旅と暮らし

ワゴンか? SUVか? その迷いに応える、
ボルボV60クロスカントリー

2019.11.21

ワゴンか? SUVか? その迷いに応える、<br>ボルボV60クロスカントリー

少し前なら、街にステーションワゴンがあふれていた。特に都市部では輸入車のステーションワゴンが人気で、ボルボはその筆頭。しかし現在の人気トレンドはSUVとなっていて、ボルボでもXC90、XC60、XC40の各モデルが注目を集めている。

1050_238221_New_Volvo_V60_Cross_Country_exterior_

一方、ステーションワゴンを検討するユーザーも多い。筆者もそのひとりだが、実際に使ってみると便利に思うシーンが多々ある。なんと言っても、そのラゲッジスペースの使い勝手は、ほかのボディースタイルではかなわない部分。SUVと比較すれば、まず奥行きを多く確保したラゲッジスペースを備えるワゴンが多い。

ラゲッジスペースの面と開口部の下部がフラットで、荷物の積み下ろしがしやすいのも、正統派ステーションワゴンの魅力だ。

週末ともなれば、ショッピングに出かけることは少なくない。ミネラルウォーターを箱で買えば10kgを超える。それだけの重量物の積み下ろしを経験すると、ステーションワゴンのありがたさを実感する。

1050_248015_Volvo_V60_Cross_Country_T5_Test_Drive_in_Lule_Sweden

いまステーションワゴンの購入を考えるうえで、検討リストからはずせないモデルのひとつが、車格と使い勝手を両立したボルボV60だ。そのシリーズにあってフロアを高め、最低地上高をV60より65mmアップの210mmとしたモデルが、「V60クロスカントリー」。いわば、ステーションワゴンからSUVへと寄せたキャラクターを持つ。

使いやすいラゲッジスペースを備え、雪道などでの高い走破性を誇るのは、これからのシーズン、実に心強い。そして、そのルックスが、SUVが席巻するいまの時代にマッチするのも共感できる。

1050_247797_Volvo_V60_Cross_Country_T5_Test_Drive_in_Lule_Sweden

新世代ボルボのデザインテーストでまとめられたスタイリッシュなエクステリアに加え、インテリアの美しいしつらえも魅力。しかもファブリックのシートも、レザーのシートも、実に好感の持てる仕上がりだ。

1050_238219_New_Volvo_V60_Cross_Country_exterior

ラインアップは、「T5 AWD」と「T5 AWD PRO」の2グレード。2リッター直列4気筒DOHC16Vターボを搭載し、そのグレード名にAWDを添えるように、駆動方式はどちらも全輪駆動、つまり4WDとなる。トランスミッションは8速ATだ。

1050_238218_New_Volvo_V60_Cross_Country_exterior

V60クロスカントリーのボディーサイズは、全長4785mm、全幅1895mm、全高1505mm。高さに関してタワーパーキングをクリアする全高も、都市部を生活の場とする者にとってありがたい部分だ。

スクエアで広い荷室は、百貨店やブランドショップで買い込んだ服のショッピングバッグも整然と並べて積むことができる。アンティーク家具を扱う店で、ひと目ぼれした椅子を荷室に積んで帰るのだって容易。そんな週末を実現してくれる。

1050_247798_Volvo_V60_Cross_Country_T5_Test_Drive_in_Lule_Sweden

上級グレードの「T5 AWD PRO」では、ハイグレードオーディオ、ウッドパネル、4ゾーン・フルオートマチック・エアコンディショナー、そして美しさもクオリティーも追求したパーフォレーテッド・ファインナッパレザーの本革シートを標準装備。プレミアムなキャラクターを追求している。

247814_Volvo_V60_Cross_Country_T5_Test_Drive_in_Lule_Sweden

スタイリッシュなルックス、210mmの最低地上高から生み出される優雅さ、美しく上質なインテリア。さらに使い勝手にあふれるラゲッジスペースも魅力として有するV60クロスカントリーは、検討したいモデルのひとつである。

四季に合わせてレジャーを楽しむための荷物を満載してドライブに出かける。雪道やラフロードなど走破性の高さが求められるシチュエーションで、魅力がさらに輝くモデルである。

※写真は実際の日本導入モデルと仕様が異なります。
※日本仕様は右ハンドル。

<データ>
車名:ボルボ V60クロスカントリーT5 AWD PRO
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4785×1895×1505mm
ホイールベース:2875mm
駆動方式:4WD
エンジン:2リッター直4DOHC16Vターボ
トランスミッション:8速AT
エンジン最高出力:254ps(187kW)/5500rpm
エンジン最大トルク:35.7kg-m(350N-m)/1500~4800rpm
タイヤ:235/45R19
車両本体価格(税込):¥6,610,185

ボルボ・カー・ジャパン 0120-922-662
https://www.volvocars.com/jp

Text:Haruhiko Ito (office cars)

買えるアエラスタイルマガジン
AERA STYLE MARKET

装いアイテム

おすすめアイテム

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 笹塚の超穴場町中華「昭和軒」で<br>マッチが“昭和”にタイムスリップ!? <br>マッチと町中華。【第13回】

    笹塚の超穴場町中華「昭和軒」で
    マッチが“昭和”にタイムスリップ!?
    マッチと町中華。【第13回】

    週末の過ごし方

    2024.04.26

  2. 俳優・町田啓太と考える、装う美学。<br>心を解き放つ、「皐月」のスーツ。<br>【第二期】

    俳優・町田啓太と考える、装う美学。
    心を解き放つ、「皐月」のスーツ。
    【第二期】

    週末の過ごし方

    2024.05.17

  3. 時を駆けて、クラシックを知る。<br>─旅する町田啓太とトッズのいい関係─

    時を駆けて、クラシックを知る。
    ─旅する町田啓太とトッズのいい関係─

    特別インタビュー

    2024.05.10

  4. 水上恒司、感性を刺激する旅へ。 【前編】<br>─マセラティ MC20 チェロを駆けらせ、八ヶ岳を目指す─

    水上恒司、感性を刺激する旅へ。 【前編】
    ─マセラティ MC20 チェロを駆けらせ、八ヶ岳を目指す─

    特別インタビュー

    2024.05.09

  5. ポロ ラルフ ローレンのマドラスジャケットで、<br>トレンド感満載のスタイリングを完成させるポイントとは? <br>ファッショントレンドスナップ199

    ポロ ラルフ ローレンのマドラスジャケットで、
    トレンド感満載のスタイリングを完成させるポイントとは?
    ファッショントレンドスナップ199

    カジュアルウェア

    2024.05.14

紳士の雑学