旅と暮らし

レストラン『INUA』、世界が注目するシェフのビジョンとは

2018.06.28

レストラン『INUA』、世界が注目するシェフのビジョンとは

デンマークの伝説的レストラン『noma』のヘッドシェフと、出版社KADOKAWAがパートナーシップを結び、東京・飯田橋にあるKADOKAWAの自社ビルにてレストラン『INUA』をオープンさせる。ユニークなタッグは日本のレストラン界にどんな変化をおよぼすだろうか。世界が注目するシェフがビジョンを語った。

180518_ASM 0020
レネ・レゼピ nomaヘッドシェフ

nomaという世界一のレストランで、お互い腕を振るってきたレネ・レゼピnomaヘッドシェフと、トーマス・フレベルINUAヘッドシェフ。レゼピ氏は記者会見でフレベル氏の印象を聞かれると「毎日同じ時間に起きて毎日鍛えてルーティンワークをこなしているという人物」と冗談めかして語っていた。ならば「内側の衝動からすべてを決める」と評する自身とは好対照のようだが、記者会見後のポートレート撮影では合間にこやかに談笑。同じ釜の飯ならぬ同じキッチンで切磋琢磨(せっさたくま)したふたりは、まさに盟友なのだろう。

6月29日、ついにオープンをむかえるINUAだが、やはりnomaの名前が終始ついてまわるのは避けては通れないはず。しかし日本でスタートする新たなステージに対し「nomaはnomaだけであり、クローンを作ることはできない、INUAをリードするのはトーマス。彼の思い描くビジョンによってすべてが決まるんです」とレゼピ氏。「とはいってもトーマスはnomaでの豊富な経験をもっています。そのバックグラウンドがINUAに影響を与えないわけはなく、そういう意味ではnomaの遺伝子は受け継がれると思っています」と盟友の新たなステージへの思いを語る。

180518_ASM 0022
トーマス・フレベルINUAヘッドシェフ

対するフレベル氏はどうだろう。「INUAは“Feel almost like home(我が家のように感じる)”場所にしたいと思っています。私自身がかしこまった場所へ行くのが苦手で、スーツのようなフォーマルな服はほとんどもっていないんですよ。訪れる人たちがリラックスした気分でINUAを楽しんでもらえたら」と言う。レストランのスタッフは、総勢約40名。うち20人強がキッチン担当でキッチンフロア合わせても34歳のフレベル氏が最年長という若々しさである。レゼピ氏とフレベル氏の関係のように、フレンドリーでゲストがリラックスできるサービスとなるのだろう。

また、フレベル氏はデンマークのデザイナーによるインテリアに「花びんや皿、カトラリー等は日本のクラフト(工芸)をふんだんに採用する」ビジョンがあるという。しかもその選定が非常にイマドキなのである。「INUAでは15人ほどの職人の作品を置く予定にしています。残念ながら私は日本語が読めないので、情報源はほとんどがSNS。インスタグラムをフォローして直接メッセージを送って依頼をするケースが多いですね」と言って、自身のiPhoneを見せてくれた。

180518_ASM 0109

気に入った作者をフォローしたのち、その人がフォローしている人たちからまた作家を見つけ、コメントをチェックし……。そんなフラットでイマドキなセレクションで展開するレストランが、世界中から注目されているというのも、非常に“時代”と言えるのではないだろうか。日本の食材を深く探求し生まれる料理、クラフトに彩られた我が家のようなくつろげる空間、そしてフレンドリーなサービス。意識していなくてもやはり、nomaの遺伝子はしっかりと受け継がれているのではないだろうか。食材の発掘、手仕事への再評価、気取らないサービス。実はこのような個性はいま、トップレストランの世界的トレンドにもなっているが、もちろん発信源はnomaである。そのレストランの影響ではなく遺伝子として……。ついに世界が注目するレストランの幕が開く。

Inua_image17
©Jason Loucas

Photograph:Ari Takagi
Text:Toshie Tanaka

買えるアエラスタイルマガジン
AERA STYLE MARKET

装いアイテム

おすすめアイテム

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. ポロ ラルフ ローレンのマドラスジャケットで、<br>トレンド感満載のスタイリングを完成させるポイントとは? <br>ファッショントレンドスナップ199

    ポロ ラルフ ローレンのマドラスジャケットで、
    トレンド感満載のスタイリングを完成させるポイントとは?
    ファッショントレンドスナップ199

    カジュアルウェア

    2024.05.14

  2. 浅草「中華料理 博雅」で味わう、<br>絶品“人情”シュウマイ!<br>マッチと町中華。【第14回】

    浅草「中華料理 博雅」で味わう、
    絶品“人情”シュウマイ!
    マッチと町中華。【第14回】

    週末の過ごし方

    2024.05.24

  3. 俳優・町田啓太と考える、装う美学。<br>心を解き放つ、「皐月」のスーツ。<br>【第二期】

    俳優・町田啓太と考える、装う美学。
    心を解き放つ、「皐月」のスーツ。
    【第二期】

    週末の過ごし方

    2024.05.17

  4. 水上恒司、感性を刺激する旅へ。 【前編】<br>─マセラティ MC20 チェロを駆けらせ、八ヶ岳を目指す─

    水上恒司、感性を刺激する旅へ。 【前編】
    ─マセラティ MC20 チェロを駆けらせ、八ヶ岳を目指す─

    特別インタビュー

    2024.05.09

  5. 笹塚の超穴場町中華「昭和軒」で<br>マッチが“昭和”にタイムスリップ!? <br>マッチと町中華。【第13回】

    笹塚の超穴場町中華「昭和軒」で
    マッチが“昭和”にタイムスリップ!?
    マッチと町中華。【第13回】

    週末の過ごし方

    2024.04.26

紳士の雑学