お酒

McSORLEY’S OLD ALE HOUSE
【第3回】
[ニューヨーク、 バーが伝える高揚、洒脱、そして文化。]

2024.01.19

パンデミックを経て、ニューヨークは何が変わり、何が変わらず、何を今伝えたいのか。人々が集うバーを巡り、“ニューヨークの思い”を探ってみると……。

<<【第2回】はこちらから

歴史的酒場が街に愛されつづける理由

NY バー事情3_McSORLEY’S OLD HOUSE1 1050_1

NYCは日々目まぐるしく変化しつづけてきた街である。その一方で、変わらないことを実直に大切に守ってきてもいるようだ。「McSorleyʼs Old Ale House」は、イーストヴィレッジにある。創業はなんと1854年! 日本の江戸時代末期から続いている。創業当時からほとんど変わっておらず、飲み物はライトとダークのエールビールのみ。1オーダーで小さめのジョッキに2杯出てくるのも同じだ。

  • NY バー事情3_McSORLEY’S OLD HOUSE2 500_2
    McSORLEY’S OLD ALE HOUSE
    15 E 7th St, New York, NY 10003
    https://mcsorleysoldalehouse.nyc/
  • NY バー事情3_McSORLEY’S OLD HOUSE3 500_3
    現オーナーのテレサ・マーハーさんほか、店は家族や親戚で切り盛りしている。1オーダーで2杯出てくるスタイルは、開業当時から変わらない。飲み物はダークとライトのエール(ビール)のみ。

現オーナーであるテレサ・マーハーさんは、先代の娘。今は夫と共にこの酒場を守っている。170年近い歴史のなかには、パンデミックや911を乗り越えてきただけでなく、禁酒法や女人禁制の過去もある。

バーの多様性は加速する一方だ。そんななか、「McSorleyʼs」初の女主人は、変化への対処に悩んだこともあったそうだ。しかし周りに気を取られるのではなく、この店を訪れる人だけに集中せよという先代の言葉に覚悟を決めた。

だから飲み物はワインも出さない。つまみの一番人気はずっとチーズとスライスオニオンとクラッカー。シンプルで在りつづけることが、らしさとなりスタイルへと昇華していく。生き馬の目を抜く街で己を見失わないでいることがいかに難しいかは、たやすく想像できる。そんな店がずっと同じ場所に同じ眺めでいてくれる。それもNYCの紛れもない一面なのだ。

【第4回】へ続く>>

「アエラスタイルマガジンVOL.55 AUTUMN/WINTER 2023」より転載

Photograph: Kosuke Mae
Coordination: Yasuyo Hibino
Edit & Text: Toshie Tanaka(KIMITERASU)

買えるアエラスタイルマガジン
AERA STYLE MARKET

装いアイテム

おすすめアイテム

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 俳優・町田啓太と考える、装う美学。<br>春恋しい、「如月」のブルゾン。<br>【第二期】

    俳優・町田啓太と考える、装う美学。
    春恋しい、「如月」のブルゾン。
    【第二期】

    週末の過ごし方

    2024.02.09

  2. ユニクロのスーツ<br>ビジネスからセレモニーまで。<br>アンダー3万円で探すコスパ抜群なスーツ

    ユニクロのスーツ
    ビジネスからセレモニーまで。
    アンダー3万円で探すコスパ抜群なスーツ

    スーツ

    2024.02.19

  3. 町田啓太さんからのスペシャルメッセージ!<br>次世代スポットでのロケの感想は……?

    町田啓太さんからのスペシャルメッセージ!
    次世代スポットでのロケの感想は……?

    週末の過ごし方

    2024.02.26

  4. 神楽坂『龍朋』のりゅうほうめんでマッチのハートに火が付く!<br>マッチと町中華【第10回】

    神楽坂『龍朋』のりゅうほうめんでマッチのハートに火が付く!
    マッチと町中華【第10回】

    週末の過ごし方

    2024.02.02

  5. もしも香港出張が入ったら? 最新香港街歩き。

    もしも香港出張が入ったら? 最新香港街歩き。

    お酒

    2024.02.28

紳士の雑学