紳士の雑学

徹底した『利他主義』で世界中をハッピーに
株式会社LIFULL代表取締役社長 井上高志インタビュー[前編]

2019.03.27

写真・図版

国内最大級の物件サイト『LIFULL HOME’S』は「不動産業界を改革したい」井上の信念から生まれた。7期連続最高益と経営面が好調に推移するなか、次のミッションは住まいに限らず、「あらゆるLIFE(ライフ)をFULL(フル)にすること」だ。

半蔵門の皇居のお堀にほど近いオフィスは築50年のビルを再利用したものだ。1階に併設したカフェはお昼どき、社員のみならず地域住民でにぎわっている。「以前のオフィスは新築のビルでした。社員に『会社が発信しているメッセージと違いません?』と言われ、17年に移転したんです」、LIFULL(ライフル)井上高志代表取締役社長はそう語る。不動産・住宅情報サイト『LIFULL HOME’S』でおなじみの同社だが中古住宅の評価サービスや『空き家バンク』プラットフォームなど中古物件の流通活性でも注目されて久しい。

設立は1997年。「誰もが無料で見られる物件データベースを作ろうと思ったんです。多くの不動産情報のなかで、顧客は一部の情報しか得られない。そうした情報の非対称性を解消したかった」と井上は言う。『利他主義』から始まった会社は現在、住まい以外に介護やインテリアなど多業界で活躍を広げている。「働きがいのある会社」ランキングの常連であり、7期連続最高益を更新中と経営面でも絶好調だ。けれど、井上は言う。

「まだまだ。これからですよ」

  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版

ちゃらんぽらんな学生が
人生スイッチをオンに

いわく高校生までは引っ込み思案、大学生のころはちゃらんぽらん。けれど、起業願望はそのころから持っていた。「だからといって何かするわけでもなく。気がついたら就活の時期でした」。最初に志望した少数精鋭のベンチャー企業には落ちた。他の学生に圧倒された。しっかりと考え、さまざまな経験を積んだ者ばかり。負けて当然、井上は痛感した。

同じころ、付き合っていた彼女に振られた。「ニューヨークに行ってニュースキャスターになりたいから」。夢を語る彼女がまぶしく見えた。自分はと言えば、未来の目標がない。過去の経験も乏しい。圧倒的な劣等感と猛省のなかで心に決めた。「就職したら5年以内に独立して起業しよう。一生をかけて多くの人から『すごい!』と言われるようなことをやろう」。何かアイデアがあったわけではない。とにかくデカいことをしたい、そんな思いがグルグルグルグル渦巻いていた。

卒業後、リクルートコスモス( 現コスモスイニシア)に入社。不動産はスケール感がある一方、街づくりや住民との関わりなどぬくもりのある仕事に見えたが、入社ほどなくバブルは崩壊。3カ月後にはグループ会社のリクルートへ出向することに。ショックだったが、井上はこう考えた。「起業したら、思いどおりにいかなくて当たり前」。本社が必要とするような人材になろうと決め、支社長に直談判した。『1年以内に全国営業のトップを取ったら呼び戻してください』と。

宣言どおり、1年経たずにトップを取った。「能力も経験もないですから人の3倍は働きましたね。その後ですか? 本社に戻れると思いきや『求人営業で頑張ってるみたいだな! 引き続き頼むぞ』と言われておしまい。まぁ、そんなものかと(笑)」。ともあれ、がむしゃらだった会社員時代で井上のスイッチはオンになった。95年、当初の予定どおりに会社を辞め、個人事業主となった。現在のLIFULLへと続く道の始まりだった。

写真・図版

不動産業界を変えるのは
自分しかいない!

さて、立ち上げたのは不動産関連のインターネット事業だ。「不動産業界には3カ月しかいなかったわけですが、課題の多さを痛感したんです。また、このころ、ローンの審査が通らなかった若い夫妻に他社の物件を紹介し、非常に喜ばれたことがありました。上司には怒られましたが『こういう笑顔を増やしたい。そのために自分が業界を変えてみせる』と強く思った気持ちが残っていたんです。ですから、独立してやるならこれしかないと。その気持ちは20年経ったいまでも変わっていませんね」

事業の完成形は最初からイメージできていた。情報不足ゆえに顧客がコントロールされないようにすべての物件をデータベース化する。とはいえ、当時はインターネットの黎明期(れいめいき)。やろうとしていることは周囲にほとんど理解されなかった。

「10人中9・5人には反対されましたね(笑)」

なけなしの自己資金100万円は95万がマッキントッシュと地方税とに消えた。ホームページを作ろうにも自身、PC操作に慣れておらず本を見ながら指一本で制作した。労働時間は日に20時間ほど。このころ、交通事故で重傷を負う災難にも見舞われたが、医者が止めるのも聞かず、包帯姿で商談に向かったという。

ともあれ、井上自身は前向きの塊だった。

「何もない状態からのスタートです。失ってもゼロに戻るだけ。『失敗って何?』って感じでしたからね。この領域で世界一努力しているのは自分だと、そう言い切れるところまでやってやろうと思ったんです」

後編へ続く>>

プロフィル
井上高志(いのうえ・たかし)
1968年、神奈川県横浜市出身。青山学院大学経済学部卒業。リクルートコスモス(現コスモスイニシア)を経て、95年に独立、「不動産業界の仕組みを変えたい」という信念のもと、個人事業主として同社前身となるネクストホームを立ち上げる。97年に株式会社ネクスト(現LIFULL)を設立。同社代表取締役社長。座右の銘は社是と同じ『利他主義』。新経済連盟理事。一般社団法人21世紀学び研究所理事。一般社団法人Next Wisdom Foundation代表理事。「仕事は飽きないけれど、趣味はすぐ飽きてしまう」という井上だが、余暇は徹底するタイプだ。北海道は熊の生息地である南富良野町に山小屋を共同所有。大自然のなか五右衛門風呂につかり、電気もガスも通っていない山小屋で家族と休暇を過ごすことも。

Photograph:Kentaro Kase
Styling:Masahiro Tsukada
Text:Mariko Terashima

買えるアエラスタイルマガジン
AERA STYLE MARKET

装いアイテム

おすすめアイテム

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    「てのしま」の寿司詰め合わせ
    すべて実食!自慢の手土産 #103

    週末の過ごし方

    2023.01.20

  2. 写真・図版

    俳優・町田啓太と考える、装う美学。
    グレースーツを「睦月」にまとう。

    週末の過ごし方

    2023.01.17

  3. 写真・図版

    コートスタイルをスマートに格上げするうわさのセーター。
    タートルネック、モックネックどちらが正解!?
    ファッショントレンドスナップ 170

    カジュアルウェア

    2023.01.24

  4. 写真・図版

    BEST BAGS FOR DIFFICULT REQUEST
    ラフに肩掛けしても様になるジョルジオ アルマーニ
    【“旅するバッグ”を探せ。】

    バッグ

    2023.01.04

  5. 写真・図版

    北海道ニセコの名宿「坐忘林」。
    美しくも厳しい自然と共存するソーシャルグッドな知恵と工夫。

    週末の過ごし方

    2023.01.20

紳士の雑学