旅と暮らし

蕎麦を食べたいならここ。
のど越しいい香り高い蕎麦を楽しむ
[部長の名店]

2018.04.04

蕎麦を食べたいならここ。<br>のど越しいい香り高い蕎麦を楽しむ<br>[部長の名店]
実は夜もよく利用しています。日本酒のセレクトが良く、一人で寄っても落ち着きます。

接待、歓送迎会、家族の記念日に使うハレの店なら、部長に聞こう。今日は自分においしいランチを奢(おご)りたい、そんな日も部長に聞こう。そっと会社の近くのいい店を教えてくれるはずだから。

さまざまな企業で働く部長たちに聞いた「名店」をご紹介します。

蕎麦好きにはなじみの名店が目指すのは「歯切れのど越しのいい蕎麦」。茨城産の常陸秋そばを収穫後ただちに真空・低温保存し、その日に使う分だけ石臼で製粉する。たぐってすするプロセスのなかで、その香りを味わえる。

ランチのおすすめは「せいろそば」(写真・800円)。もっとボリュームが欲しいときは、海老と野菜の天麩羅に、旬のおひたしや和え物の小鉢料理、蕎麦(せいろかかけ)に味ごはんがセットになった「日替わり膳」(1200円)を。

1050_MST2823
店内は、4人がけのテーブル席が2つ、壁に向いたカウンター席が5席、4~6名が座れる個室という構成。ひとり客も多く、混雑時は相席になる場合も。

凝った料理はないが、素材を生かした小鉢に箸が進み、天麩羅の丁寧な仕事に満足し、季節のごはんに旬を感じ、蕎麦を味わってうなる。ぜいたくな昼飯を満喫できる。

<<日本の中華料理を牽引しつづける老舗中華の名店

  やわらかくツルツルの食感が胃に優しい宮崎うどんの名店>>

Photograph:Reiko Masutani
Text: Sachiko Ikeno

買えるアエラスタイルマガジン
AERA STYLE MARKET

装いアイテム

おすすめアイテム

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 笹塚の超穴場町中華「昭和軒」で<br>マッチが“昭和”にタイムスリップ!? <br>マッチと町中華。【第13回】

    笹塚の超穴場町中華「昭和軒」で
    マッチが“昭和”にタイムスリップ!?
    マッチと町中華。【第13回】

    週末の過ごし方

    2024.04.26

  2. 俳優・町田啓太と考える、装う美学。<br>心を解き放つ、「皐月」のスーツ。<br>【第二期】

    俳優・町田啓太と考える、装う美学。
    心を解き放つ、「皐月」のスーツ。
    【第二期】

    週末の過ごし方

    2024.05.17

  3. 時を駆けて、クラシックを知る。<br>─旅する町田啓太とトッズのいい関係─

    時を駆けて、クラシックを知る。
    ─旅する町田啓太とトッズのいい関係─

    特別インタビュー

    2024.05.10

  4. 水上恒司、感性を刺激する旅へ。 【前編】<br>─マセラティ MC20 チェロを駆けらせ、八ヶ岳を目指す─

    水上恒司、感性を刺激する旅へ。 【前編】
    ─マセラティ MC20 チェロを駆けらせ、八ヶ岳を目指す─

    特別インタビュー

    2024.05.09

  5. ポロ ラルフ ローレンのマドラスジャケットで、<br>トレンド感満載のスタイリングを完成させるポイントとは? <br>ファッショントレンドスナップ199

    ポロ ラルフ ローレンのマドラスジャケットで、
    トレンド感満載のスタイリングを完成させるポイントとは?
    ファッショントレンドスナップ199

    カジュアルウェア

    2024.05.14

紳士の雑学