使いやすいアイテム
    10. GジャンとTシャツ
    11. オープンカラーシャツでつくるリラックススタイル
    12. 春ファッションではリュックサックもおすすめ
    13. ライダースジャケットでメンズライクに
    14. ジョガーパンツやスウェットパンツでスポーティーに
    15. テーパードパンツでスタイリッシュに
    16. ボタンダウンシャツで上品とカジュアルの両立を
  2. まとめ

ここからは、メンズの春ファッションの着こなし術や、コーディネートのポイントについて詳しく解説します。

春のファッションでは春らしいカラーや素材のアイテムを採り入れてコーディネートを作ることが大切です。春らしいカラーとしては、ペールトーンやナチュラルカラーが挙げられます。グリーンやピンクなどのペールトーンは爽やかな雰囲気があり、アイテムひとつで華やかさがプラスされます。

おすすめのコーディネートは、ペールトーンのチェックシャツにデニムや、ペールトーンのパンツに白無地のシャツなどです。ベージュやライトグレーなども春の定番カラーです。ライトブルーのニットにグレーのチノパンを合わせれば、春らしくおしゃれな装いになります。

コットンやリネンなど、軽い質感の素材で春らしさを表現することも重要なポイントです。同じテーラードジャケットでも、ウールとコットンでは季節感がまったく異なります。軽やかな色合いや質感のアイテムを採り入れ、春のおしゃれを満喫してください。

春のメンズファッションでは、こなれ感を演出しつつ、大人らしい上品さを残すのが秘訣(ひけつ)です。きれいめな雰囲気があるアイテムとしては、ニットやカーディガン、シャツ、チノパン、カジュアルなアイテムとしては、デニムやTシャツ、パーカ、ブルゾン、スニーカーなどがオススメです。あまりカジュアルになりすぎず、きれいめなアイテムを上手に採り入れてコーディネートすることが、品のあるファッションを作るコツです。ニットセーターにデニムを合わせてステンカラーコートをはおるなど、自分なりの春ファッションを楽しんでください。カジュアルなコーディネートが好みの方も、清潔感を損なわないようにすることが重要です。

スーツのような上品さを備えつつ、休日らしい抜け感が出せるセットアップ。シャツなどを合わせると、かっちりした印象が強くなりすぎるので、カットソーやスニーカーでカジュアルダウンするのがオススメです。例えばネイビーのセットアップにグレーのインナーを合わせ、袖をロールアップすると春らしいコーディネートになります。白のカットソーとスニーカーを合わせるのも、ベーシックで清潔感のあるコーディネートのひとつです。

コットン生地などのややカジュアル感が強いセットアップには、白のバンドカラーシャツなどを合わせると上品にまとまります。このとき、外しアイテムとしてあえて黒のスポーツサンダルを採り入れるとトレンド感のあるこなれた雰囲気になります。

ネイビーのジャケットとネイビーのハーフパンツを合わせた変則的なセットアップもオススメです。ペールトーンのポロシャツやブラウンのローファーなどを採り入れることで、上級者のおしゃれコーディネートに早変わります。

スプリングコートは春のコーディネートをワンランク格上げしてくれるアイテムです。スプリングコートとは、春らしいカラーや素材を使ったステンカラーコートやチェスターコートのことです。ロング丈ブームも相まって、うまくコーディネートに採り入れればトレンド感のある装いになります。ニットやシャツ、デニムなど、幅広いアイテムと相性がよいのでワードローブに1着はそろえておきたいアイテムです。

オススメのカラーはベージュとネイビー。まず、ベージュのステンカラーコートは春ファッションの万能アイテムといえます。ボーダーのカットソーやデニムと合わせれば、オフのリラックス感を表現できます。一方のネイビーのステンカラーコートもオーソドックスで着まわしやすいアイテムです。ブルーのシャツとスニーカーを合わせてシンプルに着こなしたり、白カットソーとグレーのデニムを合わせて大人のこなれ感を演出することができます。

そのほかにライトブルーのステンカラーコートをコーディネートの主役に据えてみるのもいいでしょう。このとき、インナーやボトムスはモノトーンなどの落ち着いた色みでまとめるのがポイントです。

80年~90年代にかけて流行したコーチジャケットは、気軽にストリート感を採り入れられるアイテムとして注目を集めています。もともとはアメフトのコーチが着用していたことからコーチジャケットと呼ばれるようになりました。ナイロンを使った薄手のジャケットは、スプリングコートと同様に、さまざまなアイテムと相性がいいので、ぜひとも用意しておきたいアイテムです。

しかし、コーチジャケットはカジュアル感が強いアイテムなので、モノトーンでまとめるのが、きれいめなコーディネートを作るポイントです。黒のコーチジャケットに白のパーカ、グレーのチェックパンツ、黒のスニーカーを合わせることで、カジュアルになりすぎず、適度に品のあるコーディネートに仕上がります。さらに上品にまとめたければ、タイトなシルエットを心がけましょう。逆にカジュアル感を出したければルーズなシルエットにしてください。

また、ベージュのコーチジャケットは優しい雰囲気を作るのにうってつけの一着です。コーチジャケットやカットソー、チノパンをすべてベージュ系で統一することで、柔らかく、上品なスタイルを作ることができます。コーチジャケットはナイロンだけでなくメルトン生地のものもあるので、素材の質感でアクセントを加える方法もあります。白のタートルネックニットにブルーのメルトン生地のコーチジャケット、デニム、黒のスニーカーなどを合わせてみても春らしい装いとなります。

MA-1はフライトジャケットとしてアメリカの空軍が採用していたものです。基本的にはシンプルなブルゾンで、ストリート系やミリタリー系のアイテムとして人気を博しています。春のコーディネートとも相性がよいので、積極的に採り入れてみましょう。

初めてのMA-1のカラーは着まわし力が高いカーキがオススメです。ブラックのタートルネックセーターにブラックのチノパンを合わせ、カーキのMA-1をはおるとスタイリッシュでおしゃれなコーディネートになります。

ミリタリー感を軽くしたい場合、白系のMA-1を選ぶといいでしょう。白のパーカや白のスニーカーなど、色をそろえて統一感を出すことで、ミリタリーアイテムならではの武骨さが軽減され、品よくまとまります。反対にジャケットもパンツも迷彩柄にすることで、よりカジュアルスタイルを楽しむことができます。コーディネートを引き締めたいときは黒のMA-1を活用します。

春 ファッション メンズ02

まだ肌寒い日もある春は、ニットセーターがオススメです。ニットは目が荒いほどカジュアルに、細かいほど上品な印象になるので、目指すコーディネートに合わせてチョイスしましょう。特にハイゲージニットはきれいめなスタイルを作るうえでは欠かせないアイテムのひとつです。

春らしいコーディネートなら、ハイゲージニットの上からテーラードジャケットをはおったり、シャツをインナーにして襟をのぞかせたりするのがオススメです。さらに春らしさを出すなら華やかカラーを選ぶといいでしょう。例えば淡いイエローニットにグレーのチェックパンツを合わせるだけで、簡単に春らしいコーディネートが完成します。

生地の途中で色が切り替わるカラーブロックニットも春ファッションに採り入れたいアイテムです。しかし、やや派手な印象を与えてしまうので、パンツやシューズは落ち着いた色味を選ぶのがポイントです。また、トレンド感のあるチルデンニットを採り入れる方法もあります。チルデンニットは胸元がざっくり開いたVネックニットで、ネックラインに太いストライプ柄が入っています。白のチルデンニットに黒のパンツ、ネイビーのスプリングコートなどを合わせれば、トレンド感のある着こなしとなります。

デニム生地のアイテムは春ファッションには欠かせないアイテムです。ただ、コーディネートに占める面積が大きくなればなるほどカジュアル感が強くなるため、全体のバランスに注意しましょう。上品なコーディネートにするのなら、デニムはなるべくスリムなシルエットのものを選ぶのが賢明です。色落ち加工が施されたデニムなども、細身にすることでまとめやすくなります。

コーディネートの参考としては、オーソドックスなデニムと、白のカットソーにネイビーのニットセーターを合わせることで、ネイビーを基調とした清潔感のある着こなしが実現します。ウォッシュ加工が施されたビンテージデニムも、ベージュのロング丈コートを合わせれば上品なコーディネートに仕上がります。

もう少しカジュアルなコーディネートがお好みなら、濃紺のデニムに濃紺のデニムシャツを合わせ、セットアップのように着こなすのもオススメです。インナーやシューズに白を選べば、清潔感もアップするはず。マリンボーダーのカットソーにビッグシルエットのデニムシャツを合わせるスタイルも抜け感があり、おしゃれなスタイルです。

アウトドア人気の広まりに伴って、マウンテンパーカといったアウトドアアイテムが街で存在感を発揮しています。マウンテンパーカは名称のとおり、もともとアウトドア向けのアウターなので、機能性に優れ、寒い日や雨の日に重宝します。コーディネートにほどよくアウトドアのカジュアルさを採り入れたい人にはオススメのアイテムです。

例えば、黒のマウンテンパーカに白のボーダーカットソー、黒のチノパンなどを合わせるモノトーンスタイルなら、カジュアルさはありつつ、品よくまとまります。パンツやインナー、パーカをネイビーでまとめ、白のスニーカーをアクセントにするコーディネートもおしゃれです。もちろん、レッドやアイボリー、イエロー、カーキなどの鮮やかなカラーを選んでコーディネートの主役にするのもいいでしょう。ジョガーパンツやダッドスニーカーと合わせればカジュアルなコーディネートを思いきり楽しめます。しかし、色みは落ち着いたトーンで統一するのが無難といえます。

春のファッションアイテムとして、Gジャンもオススメです。シンプルなデザインのTシャツと合わせるだけで、簡単にコーディネートが完成します。しかしGジャンはカジュアルな印象が強いため、パンツはなるべく上品なチノパンやスラックスにするのがオススメです。

Gジャンのコーディネートに迷ったら、まずはインディゴブルーのGジャンに白のTシャツ、ベージュのチノパンを合わせる王道スタイルがオススメ。清潔感があり、大人っぽい雰囲気を演出できます。また、Gジャンに春らしいペールトーンのTシャツを合わせるのも味のあるコーディネートになります。ビッグシルエットのTシャツをベージュのテーパードパンツにタックインすれば、トレンド感のある着こなしとなります。

ウォッシュ加工のGジャンを採り入れるときは、ボーダー柄のような清潔感のあるTシャツを合わせるといいでしょう。ボトムスとシューズを黒でそろえれば、雰囲気が引き締めながらも爽やかな印象を与えます。

襟が大きく開いたデザインのオープンカラーシャツはゆったりしたスタイルを演出したいときにもってこいのアイテムです。トレンド感もあり、爽やかな雰囲気になるので、春ファッションにぜひ採り入れてみてください。

オープンカラーシャツを春のコーディネートに採り入れるときは長袖がおすすめです。暑く感じたら袖をまくってこなれ感を出すのも、オススメの着こなしです。

光沢感があるベージュのオープンカラーシャツに黒のパンツを合わせる着こなしは、大人の落ち着きを感じさせる基本形です。インナーとスニーカーを白でそろえれば清潔感も加わります。

より大人っぽくまとめたいときは、ネイビーのオープンカラーシャツに黒のパンツ、黒のローファーを合わせるスタイルもおすすめです。オープンカラーのリラックス感とダークトーンの落ち着きがバランスよく共存する大人の着こなしになります。

意外性を狙うなら、ビッグシルエットのオープンカラーシャツのボタンを開け、アウターとしてはおるスタイルも試す価値があります。グレーやブラウン、ベージュなどの控えめな色みで清潔感を表現することで、カジュアルになりすぎず、きれいにまとまります。

3fb5ed13afe8714a7e5d13ee506003dd-2

春ファッションでは、スポーティーな印象を与えるリュックサックもおすすめのアイテムです。ただし、装飾が多いとカジュアルな印象が強くなるので、なるべく無地でシンプルなリュックサックを選ぶのがポイントです。特に、黒のリュックサックはモード感があり、大人のファッションにも採り入れやすいです。

赤のマウンテンパーカーに黒のリュックサック、黒のパンツなどを合わせれば、ほどよく引き締まったコーディネートになります。ライダースジャケットにデニム、レザーシューズといったコーディネートにも黒のリュックは合います。あえて、落ち着いたトーンの春ファッションに派手なデザインのリュックサックを合わせてアクセントにするのも面白いです。

春のファッションで男らしさを前面に押し出したい人にはライダースジャケットがオススメです。アメカジブームで人気が再燃しているライダースジャケットはワイルドで武骨な印象がありますが、着こなし次第ではスタイリッシュな雰囲気にもなります。はおるだけで様になるライダースジャケットは、1着用意しておいても損はないでしょう。

王道なのは、ジャストサイズのライダースジャケットに細身のデニムを合わせるスタイルです。白のTシャツにスニーカーを合わせることで、定番のコーディネートが完成します。春らしい爽やかさを加えるならば、インナーにペールトーンのイエローのシャツを選ぶといいでしょう。カーキのTシャツもライダースジャケットと相性がよいので、自分好みの雰囲気が作れるインナーを模索してみましょう。

ジョガーパンツやスウェットパンツはラフな印象の強いアイテムですが、大人の休日コーデを作るうえで大活用します。ジョガーパンツもスウェットパンツも、どちらもカジュアルな印象が強いですが、カラーをカーキやグレー、ネイビーといった落ち着いた色にすることでリラックス感を残しつつも、品のあるコーディネートにまとめることができます。パーカーとジョガーパンツ、スニーカーをモノトーンで統一した組み合わせは、快適なワンマイルウエアとしても活躍してくれます。

裾に向かって細くなるシルエットのテーパードパンツは、どんなコーディネートとも相性がよく、春ファッションで重宝するアイテムのひとつです。スキニーパンツよりも汎用性が高く、スタイルをよく見せてくれるのも特徴といえます。革靴とも相性がよく、バンツをロールアップして穿くことで軽快さが加わり、春らしいコーディネートになります。

そのほかにも、ベージュのテーパードパンツにベージュのテーラードジャケット、白のインナーを合わせたセットアップ風コーディネートもオススメです。ベージュなので柔らかい印象になり、黒の革靴を履けば全体の雰囲気も引き締まります。

黒のテーパードパンツであれば、白シャツ、カーキのMA-1を合わせるスタイルが清潔感がある春らしい着こなしとなります。このとき、パンツと同じ黒の革靴を合わせることで脚長効果が得られます。

襟先をボタンで留めるボタンダウンシャツはドレスシャツに比べてカジュアルな印象があります。しかし、オン・オフどちらでも使えるのもボタンダウンシャツの特徴。春のファッションに採り入れれば、ほどよく抜け感のあるおしゃれを楽しむことができます。

例えば、サックスブルーのボタンダウンシャツにグレーのチノパン、白のスニーカーを合わせる着こなし。休日のリラックス感と大人の品を同時に表現できます。柄を採り入れるのならギンガムチェックのボタンダウンシャツがオススメ。デニムにタックインすることで、爽やかでおしゃれなスタイルになります。デニムの裾をロールアップしてスニーカーを履くことで軽快さも加わります。

メンズの春ファッションでは、春らしいカラーリングや素材を選ぶことが重要です。そのうえで上品さとカジュアルさのバランスを考慮した着こなしを作ります。

メンズの春ファッションで重宝するアイテムとして、スプリングコートやハイゲージニット、デニム、MA-1、ボタンダウンシャツなどを挙げました。紹介したコーディネートを参考に、自分の狙うテイストをまず見定め、春のおしゃれを存分に楽しんでください。

買えるアエラスタイルマガジン
AERA STYLE MARKET

装いアイテム

おすすめアイテム

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 半蔵門『三貴苑』で“麺喰い”マッチも驚く<br>絶品つけめんに舌つづみ!<br>マッチと町中華。【第12回】

    半蔵門『三貴苑』で“麺喰い”マッチも驚く
    絶品つけめんに舌つづみ!
    マッチと町中華。【第12回】

    週末の過ごし方

    2024.04.12

  2. なじみの街、浜松町「東海飯店」で<br>MCマッチ!?が餃子を頰ばり“生トーク”!<br>マッチと町中華。【第11回】

    なじみの街、浜松町「東海飯店」で
    MCマッチ!?が餃子を頰ばり“生トーク”!
    マッチと町中華。【第11回】

    週末の過ごし方

    2024.03.29

  3. ホテルインディゴ軽井沢で、<br>憧れの“別荘時間”を楽しむ。

    ホテルインディゴ軽井沢で、
    憧れの“別荘時間”を楽しむ。

    週末の過ごし方

    2024.04.15

  4. 発売を記念したポップアップストアも登場!<br>「ボス」のブランドアンバサダー・大谷翔平選手との<br>新作カプセルコレクションを発表。

    発売を記念したポップアップストアも登場!
    「ボス」のブランドアンバサダー・大谷翔平選手との
    新作カプセルコレクションを発表。

    カジュアルウェア

    2024.04.11

  5. よりカジュアルに楽しめる!<br>本場イタリアを思わせる陽気なトラットリアとして、<br>青山グランドホテル20階に“大人の食堂”が誕生。

    よりカジュアルに楽しめる!
    本場イタリアを思わせる陽気なトラットリアとして、
    青山グランドホテル20階に“大人の食堂”が誕生。

    週末の過ごし方

    2024.04.10

紳士の雑学