週末の過ごし方

火打ち石のような独特の香りと、ほのかな甘みを楽しむ
ラブブロック リースリング
[今週の家飲みワイン]

2018.05.18

写真・図版 小松 宏子

写真・図版

2本目のリースリングはニュージーランド産。リースリングがドイツ、オーストリア、北フランスあたりが主産地であることを考えると、冷涼な気候のニュージーランドがリースリングの栽培に向くことは、容易に想像がつく。ニュージーランドでワイン栽培が盛んになりはじめたのは1970年代。まだその歴史は浅く、生産量においては世界の1%にも満たないという。しかしながら、現代のワインの嗜好が、重さや濃厚さよりも、シャ-プでエレガントな方向へシフトしてきたなかで、急速に評価を高めてきた。ニュージーランドの名を世に知らしめたぶどう品種はソーヴィニヨン・ブランであるが、白ワインとしてはリースリングもそれに次ぐ、注目の品種だ。

写真・図版

「ラブブロックは、ニュージーランドの南島の北東部にあるマールボロエリアで造られています。ここはニュージーランドのぶどうの60%が作られている、最大の産地です。なかでもこのリースリングは、アワテレという最も冷涼な地区で生産されています。きれいな酸は何より、この冷涼な気候によるものですね」と大橋さんは言う。
ラブブロックの生産者であるエリカとキム夫妻は、マールボロの丘の上の羊の放牧場を購入してぶどう畑にしたという。その際に、オーガニックに取り組む決意をし、単なるオーガニックヴィンヤードではなく、鶏、羊、牛などの家畜やさまざまな植物と共生するオーガニックファームを目指したのだ。結果はラブブロックのワインはテロワールの個性がそのまま結実した、ナチュラルながら輪郭のはっきりとした味わいになった。ニュージーランド・オーガニックワイン・アワードで2015年に金賞を受賞している。

写真・図版

「ひと口飲んで素直においしいと感じるふくよかな甘みは、アルコール度数が低いことによるもの。残糖分が多いということですね。そしてリースリングの特徴である、“火打ち石のような”と表現される、独特の香ばしい香りが特徴となっています。今回の4本のなかでもそれがいちばん感じられますね。ぶどうの収穫後すぐに、皮と一緒に低温で浸漬することで、複雑味やボリューム感もうまく表現されています。それでいて、アルコール度数の低い優しい味わいですから、デイリーに飲むにもぴったり。明るい昼下がりのランチのときなんか、最高ですね」と大橋さん。そんなふうにすすめられれば、早速、週末のランチで試したくなるではないか。

<<シュロス・フォルラーツ ゼクト

ジェラール・シュレール リースリング グランクリュ プェルシック ベルグ>>

Photograph:Makiko Doi

買えるアエラスタイルマガジン
AERA STYLE MARKET

装いアイテム

おすすめアイテム

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    トム・クルーズが引き金? ボア付きジャケットの人気が再燃!
    着こなし方のポイントを解説。
    ファッショントレンドスナップ166

    カジュアルウェア

    2022.12.02

  2. 写真・図版

    日本ではあまり見かけない!?
    定番バーバリーの、マフラーの意外な巻き方とは?
    ファッショントレンドスナップ164

    カジュアルウェア

    2022.11.15

  3. 写真・図版

    上白石萌歌さんと巡る、横浜“昭和クラシック”紀行。
    第1回 ホテルニューグランド

    週末の過ごし方

    2022.12.01

  4. 写真・図版

    上白石萌歌さんと巡る、横浜“昭和クラシック”紀行。
    第2回 コーヒーハウス「ザ・カフェ」

    週末の過ごし方

    2022.12.08

  5. 写真・図版

    ニューヨークパーフェクトチーズの「ニューヨークパーフェクトチーズ」
    自慢の手土産 #99

    接待と手土産

    2022.12.02

紳士の雑学