週末の過ごし方

『このサイテーな世界の終わり』
いま観るべき、おしゃれな海外ドラマとは? #17

2022.03.17

写真・図版

ジェームスは17歳にして、自分のことをサイコパスだと思い込んでいた。8歳で冗談は嫌いだということに気づき、よく冗談を言う父親をいつも殴りたいと思っていた。痛みを感じてみたくて、フライヤーに手を突っ込んでみたこともある。15歳のとき、父親にもらった狩猟ナイフで猫をあやめた。それから欲求はエスカレートし、もっと大きな獲物をあやめたくなったのだ。

アリッサは転校生。常に感情が爆発しそうなくらいイライラしている。目の前にいるのにメッセージを送ってくる友人にイラついて、スマホを床に投げつけるほどだ。新しい父親はアリッサのブラジャーのことにまで口を出してくる。母親はその父親の言いなりで、ふたりのあいだにできた双子の世話につきっきりだ。誕生日にはいつも実の父親からカードが届く。アリッサはひそかに、それを楽しみにしていた。

アリッサには、気になる男の子がいた。いつも音楽を聴きながらひとりランチをしているジェームスだ。
「スケボーしてたでしょ? ヘタクソ」
「うるさい」
不器用なふたりが交わした初めての会話。ジェームスは、アリッサはもってこいの“獲物”だと確信した。気のあるそぶりをして、“計画”を実行しようとたくらむ。

ふたりは普通の恋人同士がするようなデートをすることにした。アリッサはデートに出かけようとするも、家族のパーティーに付き合わされなかなか外出できない。イラつきながらも手伝っていると、新しい父親がアリッサの腰に手を回してきた。母親は嫉妬をするような冷たい視線で見て見ぬふりをする。

なにもかもが嫌になったアリッサは家を飛び出し、ジェームスの家に向かい、「街から出よう」と言う。いつも殴りたいと思っていた父親を殴って車を奪い、アリッサと共にあてもなく走りはじめる。アリッサは今までにない解放感と自由を満喫していた。ジェームスがどうやって“計画”を実行しようかと、ひそかに考えているとは知らずに……。

次ページ旅をとおして二人が見つけたものとは?

1 2 Next

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ144
    レザースニーカーの新エースは、オン・オフ使える二刀流。
    おまけにイタリア生まれでコスパ最強!?

    カジュアルウェア

    2022.06.14

  2. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ145
    夏の定番スタイルをオシャレに激変させる究極の一撃!
    その必殺技アイテムの使い方を解説。

    カジュアルウェア

    2022.06.20

  3. 写真・図版

    時間を忘れる喫茶店
    [部長の名店。ひとり気ままにノスタルジックランチ]
    パーラーキムラヤ

    接待と手土産

    2022.06.17

  4. 写真・図版

    3%台の超難関テスト、出費、体力消耗……
    過酷な女子プロゴルフ界で際立つ鉄人・小祝さくら。

    週末の過ごし方

    2022.06.15

  5. 写真・図版

    俳優・塩野瑛久が魅了する、ジュエリーの真価。
    #02 フレッド

    小物

    2022.06.22

紳士の雑学