週末の過ごし方

チリが生んだ傑作、アコンカグア・アルト カベルネ・ソーヴィニヨン
ほどよいタンニンはステーキに最高。
[今週の家飲みワイン]

2018.04.27

写真・図版 小松宏子

写真・図版

「カベルネ・ソーヴィニヨン100%のこちらは、今回の4本のなかでは果実感は控えめですが、ワインとしてのバランスがよく、食事と楽しむのであれば、いちばんおすすめです」と大橋さん。確かにほどよく樽がきいた凝縮感のある、スパイシーな味わいは、肉汁したたるステーキに合わせたくなる。

写真・図版

「アコンカグアはチリのなかでも銘醸ワインの産地で、チリの有名なワインはほぼ、このエリアで造られています。山に沿ってワイナリーが連なり、日照時間がとても長く、風も強いので、果実分の凝縮したぶどうができます。オーナーがカベルネ・ソーヴィニヨンに合う土地を探して植樹しただけあり、実にクオリティーの高いカベルネ・ソーヴィニヨンが収獲できる土地なのです。また、標高が高く風も強いので、農薬を使う必要がないのも利点。だからこそ、テロワールを尊重したワイン造りができるのです」と大橋さん。

写真・図版

ブラックベリーやカシスなどの黒い果実の風味に加え、黒こしょうや甘草などスパイシーな成分がほどよく混じり合った、大地のエネルギーを感じさせる味わいも、アコンカグアというテロワールの賜物。気候がとても安定しているので、ヴィンテージの差がなく、大量生産ができるので、品質に比して、リーズナブルなワインが造れるのだそう。2004年にはマルゴー、ラトゥール、サッシカイアなど、並みいる銘醸ワインを抑えて優勝したというのだから、世界的にも実に評価の高いワインなのである。このクオリティーで4000円台は実にお値打ちだ。ちょっと上等な牛肉を買った日などに開けたい一本。100%のカベルネ・ソーヴィニヨンが、料理のできをぐいと引き上げてくれるのを実感出来るに違いない。

<<レ・ディフェーゼ

シュロス・フォルラーツ ゼクト>>

Photograph:Makiko Doi

買えるアエラスタイルマガジン
AERA STYLE MARKET

装いアイテム

おすすめアイテム

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    トム・クルーズが引き金? ボア付きジャケットの人気が再燃!
    着こなし方のポイントを解説。
    ファッショントレンドスナップ166

    カジュアルウェア

    2022.12.02

  2. 写真・図版

    日本ではあまり見かけない!?
    定番バーバリーの、マフラーの意外な巻き方とは?
    ファッショントレンドスナップ164

    カジュアルウェア

    2022.11.15

  3. 写真・図版

    上白石萌歌さんと巡る、横浜“昭和クラシック”紀行。
    第1回 ホテルニューグランド

    週末の過ごし方

    2022.12.01

  4. 写真・図版

    上白石萌歌さんと巡る、横浜“昭和クラシック”紀行。
    第2回 コーヒーハウス「ザ・カフェ」

    週末の過ごし方

    2022.12.08

  5. 写真・図版

    ニューヨークパーフェクトチーズの「ニューヨークパーフェクトチーズ」
    自慢の手土産 #99

    接待と手土産

    2022.12.02

紳士の雑学