旅と暮らし

夏場にうれしい、アイスティーの楽しみ

2018.06.13

写真・図版

第1回目でティーの定義を教えていただいた、世界各地のティーブランドを紹介するTEAWELLの代表、北条史子さんに、これからの季節にぴったりの、アイスティーについて伺った。

「アイスティーは入れ方によって、水色や味わいが変わります。ダージリンなど、茶葉によっては、タンニンとカフェインが結合して、低温になると白濁現象が起きてしまうんです。アイスティーには、アールグレイやキャンディなど、渋みが少なく、さわやかな風味の茶葉が向いています。『LOVE TEA』ならホワイトローズ&ゴジベリー、フレンチアールグレイ、カフェインフリー・チャイ、スキングロウなどもおすすめです」

そんな北条さんが絶賛するアイスティーの入れ方は、愛知県尾張旭市の紅茶専門店「TEAS Liyn-an(リンアン)」発案によるもの。

「茶葉の量を少なくして、その代わりに長時間抽出するという入れ方。本当に簡単に、きれいな水色のアイスティーができます。どんな茶葉にも応用できて、失敗知らず。この入れ方に出合ってから、アイスティーも楽しむようになりました」

早速、ティーバッグを使ったアイスティーのおいしい入れ方(1L分)を教えてもらった。

①350mlサイズ程度のティーポットを準備する。熱湯を入れてしっかり温めておく。ティーバッグ3〜4個(8gの茶葉)を入れ、再び熱湯を注ぎ入れる。

写真・図版

「ポットを温めておくのは、茶葉をよく開かせるため。1L作るのに対して、茶葉は8gと覚えておけばいいです。ティーバッグは2gのものが多いので、4パック使いました。リーフティーの場合は、茶こしが必要なので、ティーバッグのほうが手軽です」

②茶葉を抽出する。細かい茶葉は15分、大きい茶葉は20分くらいと、サイズによって調節する。

写真・図版

「この15〜20分とういう抽出時間がポイント。お茶は一般的に表面積が小さいほうが濃く出るので、細かい茶葉の方が抽出時間が短いんです」

③1Lサイズにピッチャーを準備し、7割程度氷を入れておく。そのピッチャーに②の抽出したティーを注ぎ入れる。(この時点では氷はすべて溶けず、1Lにはならない)

写真・図版

④再度、ティーポットの茶葉がひたひたになる程度に熱湯を入れ、すぐにピッチャーに移す。

「1回目で茶葉は十分に抽出されているので、2回目以降はゆすいで旨みを最後まで出すようなイメージ。はちみつなどで甘みをつける場合は、冷たくなってから入れると溶けきらないので、熱い段階で入れてください」

⑤氷が完全に溶け、ピッチャーの紅茶が1Lになるまで、4の作業を繰り返して完成。飲むときはグラスに氷を入れて、ティーを注ぎ入れる。完成したティーは常温で1日程度保存可能。

写真・図版

― TIPS ペットボトルに入れるだけ。スパークリングティー ―

写真・図版

より簡単なアイスティーの作り方、それはペットボトルの炭酸水にティーバッグを1つ入れ、1~2時間ほど冷蔵庫に入れておくだけというもの。

「お湯で抽出するよりも軽い味わいで、炭酸がまろやかになり、飲みやすくなります。お好みのティーバッグで、ブラックティーやハーブティーでもOK。香りの強い茶葉のティーバッグを使うと、より風味豊かなティーになります。飲むときにはティーバッグを取り出して。海外で飲みたいものがないときや、入浴中の水分補給にもおすすめです」

第3回は上級者向けのチャイの入れ方を紹介する。

<<簡単でヘルシーな、ティーの楽しみ方

Photograph:Hiroyuki Matsuzaki(INTO THE LIGHT)
Text:Mayumi Akagi

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    SIHH2019 ジュネーブサロン・リポート
    IWC

    美しい時計

    2019.02.15

  2. 写真・図版

    コーチの財布。
    持って、返して、開いてみた

    旬のおすすめ

    2019.01.29

  3. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ36
    スーツの着こなしに異変あり!?
    ピッティもカジュアル化が止まらない!?

    旬のおすすめ

    2019.02.14

  4. 写真・図版

    フルラの財布。
    持って、返して、開いてみた

    旬のおすすめ

    2019.01.28

  5. 写真・図版

    コクがあるのに爽やか、アンチョビとオリーブのとろとろマッシュポテト
    [長尾智子 料理の歳時記]

    旅と暮らし

    2019.02.14

紳士の雑学

調べ・見立て