旅と暮らし

日本の中華料理を牽引しつづける
老舗中華の名店
[部長の名店]

2018.04.05

写真・図版
維新號と言えばフカヒレ。「こんなに大きなフカヒレを食べたことはない」という感想が多いというが、写真で「フカヒレMサイズ」( 1 万1000円)! ほか「Lサイズ」( 1 万4500円)、「LLサイズ」( 1 万7000円)がある。フカヒレ1 本1 本が太く、弾力があり、しっかりと味が染み込んだ逸品。

接待、歓送迎会、家族の記念日に使うハレの店なら、部長に聞こう。今日は自分においしいランチを奢(おご)りたい、そんな日も部長に聞こう。そっと会社の近くのいい店を教えてくれるはずだから。

さまざまな企業で働く部長たちに聞いた「名店」をご紹介します。

いま東京の中華料理はいちばん面白いと言われているが、だからこそ注目したいのが正統派の店。その代表が赤坂維新號だ。

「フォーマルに大切な方を招くとき、この店が思い浮かびます」と部長。大事なクライアントや仕事関係の仲間を招いて、いい時間を過ごしたと言う。その安心感は、間違いのない料理、親しみやすく行き届いたサービス、落ち着いた空間のなせる業。しみじみ、老舗はいいな、と思う。

写真・図版

1階のメインダイニング(グリル席)はクラシカルなたたずまい。政治家や財界人も利用するという2階の個室6部屋はいずれも古き良き時代の趣を残す。

写真・図版
「殻なし大えびの四川風甘辛炒め」(3200円)。プリプリのエビの食感と味の奥行きはさすが!

料理はアラカルトで好きなものを選ぶもよし、コース(1万円〜5万円まで9種類)、もしくは予算にあわせて店に任せるもよし。ランチは週替わりで楽しめる「維新號コース(5000円)、「維新號ランチ」(2100円)、「ウィークデー飲茶セット」(1700円)など手軽に本物を味わえるラインナップだ。

<<料理も空間も過ごす時間もアートそのもの とっておきの夜に選びたい店

  蕎麦を食べたいならここ。のど越しいい香り高い蕎麦を楽しむ>>

Photograph:Reiko Masutani
Text: Sachiko Ikeno

買えるアエラスタイルマガジン
AERA STYLE MARKET

装いアイテム

おすすめアイテム

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    「てのしま」の寿司詰め合わせ
    すべて実食!自慢の手土産 #103

    週末の過ごし方

    2023.01.20

  2. 写真・図版

    俳優・町田啓太と考える、装う美学。
    グレースーツを「睦月」にまとう。

    週末の過ごし方

    2023.01.17

  3. 写真・図版

    コートスタイルをスマートに格上げするうわさのセーター。
    タートルネック、モックネックどちらが正解!?
    ファッショントレンドスナップ 170

    カジュアルウェア

    2023.01.24

  4. 写真・図版

    BEST BAGS FOR DIFFICULT REQUEST
    ラフに肩掛けしても様になるジョルジオ アルマーニ
    【“旅するバッグ”を探せ。】

    バッグ

    2023.01.04

  5. 写真・図版

    北海道ニセコの名宿「坐忘林」。
    美しくも厳しい自然と共存するソーシャルグッドな知恵と工夫。

    週末の過ごし方

    2023.01.20

紳士の雑学