接待と手土産

すべて実食! 自慢の手土産。#18
「加島屋」のいくら醤油漬・さけ茶漬

2019.02.18

写真・図版

贈られた人が、次の贈り手になる。人から人へと伝えられる老舗の逸品

「加島屋」を初めて知ったのは、もう20年以上前になる。上司に同行した会食の手土産としていただいたのが「いくら醤油漬」と「さけ茶漬」の詰め合わせだった。それをきっかけにヘビーユーザーとなり、それは今も変わらない。会社を訪問する時は基本的に生ものを避けるため、先方が会社に戻る予定のない、主に会食の際の手土産に使っている。

加島屋の商品は、年齢を問わず、男女も問わず本当に喜ばれる。高級感があり、160年以上守り続けてきた老舗の安定感がある。中身もパッケージもどんどん進化し、モダンでおしゃれな商品が氾濫するなか、初めて手にした時からほとんど変わらないルックスもいい。風情のある紺と白の紙袋を見ただけで、にんまりする人もいるくらいだ。

何よりも感動なのが、そのおいしさ。冷蔵庫に加島屋のイクラやサケが入っているだけでうれしくなる。ご飯のお供にも、酒のつまみにも、どちらでもいける。いただいたその日から毎日の食卓が楽しくなる。

「たらこ茶漬」や「数の子べっ甲漬」、「貝柱のうま煮」など、他にも魅力的な商品がいくつもあるが、筆者は決まって「いくら醤油漬」と「さけ茶漬」の瓶詰めをセレクトする。つやつやとした大粒のイクラが口の中でプチプチとはじけ、うまみたっぷりのエキスが口いっぱいに広がる。しょうゆの味付けが濃すぎず、薄すぎず絶妙で、白いご飯にのせると何膳でもお代わりできてしまうのだ。

看板商品ともいえる「さけ茶漬」は、柔らかさとしっとり感が絶品。サケの王様といわれるキングサーモンのみを使用し、手作業で塩をすり込んだあと、紙に包んでじっくりと熟成させる。うまみが引き出されたサケを、強火の遠火で焦げ目がつくまでこんがりと焼く。それを熱々のうちに皮や骨を取り除き、ほぐした身だけをスプーンで瓶に詰める。ここまでが全てが手作業で行われるのだ。時間をかけ、手間暇を惜しまずに作り上げた、サケのおいしさがぎゅっと詰まったまさに逸品だ。

話は戻るが、会食で同席した方は、その後もずっと加島屋の「いくら醤油漬」と「さけ茶漬」を手土産に使い続けた。月日が流れ、その方と会う機会もなくなったが、加島屋のイクラとサケは、今でも筆者の定番の手土産のままだ。もらってうれしかった手土産を、別の相手に贈る。贈られたその人も気に入って、また他の人に贈る。そうやってずっと受け継がれていく名品なのだ。

写真・図版

加島屋 伊勢丹新宿店
東京都新宿区新宿3-14-1
営業時間/10:30〜20:00
定休日/百貨店の休業日
価格/さけ茶漬・いくら醤油漬ビン詰2本セット5,292円
問/03-3352-1111
※都内では他に、銀座三越、西武池袋本店、髙島屋日本橋店、東急百貨店東横店など。価格は税込み。

◎おすすめの手土産を探しているなら……

Photograph:Hiroyuki Matsuzaki(INTO THE LIGHT)
Styling:Keiko Katanozaka
Edit & Text:Mayo Morino

買えるアエラスタイルマガジン
AERA STYLE MARKET

装いアイテム

おすすめアイテム

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    日本ではあまり見かけない!?
    定番バーバリーの、マフラーの意外な巻き方とは?
    ファッショントレンドスナップ164

    カジュアルウェア

    2022.11.15

  2. 写真・図版

    上白石萌歌さんと巡る、横浜“昭和クラシック”紀行。
    第1回 ホテルニューグランド

    週末の過ごし方

    2022.12.01

  3. 写真・図版

    貴島明日香さんと行く、ニューノーマル時代の“一人飲み”案内。
    第5回 下北沢 胃袋にズキュン はなれ

    週末の過ごし方

    2022.11.30

  4. 写真・図版

    貴島明日香さんと行く、ニューノーマル時代の“一人飲み”案内。
    第4回 下北沢 発酵デパートメント

    週末の過ごし方

    2022.11.22

  5. 写真・図版

    伊勢丹新宿店 メンズ館1階 メンズアクセサリー
    スタイリスト 星野聖人さん
    この人から買いたい、この一品

    特別インタビュー

    2022.11.25

紳士の雑学