旅と暮らし

東京の玄関口で、
温かなホスピタリティーと最先端のフレンチを
[部長の名店]

2017.10.25

東京の玄関口で、<br>温かなホスピタリティーと最先端のフレンチを<br>[部長の名店]
『42℃でゆっくり火を通した北海道産時鮭のコンフィ、爽やかなレモンの香り 白糠町から届いた旬の貝とイカスミのチュイル たっぷりのイクラで仕立てた南仏風アイオリソース』(3,600円)。しっとりきめ細かな身質に鮭本来の甘みが感じられる。イクラのコクを生かしたソースを添えると、海のミネラルを感じるとろけるような味わいに。

さまざまな企業で働く部長たちに聞いた「名店」をご紹介します。

皇居、国会議事堂、新宿の高層ビル群など東京を象徴する景観を一望できる丸ビルの35階。南仏の天才シェフ、プルセル兄弟の哲学を継ぐフレンチの名店にはプライベートからビジネスまでさまざまなゲストが訪れる。訪日客も多く、料理長の鴨田 猛氏いわく「首都の玄関ともいえるロケーション。全国の厳選食材を使い、“日本のプルセル・キュイジーヌ”としての提案を心がけています」。

1050_MTN9622

秋の新メニューは滑らかなじゃがいもの冷製スープとサクサクした生地に包んだ新秋刀魚を組み合わせたスペシャリテ(2,800円)。温と冷、大地と海のものの対比が一体となる驚き。ハレの日にふさわしい華のあるひと皿である。

400_MST0374

部長いわく「インド駐在後、帰任祝いをしていただいた思い出の場所。とてもぜいたくで、ただただいい空気が流れていました」。丸ビルという場所柄ゆえ、男性二人でも違和感がない。子連れ客への細やかなホスピタリティーも定評がある。家族の記念日、親戚の集まりも安心して相談できる。

Photograph:Reiko Masutani
Text:Akane Matsumoto

買えるアエラスタイルマガジン
AERA STYLE MARKET

装いアイテム

おすすめアイテム

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 笹塚の超穴場町中華「昭和軒」で<br>マッチが“昭和”にタイムスリップ!? <br>マッチと町中華。【第13回】

    笹塚の超穴場町中華「昭和軒」で
    マッチが“昭和”にタイムスリップ!?
    マッチと町中華。【第13回】

    週末の過ごし方

    2024.04.26

  2. 俳優・町田啓太と考える、装う美学。<br>心を解き放つ、「皐月」のスーツ。<br>【第二期】

    俳優・町田啓太と考える、装う美学。
    心を解き放つ、「皐月」のスーツ。
    【第二期】

    週末の過ごし方

    2024.05.17

  3. 時を駆けて、クラシックを知る。<br>─旅する町田啓太とトッズのいい関係─

    時を駆けて、クラシックを知る。
    ─旅する町田啓太とトッズのいい関係─

    特別インタビュー

    2024.05.10

  4. 水上恒司、感性を刺激する旅へ。 【前編】<br>─マセラティ MC20 チェロを駆けらせ、八ヶ岳を目指す─

    水上恒司、感性を刺激する旅へ。 【前編】
    ─マセラティ MC20 チェロを駆けらせ、八ヶ岳を目指す─

    特別インタビュー

    2024.05.09

  5. ポロ ラルフ ローレンのマドラスジャケットで、<br>トレンド感満載のスタイリングを完成させるポイントとは? <br>ファッショントレンドスナップ199

    ポロ ラルフ ローレンのマドラスジャケットで、
    トレンド感満載のスタイリングを完成させるポイントとは?
    ファッショントレンドスナップ199

    カジュアルウェア

    2024.05.14

紳士の雑学