カジュアルウェア

ファッショントレンドスナップ143
好感度を上げるスーツスタイルのポイントはネクタイとアクセサリー。
できるビジネスマンを目指すならこれ!

2022.06.07

写真・図版

「百貨店でスーツの売り上げがV字回復」「テーラードスーツが復活の兆し」といった話を最近よく耳にするようになりました。

これは、コロナ禍のなかで2年以上もの間、スーツの着用が減り、久々にスーツを着てみたらサイズが合わなかったとか、なんとなく古臭く見えたといった理由で、スーツの買い替え需要が高まっているから。

特に最近は、対面でないと決定できない重要案件の契約、重要な取引先との会食やミーティングなどのときには、キチッとしたスーツが欠かせないと再認識している人が急増。

いくら話題になったからといってもパジャマスーツで出勤はできないし、トレンドのビッグシルエットのスーツは、相手先や着ていく場所を選ぶのでいざというシーンでは着用を控えてしまいがち。そうした諸々の事情から、改めてテーラードのスーツのよさが見直されているのもうなずけます。

写真・図版

そこで今回は、クールビズに突入する時期でありながらも、あえてクラシックなスーツスタイルを深掘りしてみたいと思います。ご指南いただいたのは、リヴェラーノ & リヴェラーノ ジャパンの代表の横川誠人さん。

「ヨーロッパでは、ノーネクタイでジャケットもほとんど着ないという、日本的なクールビズの慣習はほとんどなく、ネクタイをして働いたほうが仕事にいい影響を及ぼすと考えている人や、ある一定の職種の人は真夏でもネクタイにスーツを愛用しており、伝統的な服装のルールやクラス社会でのマナーが、パンデミックで大きく変わることはあまりなかったようです。最近は日本の若い人たちのなかにも、クラシックなスーツスタイルを見直す傾向が出てきているように感じています」と横川さん。

確かに、横川さんを見ていると、スーツ&ネクタイは男の品格をアップし、できる男に見せる王道パターンだということがわかります。スーツのデザインは、トレンドを追ってはいませんが、サイズ感が完璧で上質なネイビーの生地と相まって、ラグジュアリーなオーラまで感じられますね。

次ページ好感度を上げるポイントはネクタイとアクセサリー使い。

1 2 Next

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    伊勢丹新宿店 メンズ館地下1階 紳士靴
    スタイリスト 佐藤 魁さん
    この人から買いたい、この一品

    特別インタビュー

    2022.09.16

  2. 写真・図版

    ローマの旅路動画を公開!
    アンバサダーである山下智久が、
    ブルガリ本店&工房を訪問。

    週末の過ごし方

    2022.09.12

  3. 写真・図版

    黒スーツ(ブラックスーツ)はビジネスでOK?
    着こなしのポイントやコーディネートを解説

    スーツ

    2022.09.16

  4. 写真・図版

    「ポアール・デ・ロワ」のフルーツソルベ
    自慢の手土産 #98

    接待と手土産

    2022.09.21

  5. 写真・図版

    ユニクロ ユーの新作が登場!
    生活を豊かにする機能性と汎用性に優れた、
    2022年秋冬コレクション。

    カジュアルウェア

    2022.09.22

紳士の雑学