旅と暮らし

日本料理のだしの味と最高の相性を見せる一本
ルカツィテリ・アクホエビ アワー・ワイン / tsiteli Akhoebi 2011 Our Wine
[今週の家飲みワイン]

2018.11.09

写真・図版 小松宏子

写真・図版

ジョージアの2本目は、かたくなに古典的な醸造法を大切にしている超伝統派「アワー・ワイン」の白だ。最高の造り手が最高の畑から造ったオレンジワイン。アワーワインは、ジョージアの自然派ワインの先駆者であり、ジョージアワイン協会の会長も務めたソリコ・ツァイシュヴィリ氏を含む5人が2003年に東部のカヘティに設立したワイナリー。ソリコ氏は今年亡くなられたが、設立メンバーのひとりが彼の遺志を継ぎ、アワー・ワインを守っている。

ワイン造りは土中に埋めたクヴェヴリ(円錐形の土器)で3~6カ月発酵熟成させたのち、澱(おり)引きするのみと、基本的にはほぼ何もしない、完全に自然に任せたジョージア伝統のスタイルである。

アワー・ワインではソリコ氏(の後継者)を含む6人の生産者のぶどうを使い、醸造している。カヘティのなかでも古来最上級と言われているカルナダヒとツアラビの畑で、ルカツティリ、サペラヴィ、ムツヴァネ・カフリなどの、ジョージア土着のぶどう品種を栽培している。

写真・図版

「そのエリアは、ジョージアのグラン・クリュとも言える畑です。ジョージアワインの神髄を知りたければまず飲むべき一本です」と太鼓判を押す梁さん。

「単体で飲むと好き嫌いが分かれる味ですが、日常の文脈のなかで食事とともに気取らずに飲むと、じつにその個性がいい形で発揮されます。例えば、初めて飲むワインなのに、どこか懐かしく感じるような。それは日本料理のだしにとてもよく合う味わいだからです。変わった味のワインなのに、日本人の味覚の記憶に、非常にストンと落ちてくるのです。合わせる料理としては、しょうゆを使った煮ものには込み万能ですし、秋から冬にかけてのきのこ鍋とは、まさに無敵のマリアージュ。なぜ、うま味の強い日本料理と相性がよいのか、それは、クヴェリで造るからこそ引き出されるうま味成分の強さによるものです」。

写真・図版

ソリコ氏は醸造家であると同時に哲学者であり、中世文学の研究者でもあった。人間と植物が共生する、宇宙の大きなサイクルのなかにワインがあると考えた。シンプルにして複雑な、飲むほどに複雑味を増していくようなアワー・ワインは、まさにそうした宇宙の神秘を感じさせてくれる。深まる秋とともに楽しみたい一本だ。

<<ツィツカ ゴッツァ2015

Photograph:Makiko Doi

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    知っておきたい!靴ひもの結び方

    紳士の雑学

    2018.11.07

  2. 写真・図版

    男の装い。4つのスタイルから選ぶスーツの現在地
    #3 CLASSIC STYLE

    旬のおすすめ

    2018.11.07

  3. 写真・図版

    これぞ老舗、これぞブランド―威風堂々、虎屋。
    [センスの因数分解]

    紳士の雑学

    2018.11.07

  4. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ34
    スニーカーブームがついにビジネススタイルにまで
    日本でも真似できそうなトレンド最前線を厳選解説

    旬のおすすめ

    2018.11.08

  5. 写真・図版

    クラシックギターで紡ぐ『シネマ』の世界
    村治佳織インタビュー

    旅と暮らし

    2018.11.06

紳士の雑学

調べ・見立て