旅と暮らし

販売台数が浮き彫りにした、
輸入車ブランドの最新「神セブン」

2018.01.26

写真・図版
© Daimler AG

2017年の輸入車の新車登録台数(純輸入車、乗用車)は、30万5043台。日本メーカーが国外の拠点で生産し、日本に輸入する形で持ち込むモデルが2万8408台あり、乗用車の総数は33万3451台になる。しかし、一般的に、輸入車つまり外車は、前者となる(いずれのデータも、日本自動車輸入組合の1月11日付の発表資料による)。この純輸入車(乗用車)の2017年登録台数は、前年比3.7%の増加で、輸入車の人気傾向は続いている。

1996年に29万9409台と30万台に迫っていた純輸入車セールス(乗用車)。2009年には15万9143台へと落ち込んだが、翌年の2010年には上向いて18万0255台を達成した。以降、上昇を続け、2015年にやや前年を下回ったものの、2016年、2017年と続けて台数を伸ばしている。

2017年の純輸入車セールス(乗用車)は、史上初の30万台超え。これまでで最も多い登録台数を記録した。2017年の実績を、ブランド別ランキングで見ていくと、やはり欧州ブランドが目立つ。

■2017年輸入車ブランド別ベスト10(乗用車)

順位 ブランド        2017年累計台数(前年比)
1位 メルセデス・ベンツ    6万8215台      (101.2%)
2位 BMW                         5万2527台      (103.9%)
3位 VW                           4万9036台      (103.8%)
4位 アウディ                     2万8336台      (99.4%)
5位 BMWミニ                   2万5427台      (103.6%)
6位 ボルボ                       1万5764台      (108.3%)
7位 ジープ                       1万0101台      (107.6%)
8位 プジョー                         8242台      (111.3%)
9位 ルノー                            7119台     (134.2%)
10位 ポルシェ                       6923台      (100.5%)
※日本自動車輸入組合の1月11日付の発表資料より作成

1位 メルセデス・ベンツ

写真・図版
© Daimler AG

メルセデス・ベンツは、5年連続で販売台数を増やし、3年連続の首位、そして5年連続でプレミアムブランド No.1に輝いた。主力モデルのCクラスや、CLAなどのコンパクトモデルが堅調なうえ、上位モデルであるEクラスや、Sクラス、そしてSUVの各モデルが好調だったという。

2位 BMW

写真・図版

BMWは、前年比3.9%の増加。1月に5シリーズが、10月にSUVモデルのX3が、それぞれ新型に移行。1シリーズ、2シリーズ、3シリーズ、4シリーズのマイナーチェンジも伸長に貢献しているという。このところ、同グループのミニも実によく売れていて、前年比で2015年が19.8%増、2016年が16.4%増、2017年は3.6%増だ。BMWとミニを合わせると7万7954台となり、自動車インポーターとして3年連続のトップとなる。

3位 フォルクスワーゲン

写真・図版

2017年に注目の結果を残したブランドのひとつは、3位のVWだ。排ガス不正問題で落ち込んだ販売台数が、2017年は前年比3.8%増の4万9036台を達成。2014年以来3年ぶりに前年を上回っている。SUVのティグアンがフルモデルチェンジを実施し、ゴルフのマイナーチェンジもあった。

写真・図版

ベスト10のうち、米国モデルとして唯一、ジープが7位にランクイン。そのほかはすべてが欧州ブランドで、ボルボは3年連続で前年比アップを記録している。2015年にXC90を、2017年にS90&V90のシリーズとXC60をリリースしたボルボは、2015年が1.8%アップ、2016年が7.7%アップ、2017年が8.3%アップで、前年比の伸び率そのものを拡大している。

上位7位までのブランドは、2016年と2017年でまったく同じ順位である。2015年はVWが2位だったが、7位までに入ったブランドは共通する。
いわば、この不動の上位7ブランドが、輸入車ブランドの最新「神セブン」。
2018年も、この「神セブン」から目が離せない一年になるはずだ。

※掲載のデータは日本自動車輸入組合の資料(速報値)より。
※写真は、実際の日本導入モデルと仕様が異なる場合があります。

Text:Haruhiko Ito(office cars)

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    耐久性に優れたナイロンを使用。
    ブリーフィングから
    防水仕様の新型バックパックが登場。

    バッグ

    2020.07.10

  2. 写真・図版

    上質なエッセンスに、
    さりげない遊びを利かせた
    ペッレ モルビダの新作バッグ。

    バッグ

    2020.07.06

  3. 写真・図版

    「タケオキクチ」が考える、これからの仕事着。

    特別インタビュー

    2020.07.07

  4. 写真・図版

    牡牛座“ニューノーマル”と生きる
    財力開運アカデミー2020<下半期>

    週末の過ごし方

    2020.06.29

  5. 写真・図版

    オシャレな腕時計|厳選50ブランドまとめ

    腕時計

    2020.06.23

紳士の雑学

調べ・見立て

迷ったら聞く。
ASM webは
チャットを装備!

気になるアイテムがあれば、すぐにチャットで相談。着こなしに迷ったら、すぐにチャットで相談。
ギフトで購入するものに迷ったらチャットで相談。簡単な会員登録で、店舗のお調べや予約もできます!
※14時~20時の間はチャットコンシェルジュがお待ちしております。

特典

着こなしで困らない!
有人のチャットに相談

どう着る?何を買う?
着こなしコンシェルジュが回答します

特典

買い物で困らない!
取り置き&予約が可能

購入を検討したい店舗への
訪店予約が可能!(一部ブランドのみ)
※取り置き&予約サービス利用には
会員登録が必要となります。

特典

ギフト選びで困らない!
チャットで良品をお見立て

あの人に贈るには、何がいい?
そんなときにはチャットで相談

close