旅と暮らし

日本の中華料理を牽引しつづける
老舗中華の名店
[部長の名店]

2018.04.05

写真・図版
維新號と言えばフカヒレ。「こんなに大きなフカヒレを食べたことはない」という感想が多いというが、写真で「フカヒレMサイズ」( 1 万1000円)! ほか「Lサイズ」( 1 万4500円)、「LLサイズ」( 1 万7000円)がある。フカヒレ1 本1 本が太く、弾力があり、しっかりと味が染み込んだ逸品。

接待、歓送迎会、家族の記念日に使うハレの店なら、部長に聞こう。今日は自分においしいランチを奢(おご)りたい、そんな日も部長に聞こう。そっと会社の近くのいい店を教えてくれるはずだから。

さまざまな企業で働く部長たちに聞いた「名店」をご紹介します。

いま東京の中華料理はいちばん面白いと言われているが、だからこそ注目したいのが正統派の店。その代表が赤坂維新號だ。

「フォーマルに大切な方を招くとき、この店が思い浮かびます」と部長。大事なクライアントや仕事関係の仲間を招いて、いい時間を過ごしたと言う。その安心感は、間違いのない料理、親しみやすく行き届いたサービス、落ち着いた空間のなせる業。しみじみ、老舗はいいな、と思う。

写真・図版

1階のメインダイニング(グリル席)はクラシカルなたたずまい。政治家や財界人も利用するという2階の個室6部屋はいずれも古き良き時代の趣を残す。

写真・図版
「殻なし大えびの四川風甘辛炒め」(3200円)。プリプリのエビの食感と味の奥行きはさすが!

料理はアラカルトで好きなものを選ぶもよし、コース(1万円〜5万円まで9種類)、もしくは予算にあわせて店に任せるもよし。ランチは週替わりで楽しめる「維新號コース(5000円)、「維新號ランチ」(2100円)、「ウィークデー飲茶セット」(1700円)など手軽に本物を味わえるラインナップだ。

<<料理も空間も過ごす時間もアートそのもの とっておきの夜に選びたい店

  蕎麦を食べたいならここ。のど越しいい香り高い蕎麦を楽しむ>>

Photograph:Reiko Masutani
Text: Sachiko Ikeno

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    1億円のコラボ作品も⋯⋯
    多才なアーティスト・三浦大地、
    自身初の個展を伊勢丹新宿店で開催中。

    特別インタビュー

    2022.07.29

  2. 写真・図版

    『TIME』誌で“世界一快適な靴”と称された、
    オールバーズのスニーカー

    2022.08.01

  3. 写真・図版

    井桁弘恵さんと巡る、TOKYO写真探訪。
    第3回 ライカ銀座店

    週末の過ごし方

    2022.08.03

  4. 写真・図版

    天然成分で染め上げた優しい色合いが目を引く、
    コンバース オールスター

    2022.07.28

  5. 写真・図版

    「帝国ホテル」の黒毛和牛のローストビーフ
    自慢の手土産 #93

    週末の過ごし方

    2022.07.26

紳士の雑学