接待と手土産

「佐嘉平川屋」の佐嘉おぼろ
自慢の手土産 #95

2022.08.09

材料は大豆、水、にがりのみと極めてシンプル。佐賀県は全国でも有数の大豆の栽培地だが、なかでも国産品種の「フクユタカ」は、独特の風味と豆腐になったときの弾力が素晴らしく、この大豆なしでは、この豆腐は作れないそうだ。作り方は、大豆を水に漬ける「浸漬」、大豆をペースト状にする「すり」、すり潰した大豆の「煮込み」の3工程の豆乳作りが基本。その後に、おぼろやもめんなどに分かれる、至って普通の作り方。この単純な作業のなかで、ここまでうまい豆腐に仕上げているものは何なのか。

材料も工程もシンプルがゆえに、手抜きをすればそれがすぐに味に出る。気温や大豆の状態を見極めながら浸す時間、絞り方、炊き方を変えて、毎日同じ豆腐が作れる技術こそが職人技。営業企画課長の原田正貴さんによると、高い技術力に加え、手抜きをしない真面目さやなんでも言い合えるチームワークなど、何かひとつでも欠けるとおいしい豆腐は作れないという。スタッフは30代が中心。みんな平川屋の豆腐の大ファンなのだそうだ。

大豆畑に囲まれた佐賀で、真摯(しんし)なチームが作り出す、絶品豆腐。おいしくて身体にもやさしくて、それでいて食卓を華やかにしてくれるこの豆腐は、きっと活躍する場面も多いはずだ。

写真・図版

佐嘉平川屋
佐賀県武雄市北方町大字志久600-1
価格/極上とうふ 佐嘉おぼろ(木箱入り)1.3kg 4320円 ※税込み・送料込み
問/0120-35-4112
https://www.saga-hirakawaya.jp/


<<すべて実食! 自慢の手土産 #94「笹一」の蒸し鮨


過去の手土産の記事はこちら

Edit & Text:Yuka Kumano

1 2 Next

買えるアエラスタイルマガジン
AERA STYLE MARKET

装いアイテム

おすすめアイテム

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    トム・クルーズが引き金? ボア付きジャケットの人気が再燃!
    着こなし方のポイントを解説。
    ファッショントレンドスナップ166

    カジュアルウェア

    2022.12.02

  2. 写真・図版

    上白石萌歌さんと巡る、横浜“昭和クラシック”紀行。
    第1回 ホテルニューグランド

    週末の過ごし方

    2022.12.01

  3. 写真・図版

    日本ではあまり見かけない!?
    定番バーバリーの、マフラーの意外な巻き方とは?
    ファッショントレンドスナップ164

    カジュアルウェア

    2022.11.15

  4. 写真・図版

    貴島明日香さんと行く、ニューノーマル時代の“一人飲み”案内。
    第5回 下北沢 胃袋にズキュン はなれ

    週末の過ごし方

    2022.11.30

  5. 写真・図版

    ジョージ ジェンセン
    [俳優・桜田 通、美しきジュエリーと。]

    小物

    2022.12.01

紳士の雑学