旬のおすすめ

名門靴店が考える、新春に買うべき靴10足。
【第9回】クロケット&ジョーンズ(タッセルローファー)

2018.01.22

写真・図版
クロケット&ジョーンズ キャベンディッシュ3 ¥79,000

1984年、「日本に知られていない海外の優れた靴を紹介するセレクトショップ」をコンセプトに創業したトレーディングポスト。以来、30年以上にわたり、洒落者(しゃれもの)の“足元“を支えつづけてきた。

そんなトレーディングポストを運営するプレステージシューズ マーケティング部の村井久哲さんに、いま買いたい靴を、ドレスシューズを中心にセレクトしていただいた。タイムレスな定番から、“いま”の気分を反映したモデルまで全10足。

第9回は、ノーサンプトンの名門、5回目にも登場したクロケット&ジョーンズのタッセルローファー。

  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版

「ここ数年、タッセル復活の兆しがあったんですが、昨年大ブレークしましたね」
この状況を、村井さんはこう分析する。

「クールビズの登場以降、ビジネススタイルがドレスよりカジュアル化の方向に進み、それに合わせるにはどんな足元にすべきか、レースアップの黒い革靴ではいかがなものか、という声が聞かれるようになりました。

一方、東日本大震災以降、動きやすくて、やわらかい表情の靴のニーズも高まっていました。そこでまず、大ブレークしたのがローファーでした。しかし、それも5年ほど経つとみんなローファーばかりになってしまい、一部の人がタッセルに流れ、そこからブレークに至ったんですね」

そんななかでも、クロケット&ジョーンズのキャベンディッシュ3は、正統派のトラッド感があふれる一足だ。

「昔ながらの定番中の定番。グッドイヤー製法の完成されたタッセルローファーですが、新しい木型#375を使っています。トウのボリュームはそのままに、従来のものよりもウエストを絞り、ヒールカップが小ぶりな仕上がり。日本人の足にもフィットしやすくなっています。カジュアルだけでなく、ドレスライクな着こなしにも合わせやすいと思います」

掲載した商品はすべて税抜き価格です。

【第8回】トリッカーズはこちら

【第10回】デュカル

Photograph:Mitsugu Inada
Styling:Tomohiro Saitoh(GLOVE)
Text:Yasushi Matsuami

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ145
    夏の定番スタイルをオシャレに激変させる究極の一撃!
    その必殺技アイテムの使い方を解説。

    カジュアルウェア

    2022.06.20

  2. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ144
    レザースニーカーの新エースは、オン・オフ使える二刀流。
    おまけにイタリア生まれでコスパ最強!?

    カジュアルウェア

    2022.06.14

  3. 写真・図版

    日本焼肉、ここにあり!
    銀座の夜に、新しい大人の選択肢が登場。

    週末の過ごし方

    2022.06.23

  4. 写真・図版

    【目覚めの一発】義務化しないことが習慣への道
    10年後の自分を幸せに! 日々の生活に採り入れる簡単ストレッチ

    週末の過ごし方

    2022.06.24

  5. 写真・図版

    俳優・塩野瑛久が魅了する、ジュエリーの真価。
    #02 フレッド

    小物

    2022.06.22

紳士の雑学