PROMOTION

カジュアルウェア

五郎丸 歩、ラルフ ローレンの
「ポロシャツ生誕50周年」に思うこと。

2022.07.30

写真・図版
ポロシャツ¥18,700、パンツ¥25,300、ジャケット参考商品、ベルト¥20,900、時計¥234,300(すべてポロ ラルフ ローレン)

ラルフ ローレンのポロシャツとのお付き合いは、ずいぶん長いものになります。子供の頃、家族でどこかへ出かける際にいつも着せてもらっていたことを覚えています。窮屈なことを好まない子供でも受け入れられる快適さと、誰と会っても失礼ではない、ハレのシチュエーションにふさわしい品格を兼ね備えているのは、ラルフ ローレンのポロシャツが持っている最大の個性ではないでしょうか。

写真・図版
ポロシャツ¥19,800、パンツ¥23,100、ベルト参考商品、時計¥234,300(すべてポロ ラルフ ローレン)

ラグビーとの親和性も感じています。紳士のスポーツと言われることがありますが、合計30人という、最大規模の人数でプレーするので、エゴだけではゲームは成立しません。感情をコントロールしながらチームが一丸となって試合に向かいます。そして試合後は敵味方の壁を超え“No Side”の精神で互いのプレーをたたえ合います。そういうラグビーの文化的ともいえる背景は、ポロシャツに代表されるようなラルフ ローレンのブランドイメージと共通するものがあるように思います。マッチョでもなくフェミニンでもない、普遍的なデザインだからこそ、ジェンダーやジェネレーションを超えて愛されていますが、これは生みの親であるMr.ラルフ・ローレンがエゴでデザインワークをしていないことに起因するのではないでしょうか。ラグビーのOne for allの精神と共通するものですよね。

写真・図版
ポロシャツ¥22,000、パンツ¥23,100、ベルト参考商品、時計¥234,300(すべてポロ ラルフ ローレン)

私自身は、2021年度シーズンで現役を引退し、ラグビー新リーグ「JAPAN RUGBY LEAGUE ONE」に参戦している静岡ブルーレヴズのマネジメントスタッフとして、新しいステージに立ちました。DIVISION1では唯一の地方都市のチームであり、前例がないことだからこそ、大いにやりがいを感じています。これからは、ラグビー新リーグが多くの人に愛されるよう尽力したいです。そう、まさにラルフ ローレンのポロシャツのように、世代や性別を超えて……。(談)

ラルフ ローレンのポロシャツを詳しく知るにはコチラ

五郎丸 歩(ごろうまる・あゆむ)
1986年生まれ。元ラグビー日本代表。ラグビーワールドカップ2015イングランド大会に出場し、強豪南アフリカから歴史的勝利をあげると共に、大会ベスト15にも選出された。

豊富なカラーバリエーションと、
記念書籍が「50周年」を盛り上げる。

写真・図版

ポロシャツの詳細はコチラ

写真・図版
ポロシャツ生誕50周年を記念した書籍が、5色(ブルー、グリーン、ネイビー、オレンジ、イエロー)のカバーで刊行。発売直後から注文が殺到し、すぐに完売してしまった(次回入荷未定)。

問/ラルフ ローレン 0120-3274-20
公式オンラインストア/ ralphlauren.co.jp

掲載した商品はすべて税込み価格です。

Photograph: Sunao Ohmori(TABLE ROCK.INC)
Styling: Kohei Kubo (QUILT)
Hair & Make-up: Ryo(COME HAIR)
Text: Toshie Tanaka(KIMITERASU)

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    1億円のコラボ作品も⋯⋯
    多才なアーティスト・三浦大地、
    自身初の個展を伊勢丹新宿店で開催中。

    特別インタビュー

    2022.07.29

  2. 写真・図版

    井桁弘恵さんと巡る、TOKYO写真探訪。
    第4回 中央区銀座

    週末の過ごし方

    2022.08.10

  3. 写真・図版

    日本限定のスペシャルコレクション!
    ジミー チュウが、藍染の作り手
    「BUAISOU」とコラボレーション。

    小物

    2022.08.09

  4. 写真・図版

    全英女子3位の渋野日向子、“心”変えて「V字回復」……
    予感させる好調のビッグウェーブ。

    週末の過ごし方

    2022.08.12

  5. 写真・図版

    『TIME』誌で“世界一快適な靴”と称された、
    オールバーズのスニーカー

    2022.08.01

紳士の雑学