接待と手土産

「天たつ」の汐うに
自慢の手土産 #97

2022.09.06

もともと福井の近くの浜のバフンウニだけを使っていたが、今は全国の産地を訪問し、地場の漁師から上質なウニを調達している。同じバフンウニでも浜によってさまざまで、本当に個性豊か。それぞれの浜の特徴あるウニを組み合わせて最高の味に仕上げているのだそう。「ご先祖様には叱られそうですが、自分の作る汐うにが一番おいしいと思っています」と笑う。

贈答用には、汐うにと「粉うに」「干うに」が詰め合わせになった「天たつ雲丹三昧詰合せ」がおすすめだ。小さな陶器に入った汐うには、酒肴(しゅこう)にはもちろん海苔を巻いて小さなおにぎりにしても絶品だった。竹の筒に入った粉うには、炊き立ての白いご飯や、ゆで立てのパスタに振りかけるだけで立派な一品料理に変身し、ミモレットのチーズを思わせる実に濃厚な味わいの干うには、日本酒に限らず、冷えた白ワインやシャンパンにもよく合う。

江戸時代の貴重な福井城本丸の地図を、今でも包装紙に使っているのは、藩主の御用商人だったという誇りから。上質なウニと塩のみを使い、添加物などは使用せず、お客さまが喜ぶ味をひたすら追求するという姿勢につながっている。この貴重なウニたちが食卓を華やかにしてくれるのは間違いなしだ。

写真・図版

天たつ
福井県福井市順化2-7-17
営業時間/9:00~18:00
定休日/年中無休(年末年始を除く)
価格/天たつ雲丹三昧詰合せ1万6740円 ※税込み
問/0800-400-5252
https://www.tentatu.com/

<<すべて実食! 自慢の手土産 #96「招福楼」のえぞ鮑やわらか煮

過去の手土産の記事はこちら

Edit & Text:Yuka Kumano

1 2 Next

買えるアエラスタイルマガジン
AERA STYLE MARKET

装いアイテム

おすすめアイテム

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    トム・クルーズが引き金? ボア付きジャケットの人気が再燃!
    着こなし方のポイントを解説。
    ファッショントレンドスナップ166

    カジュアルウェア

    2022.12.02

  2. 写真・図版

    上白石萌歌さんと巡る、横浜“昭和クラシック”紀行。
    第1回 ホテルニューグランド

    週末の過ごし方

    2022.12.01

  3. 写真・図版

    日本ではあまり見かけない!?
    定番バーバリーの、マフラーの意外な巻き方とは?
    ファッショントレンドスナップ164

    カジュアルウェア

    2022.11.15

  4. 写真・図版

    貴島明日香さんと行く、ニューノーマル時代の“一人飲み”案内。
    第5回 下北沢 胃袋にズキュン はなれ

    週末の過ごし方

    2022.11.30

  5. 写真・図版

    ジョージ ジェンセン
    [俳優・桜田 通、美しきジュエリーと。]

    小物

    2022.12.01

紳士の雑学