旬のおすすめ

男をつくるもの
部長の「名品」リスト【第1回】

2018.01.29

写真・図版

手に入れてよかったものとそうではないもの。線引きができるようになってきた。これからのビジネスマン人生をともに歩みつづける、「名品」をリストアップ。少しの背伸びが、男を高める。それが正しいことは、もう承知している。

エルメスのブリーフケース

写真・図版
1928年に発表された書類ケース「サック・ア・デペッシュ」の新作、「サック・ア・デペッシュ スリム」。薄くアレンジされ、従来のアコーディオン型のマチがない。つや消しの留め具がモダン。縦29×横37×幅5㎝。¥725,000/エルメス(エルメスジャポン 03-3569-3300)

シューズと比べると、バッグへの関心は希薄になる人が多いように思う。どうしてだろう? いちばん目立つ小物であり、シューズ以上に長持ちし、流行に左右されにくいアイテムなのに。

最高峰はエルメスのブリーフケース「サック・ア・デペッシュ」。完成されたデザインに、上質を極めたレザー。携えれば、気持ちが高揚する。これは従来よりも薄く、ひと回り小さくなった新作。高価だが、その価値がある。ビジネスマン人生のメモリアルなタイミングに。

カルティエのリストウオッチ

写真・図版
100年前、時計史に刻まれた「タンク」の系譜にある「タンク ルイ カルティエ」。端正という形容詞が、しっくりとくる。LMサイズ、ピンクゴールドケース、アリゲータストラップ、手巻き。¥1,350,000/カルティエ(カルティエ カスタマー サービスセンター 0120-301-757)

携帯電話で時刻を確認する仕草は好きになれない。少し袖をまくって、ちらりと腕元に視線を落とす。それが大人としての立ち居振る舞いだ。しかし、腕時計にとって時刻を示す役割が薄れてきたことも事実。だから、いままで以上にアクセサリーとしての在り方も問いたくなる。

カルティエの「タンク」が100周年を迎えた。腕時計は丸いものという既成概念を覆し、いまや角型の手本となった。これからの100年も、男にとって最上の装飾品で在りつづける。

サンヨーのバルカラーコート

写真・図版
素材はコットンギャバジン。リメイクしたように随所に太いステッチを施す。国内最高水準のコート専門縫製工場であるサンヨーソーイングの力量が発揮された一着。コート¥99,000/サンヨー(SANYO SHOKAI カスタマーサポート 0120-340-460)、スーツ¥82,000/ユナイテッドアローズ、シャツ¥25,000、/エリコ フォルミコラ、タイ¥11,000/フラテッリ ルイージ(すべてユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店 03-5772-5501)

その名は「100年コート」。親子三代にわたって受け継がれるコートを目指し、三陽商会のコートづくりのノウハウを結集して誕生した。これは新作の「エイジド・モデル」。着はじめて30年後をイメージし、ヴィンテージ加工を施している。

自分で一から育てるというのも魅力的ではあるが、父から譲り受けたようなコートにも惹かれる。シンプルなバルカラーのデザインは、ビジネスコートの手本のよう。昭和の紳士のように、実直な男でありたい。

掲載した商品は全て税抜き価格です。

部長の「名品」リスト【第2回】はこちら

Photograph:Osami Watanabe
Styling:Masayuki Sakurai
Hair & Make-up:Masayuki(The VOICE)
Edit & Text:Kenji Washio

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    SIHH2019 ジュネーブサロン・リポート
    IWC

    美しい時計

    2019.02.15

  2. 写真・図版

    コーチの財布。
    持って、返して、開いてみた

    旬のおすすめ

    2019.01.29

  3. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ36
    スーツの着こなしに異変あり!?
    ピッティもカジュアル化が止まらない!?

    旬のおすすめ

    2019.02.14

  4. 写真・図版

    フルラの財布。
    持って、返して、開いてみた

    旬のおすすめ

    2019.01.28

  5. 写真・図版

    コクがあるのに爽やか、アンチョビとオリーブのとろとろマッシュポテト
    [長尾智子 料理の歳時記]

    旅と暮らし

    2019.02.14

紳士の雑学

調べ・見立て