美しい時計

SIHH2019 ジュネーブサロン・リポート
ヴァシュロン・コンスタンタン

2019.02.08

写真・図版

高級時計の新作がいち早く出そろう、毎年恒例の国際展示会・SIHH(ジュネーブサロン)がスイスで1月14日から17日まで開催された。ラグジュアリー感あふれる落ち着いた雰囲気の会場に、約2万3000人が来訪したという(主催者発表)。このSIHH2019から、主要ブランドの動向と、魅力的な新作をピックアップして紹介する。

超複雑時計とブルーダイヤルの華麗なる共演

ヴァシュロン・コンスタンタンの最高峰に位置する「レ・キャビノティエ」コレクションが、今年のSIHHで一気に大輪の花を咲かせた。顧客のビスポーク(特別注文)に応える部門では、2015年に「史上最も複雑な機械式時計」を開発して世界的な話題となったが、メゾン主導のユニークピースも手がけており、今回の3本の超絶的な複雑モデルが発表されたのである。

音で時刻を知らせるミニッツリピーターにトゥールビヨンと天空図を搭載した「ミニットリピーター・トゥールビヨン・スカイチャート」、ミニッツリピーターに永久カレンダーの「ミニットリピーター・パーペチュアルカレンダー」、そして15種類もの複雑機構を備えた「グランド・コンプリケーション・フェニックス」。

さらに、虎とパンダを浮き彫りやマルケトリー(木材の象嵌[ぞうがん]技法)などで表現した「メカニック・ソヴァージュ(機械式&野生動物)」もラインアップ。いずれも世界1本限定で(色違いもあり)、価格も「要問い合わせ」だ。

レギュラーモデルにおいても、この高度な技術力を発揮した独創的な複雑時計「トラディショナル・ツインビート・パーペチュアルカレンダー」が登場した。一般的な機械式時計のテンプは毎秒3~4Hzで往復振動するが、このモデルはロービートとハイビートの2つのテンプを搭載(タイトル写真)。

腕に着用しない場合は1.2Hz(毎時8640振動)のロービートを選ぶことで、一杯に巻いた状態で放置しても65日間以上動きつづける。「スタンバイ・モード」とも呼ばれることから、いわば最少限のエネルギー代謝で生きつづける熊の冬眠のような状態と言えるかもしれない。

腕に着用する場合は、8時位置のケースサイドにあるボタンで瞬時に切り替えられる5Hz(毎時3万6000振動)のハイビートを選択する。高速で回るコマが倒れにくいように、姿勢の変化などによる外的な影響を受けにくいので、アクティブに使い込んでも高精度を維持できる。この仕組みは、ゼンマイを巻き忘れて止めてしまうと自動送りの日付などの調整が面倒なパーペチュアルカレンダーのために考案されたのだが、まさに「パーペチュアル=永久」の語義に近づけた、実用性の高い世界初の新機構ではないだろうか。

写真・図版
「トラディショナル・ツインビート・パーペチュアルカレンダー」。8時位置のケースサイドにセレクターボタンがあり、選択した振動数をダイヤルの9時位置で表示。赤の1.2Hzなら約65日間以上というウルトラロングパワーの「スタンバイ・モード」となる。5Hzでも約4日間のロングパワー。手巻き(キャリバー3610QP)、ケースはプラチナ、直径42㎜、厚さ12.3㎜。時価2380万円(SIHH時点の税抜き予価)、ブティック限定で9月以降発売予定。

2016年にリニューアルされて高い人気を誇る“旅行者のための時計”「オーヴァーシーズ」にも、高度な複雑機構であるトゥールビヨンを初めて搭載。今年のヴァシュロン・コンスタンタンはコンプリケーション満開の印象を受けるが、ブルーダイヤルが急増したことも際立った特徴だ。前述の「オーヴァーシーズ・トゥールビヨン」がブルーなら、「オーヴァーシーズ・エクストラフラット・パーペチュアルカレンダー」にも初のブルーダイヤルを追加。

昨年に登場した新コレクションの「フィフティーシックス」でも、自動巻きセンター3針とコンプリートカレンダーの2タイプでグレーがかった濃いめの“ペトロールブルー”ダイヤルが採用された。メタリックな輝きのケースと18Kホワイトゴールドのインデックスと針によって、クールな気品を感じさせる。

写真・図版
「フィフティーシックス・オートマティック」。1956年発表のモデルにインスパイアされたレトロモダンなスタイルで昨年から登場したコレクション。ダイヤルはグレーがかった濃いめの“ペトロールブルー”。メタリックな輝きのケースと、18Kホワイトゴールド製のインデックスと針が映えるクールで上品なカラーリングだ。自動巻き(キャリバー1326)、ケースはステンレススチール、直径40.0㎜、厚さ9.6㎜。128万円(税抜き予価)、5~6月ごろに発売予定。

1950年代のモデルに着想を得て、完璧なラウンドシェイプにミニマルな機能美を究めた「パトリモニー」3タイプにも“マジェスティックブルー(ミッドナイトブルー)”を追加。ダイヤルに放射状の微細な線条を施したサンバースト仕上げによって、鮮やかな印象を与える。

ブルーはダークスーツにも違和感なくフィットするだけでなく、華やかさも加えてくれるカラーだが、このように色みや彩度はモデルによってかなり異なる。店頭で服装と合わせながら、お気に入りのブルーを選択していただきたい。

写真・図版
「パトリモニー・マニュアルワインディング」。超薄型で、ミニマルを究めた秒針のない2針モデル。それだけに鮮やかなサンバーストで仕上げた“マジェスティックブルー”の美しいダイヤルを堪能できる。ゴールドの色みもよく似合う。手巻き(キャリバー1400)、ケースは18Kピンクゴールド、直径40.0㎜、厚さ6.79㎜。210万円(税抜き予価)、6月ごろに発売予定。

掲載した商品はすべて税抜き価格です。

問/ヴァシュロン・コンスタンタン 0120-63-1755

プロフィル
笠木恵司(かさき けいじ)
時計ジャーナリスト。1990年代半ばからスイスのジュネーブ、バーゼルで開催される国際時計展示会を取材してきた。時計工房や職人、ブランドCEOなどのインタビュー経験も豊富。共著として『腕時計雑学ノート』(ダイヤモンド社)。

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    世界で恥をかく日本ルールの着こなし

    紳士の雑学

    2019.04.11

  2. 写真・図版

    バーゼルワールド2019 リポート
    ロレックス

    美しい時計

    2019.06.17

  3. 写真・図版

    痛快なドライビングを楽しむ、
    ゴルフGTI

    旅と暮らし

    2019.06.20

  4. 写真・図版

    夏までに理想のカラダを手に入れる 第4回
    有酸素運動よりも短時間で脂肪燃焼させる方法とは?

    紳士の雑学

    2019.06.21

  5. 写真・図版

    旅する、田中 圭。

    旬のおすすめ

    2019.06.18

紳士の雑学

調べ・見立て

総額100万円!
JCBギフト券
1万円が当たる

お気に入り記事のクリップ、アイテムや着こなしのお問い合わせチャット、さらには店舗の検索や予約も!
ビジネスマンのための「アエラスタイルマガジン」が簡単な会員登録でさらに便利になります。

特典

マイクリップ機能

お気に入りの記事や写真を、
クリップで保存!

特典

着こなしコンシェルジュ

チャットで、アイテムの
詳細や在庫をお問い合わせ!

特典

取り置き&予約サービス

購入を検討したい店舗への
訪店予約が可能!(一部ブランドのみ)

close