旅と暮らし

これぞ江戸前。鰻を粋に味わうなら浅草の名店へ
[部長の名店]

2017.11.22

写真・図版
砂糖を一切加えず、醤油の勝った辛口のタレが身上。鰻自体の甘みが引き立ちます。

さまざまな企業で働く部長たちに聞いた「名店」をご紹介します。

江戸の街角を彷彿とさせる小体な店構え。大通りから一本入るともう観光客の姿はない。地元のお客が大半で、なかには四代にわたって訪れるおなじみもあるという。

夜ならば女将が囲炉裏でつけてくれるぬる燗をやりつつ、焼き上がりを待つのが乙。でも仕事の合間のランチなら、『もずく』(650円・税込)で口をさっぱりさせてから『鰻重(中)』(2900円・税込)と、長っちりしないのが部長の流儀。ほどけるような口どけにキリッと辛口のタレがよい。上なら一枚多くなるが、午後に備え昼は中で我慢しておくそうだ。

写真・図版
雷門通りから一本入った筋にある明治40年創業の老舗。四代目の女将が出迎えてくれる。小上がり、座敷、囲炉裏を囲むテーブル席が1つずつあり、グループなら最大6名まで。要予約。

鰻といえば夏の土用が浮かぶが、実際に脂がのってうまいのは秋から冬。こぢんまりした店なので一本電話してから出向きたい。

Photograph:Reiko Masutani
Text:Akane Matsumoto

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    1億円のコラボ作品も⋯⋯
    多才なアーティスト・三浦大地、
    自身初の個展を伊勢丹新宿店で開催中。

    特別インタビュー

    2022.07.29

  2. 写真・図版

    井桁弘恵さんと巡る、TOKYO写真探訪。
    第4回 中央区銀座

    週末の過ごし方

    2022.08.10

  3. 写真・図版

    『TIME』誌で“世界一快適な靴”と称された、
    オールバーズのスニーカー

    2022.08.01

  4. 写真・図版

    日本限定のスペシャルコレクション!
    ジミー チュウが、藍染の作り手
    「BUAISOU」とコラボレーション。

    小物

    2022.08.09

  5. 写真・図版

    「佐嘉平川屋」の佐嘉おぼろ
    自慢の手土産 #95

    接待と手土産

    2022.08.09

紳士の雑学