旅と暮らし

東京ミッドタウン・ガーデンに「SMIRNOFF(R) MIDPARK CAFE」がオープン!

2017.07.20

写真・図版

東京ミッドタウンの人気スポット、緑に囲まれた心地よい空間のミッドタウン・ガーデンに今夏もカフェがオープンする。9年目を迎える今年は、世界中で人気のウォッカブランド「スミノフ(R)」が楽しめる「SMIRNOFF(R) MIDPARK CAFE(R) ミッドパーク カフェ)」。ビアガーデンならぬ“スミノフガーデン”ということだ。

注目したいのは、ここでしか味わえないスミノフを使ったフレッシュカクテル。目にも美味しい鮮やかなカクテルは、夏のうだるような暑さを吹き飛ばしてくれること間違いなし。また、ウォッカと相性がいいこだわりのフードメニューもお客様を出迎えてくれる。男性には特にボリュームたっぷりの肉料理をおすすめしたい。チキンにビーフにポーク。三種類の肉とスミノフ限定カクテルを一緒に楽しめるのは、まさにココだけだ。

写真・図版
オレンジやクランベリー、ローズが入った色鮮やかな「クランベリー シトラスパンチ」。マスカットやキウイが入った爽やかな「グリーン ハーバルパンチ」。6~7杯分のカクテルが入ったパーティーパンチボウル 各¥3,500
写真・図版
3種類の肉料理にサイドメニューがついたBBQプレート。ブルーベリーマスタードとグリーンハーブの2種類のソースで楽しめるロティサリーBBQパーティセット(2~3名用)¥2,900
  • 写真・図版
    レモンを半分絞って入れた、甘酸っぱさが際立つカクテル。スミノフ(TM) フレッシュ スクイーズドレモネード¥500
  • 写真・図版
    フレッシュなオレンジの酸味が飲みやすいウォッカカクテル。丸ごとオレンジを使ったスクリュードライバー¥900

ひと通り、食事とお酒を楽しんだら、隣の芝生広場に目を向けてほしい。「ひかり花火」と「ひかりの清流」のイルミネーションが、一日の疲れを癒やしてくれるはずだ。今年は、東京ミッドタウン開業10周年を記念し、8月10日~13日の4日間限定でホンモノの仕掛け花火約300発を使った演出も行われるという。この日を狙って行くのもありだが、席の確保だけは忘れずに。

仕事帰りに一杯飲むもよし、デートで使うもよし。この時季だからこそ楽しめる、“外飲み”の醍醐味をミッドタウン・ガーデンで体感しよう。

  • 写真・図版
    ウッドブランコに座りながら、カクテルを楽しむ。海外に来たような気分を味わえるかも!?
  • 写真・図版
    夏の夜を彩るイルミネーションは、壮大なミュージックとともに。

掲載した商品はすべて税込み価格になります。

<問い合わせ>
住所/東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・ガーデン
期間/2017年8月31(木)まで ※荒天中止
営業時間/17:00~22:00(LO 21:30)
※土日祝、8月11日(金・祝)~8月20日(日)は12:00オープン
席数/100席程度(予約不可)

買えるアエラスタイルマガジン
AERA STYLE MARKET

装いアイテム

おすすめアイテム

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    日本ではあまり見かけない!?
    定番バーバリーの、マフラーの意外な巻き方とは?
    ファッショントレンドスナップ164

    カジュアルウェア

    2022.11.15

  2. 写真・図版

    トム・クルーズが引き金? ボア付きジャケットの人気が再燃!
    着こなし方のポイントを解説。
    ファッショントレンドスナップ 166

    カジュアルウェア

    2022.12.02

  3. 写真・図版

    上白石萌歌さんと巡る、横浜“昭和クラシック”紀行。
    第1回 ホテルニューグランド

    週末の過ごし方

    2022.12.01

  4. 写真・図版

    貴島明日香さんと行く、ニューノーマル時代の“一人飲み”案内。
    第5回 下北沢 胃袋にズキュン はなれ

    週末の過ごし方

    2022.11.30

  5. 写真・図版

    ジョージ ジェンセン
    [俳優・桜田 通、美しきジュエリーと。]

    小物

    2022.12.01

紳士の雑学