旬のおすすめ

ワイドなチノでつくる今春のトレンドスタイル。

2018.02.02

まだまだ寒さは和らぐことはなさそうだが、そろそろ春の訪れに気分を向けて準備を進めたいところ。昨今のファッションをにぎわす“ゆるさ”をまとった着こなしは、今シーズンも継続してトレンド傾向にある。そこに大人っぽさを加えた週末のカジュアルスタイルをここで紹介。

これまでのトレンドとして注目されていたボリューミーなトップスに加えて、今シーズンフォーカスしたいのがゆるめのパンツ。今回はそんな“ゆるボトム”を使ったコーディネートを披露する。

写真・図版
チノパン¥38,000(マーガレット・ハウエル/アングローバル 03-5467-7864)、ジャケット¥118,000(ムーレー/コロネット 03-5216-6521)、ニットポロ¥26,000(ジョン スメドレー/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店 03-5772-5501)、シューズ¥65,000(パラブーツ/パラブーツ青山店 03-5766-6688)

まず基本として押さえておきたいのがベーシックなディテールを採り入れたチノ。もちろん、シルエットはゆるめ。ベージュカラーの一本は汎用性にたけ、どんな人でもはきこなしやすい。

ミリタリーテイストのブルゾンに、中はニットポロを合わせたコーディネート。アウターのアースカラーとチノのベージュは相性のいい色合わせ。インナーにニット素材を採り入れることでカジュアルになりすぎず、大人にふさわしい上品なコーディネートが完成する。ボトムがワイドでボリューミーなので、トップスはジャストサイズで調整すると上手に着こなすことができる。

写真・図版

今回の着こなしの最大のポイントはボトムのレングスだ。ジャストレングスで優等生のように丈を設定すると、ノーマルな着こなしになってしまうが、もともと長かったレングスをロールアップしてやや短めにすると、こなれたスタイルに様変わりする。ボトムのボリュームが際立ち、なおかつスタイルがだらしなく見えない。カジュアルなボトムだからこそ、足元にはレザーシューズを合わせて、スタイリングの全体像をスマートな方向へ寄せるのが大人の作法だ。

掲載した商品はすべて税抜き価格です。

<<長時間の移動をおしゃれにラクに過ごす方法

きれいめスラックスをカジュアルに着るには?>>

Photograph:Sunao Ohmori (TABLE ROCK.INC)
Styling: Masahiro Tochigi (QUILT)
Text:Yuichiro Tsuji

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    世界で恥をかく日本ルールの着こなし

    紳士の雑学

    2019.04.11

  2. 写真・図版

    一生モノの靴との出合い。 #3
    長く履きつづけてこそ愛着が湧く英国靴の真髄

    旬のおすすめ

    2019.07.09

  3. 写真・図版

    バーゼルワールド2019 リポート
    エドックス

    美しい時計

    2019.07.12

  4. 写真・図版

    女優・山口まゆ「なぜ役者をやるのか」について考えた
    [MUSE]

    旅と暮らし

    2019.07.09

  5. 写真・図版

    食が進む、アスパラガスのマスタード胡麻酢和え
    [長尾智子 料理の歳時記]

    旅と暮らし

    2019.07.11

紳士の雑学

調べ・見立て

総額100万円!
JCBギフト券
1万円が当たる

お気に入り記事のクリップ、アイテムや着こなしのお問い合わせチャット、さらには店舗の検索や予約も!
ビジネスマンのための「アエラスタイルマガジン」が簡単な会員登録でさらに便利になります。

特典

マイクリップ機能

お気に入りの記事や写真を、
クリップで保存!

特典

着こなしコンシェルジュ

チャットで、アイテムの
詳細や在庫をお問い合わせ!

特典

取り置き&予約サービス

購入を検討したい店舗への
訪店予約が可能!(一部ブランドのみ)

close