旬のおすすめ

男をつくるもの
部長の「名品」リスト【第3回】

2018.01.31

写真・図版

手に入れてよかったものとそうではないもの。線引きができるようになってきた。これからのビジネスマン人生をともに歩みつづける、「名品」をリストアップ。少しの背伸びが、男を高める。それが正しいことは、もう承知している。

モンブランのボールペン

写真・図版
平面を採用したボディーの軸が特徴。マグネットの採用により、キャップを閉める際、カチッという小気味よい音とともにワンタッチで閉じる。各¥45,000/モンブラン(モンブラン コンタクトセンター 0120-39-4810)

消せるボールペンは便利だが、ビシっとスーツを着こなしているなら不釣り合い。腹を決めていいペンを求めるなら、やっぱりモンブランにたどり着く。デザイナーのマーク・ニューソンとのコラボレーションにより誕生した「モンブラン M」はまさにモダン。筆記具に対する美学が息づく。「部長、いいペンを使ってますね」と言われたい。

シャルベのタブカラーシャツ

写真・図版
本国フランスで展開しているものと比較すると、ユナテッドアローズでは台襟の高さを低くする微調整を行っている。また、着丈と袖丈をやや短く、裾をラウンドカットにしていることもポイント。各¥46,000/シャルベ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店 03-5772-5501)

シャツは直接、肌に触れる消耗品だから、安価なものを数多くそろえる。それもひとつの正しい考え方。しかし、すでにある程度の枚数を所有しているなら、数より質を問うべき。質の最高峰はフランスの老舗、シャルベで体験したい。タイの下でループタブをボタンで留める襟型なら、タイの結び目が少し持ち上がり、立体的なVゾーンを演出できる。朝のひと手間が確実な違いとなって表れる。

ジェイエムウエストンのサイドゴアブーツ

写真・図版
ジェイエムウエストンを象徴するモデルのひとつが、このサイドゴアブーツ。品番「705」でも知られる。選りすぐりの一枚革でつくられ、職人のクセづけによる中央に通った鼻筋が美しい。¥135,000/ジェイエムウエストン(ジェイエムウエストン 青山店 03-6805-1691)

ビジネスマン人生も20年を過ぎ、部長世代となれば、ストーレートチップやプレーントウなど、靴の基本形はそろっているはず。足元の新しさという狙いでワードローブに加えたいのが、サイドゴアブーツ。ジェイエムウエストンでは定番としてラインナップする。もはや、変えるところがない造形美。ゴアとはゴムのことで、脱ぎ履きしやすいこともメリット。オン・オフ兼用は、もちろんだ。

掲載した商品は全て税抜き価格です。

部長の「名品」リスト【第2回】はこちら

部長の「名品」リスト【第4回】はこちら

Photograph:Osami Watanabe
Styling:Masayuki Sakurai
Hair & Make-up:Masayuki(The VOICE)
Edit & Text:Kenji Washio

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 背中上部が緩む→首を引き下げる力が弱まり、首が前に出る。

    ハイパフォーマンスを作る、超「姿勢」力講座
    【第9回】首猫背を改善するストレッチ

    旅と暮らし

    2018.05.01

  2. 写真・図版

    ルイ・ヴィトンのスニーカー、前から横から、後ろから

    旬のおすすめ

    2018.03.16

  3. 写真・図版

    スーツにハイソックスを履いていないことは恥であると知るべし
    [男の服飾モノ語り]

    紳士の雑学

    2017.12.01

  4. 写真・図版

    小さい、薄い。これが、いま欲しい時計の条件。[男の服飾モノ語り]

    美しい時計

    2017.07.10

  5. 写真・図版

    タイのセレブ一家がつくった、バンコクで圧倒的におしゃれなホテル

    旅と暮らし

    2017.12.14

紳士の雑学

調べ・見立て