旅と暮らし

意外と近い! 天国に一番近い島でぜいたくバカンスを
後編 イル・デ・パン

2020.01.10

写真・図版

世界遺産に認定された世界最大面積のラグーンを誇るフランス領ニューカレドニアは、美しい景観と冒険心をくすぐる大人の遊び場にもってこいの場所。後編では、天国に一番近い島 ニューカレドニアで「海の宝石箱」という意味を持つイル・デ・パンを紹介していく。
前編はこちら>>

自然美に溶け込む5つ星ホテル

写真・図版
©Marriott New Caledonia

イル・デ・パンはヌメアから国内線で約25分。日帰りで行くことができるが、日常から離れ、美しい海を満喫するならホテルの滞在がマスト。さらに今回の目的でもある大人の冒険を楽しむなら、リゾートホテル「ル・メリディアン・イル・デ・パン」を拠点にしたい。

イル・デ・パン唯一の5つ星リゾートホテルの「ル・メリディアン・イル・デ・パン」は、南洋杉やヤシの木が群生する4.5haの敷地内にある。客室はホテルタイプのスーペリアルームとデラックスルーム、独立型のバンガロースイートの3タイプがあり、自然の温もりとともにリゾート気分に浸れる。

インフィニティプールとビーチに面したレストランでは、フレンチとメラネシア料理を融合したオリジナル料理や、ニューカレドニアの伝統料理が味わえる。広大なガーデンとなっている敷地内には、日本ではほぼ見かけない海洋深層水を使う高級タラソスパがある。もちろんフィットネスセンターも完備と申し分ないのだが、このホテルの最もおすすめなポイントは、神秘の天然プール「ピッシンヌ・ナチュレル」まで徒歩圏内だということだろう。

  • 写真・図版
    ナチュラルで洗練と落ち着きのある客室。バスタブもある。
    ©Marriott New Caledonia
  • 写真・図版
    海を望める客室も。
    ©Marriott New Caledonia

神秘の天然プール「ピッシンヌ・ナチュレル」

ホテルの入り口横から海路をしばらく歩き、見落としてしまいそうな小さな目印を頼りに進むと、続いて緑が生い茂るジャングル道へ移行する。倒れた木々をまたいだり、海路で濡れた感触を感じながら歩くこと約15分。突如、目の前に神秘的な光景が広がる。

写真・図版
写真・図版
潮の満ち引きにより海面水位が変わるので腰まで海に浸かりながら渡ることもある。
写真・図版
写真・図版

まぶしいほど真っ白なビーチは奥へ行くほど青く、深くなっていく。ここにはたくさんのトロピカルフィッシュがいるので、シュノーケリングで楽しんでもらいたい。

ピッシンヌ・ナチュレルはオロ湾の入り江にあり、岩の間から海水が流れ込み、透明度は抜群だ。波がまったく立たず穏やかなことから、天然プールと呼ばれるようになった。

写真・図版
船長がオールをこぎながら風と帆の力で進む。

もっと冒険をしたいなら、ピローグ(カヌー)のルートもあるので挑戦あるのみ。漁などで使用される三角の帆が付いたニューカレドニアの伝統的な帆かけ船のピローグには、約10人乗ることができる。

ホテルからセント・ジョセフ湾へ移動したところからピローグで航海スタート、ピローグを降り無人島を経由して、ピッシンヌ・ナチュレルへ行くというルートだ。下船なしの航海だと約2時間で回遊する。ピローグ上の360度どこを見ても美しすぎる海という景観は、まさに天国と言える。

写真・図版
下船後、無人島を抜けてピッシンヌ・ナチュレルへ向かう。

思いっきりエスカルゴ!

写真・図版

イル・デ・パン特産といえばエスカルゴ。絶品だ。昨今、エスカルゴの数が減り、島外へ持ち出すことができなくなったため、イル・デ・パンへ行ったらぜひ食したい。ガーリックバターで調理されたエスカルゴは、ぷりっぷりで身が大きく、食べ応え満点。お酒が欲しくなるところだが、イル・デ・パンでお酒は買えないので、ヌメアで調達しておくといい。

ニューカレドニアの伝統的な料理「ブーニャ」もお試しを。ブーニャはメラネシアンの伝統的家庭料理で、バナナの葉で包んだ鶏肉、にんじん、タロイモなどをココナッツミルクや塩で味付けしたものを、土の中で数時間蒸し焼にしたもの。素朴な味わいがやさしく染み渡る。

  • 写真・図版
    レストラン「Kou-gny」ではエスカルゴのほかに魚も味わえる。
  • 写真・図版
    伝統料理のブーニャ/レストラン「Kuto」。

南国気分を盛り上げてくれる、最新鋭のエアカラン

写真・図版

日本からニューカレドニアのヌメアへはエアカランの直行便で、成田から8時間半で行くことができる。2019年8月に導入された、エアバス社製の次世代航空機A330-900型機(A330neo)は、最新機器が装備されたモダンな最新鋭の航空機で、空力性能、新世代エンジン、新技術の搭載により、燃費効率が従来機より14%向上し、高品質のプロダクトを楽しめるようになった。

  • 写真・図版
    プレミアムエコノミーのシート。サイドに小物入れ、リクライニングするとかなりゆったり。
  • 写真・図版
    大型 HD LED タッチパネル式パーソナルモニター。
  • 写真・図版
    南洋杉をモチーフにしたアメニティデザイン。

客室はニューカレドニアの自然環境をイメージしてデザインされた、ビジネス・ハイビスカスクラス、プレミアムエコノミー、エコノミークラスの3つの異なる空間になっている。

大型 HD LED タッチパネル式パーソナルモニター、USBポート+ヘッド フォンソケット、110Vコンセントを備えた最先端の座席に、WiFi接続も可能(ビジネス・ハイビスカスクラスは無料、プレミアムエコノミーは1時間の無料、エコノミークラスは有料)。アメニティのポーチには機内用ソックス、歯ブラシ、アイマスク。肉厚なブランケットは欲しくなるほど心地いい肌触り。食事はチーズや生ハムが添えられるなど、フレンチスタイルだ。

イル・デ・パンのみならず、ニューカレドニアは驚くほど美しい海があり、手付かずの自然の遊び場が残っている。日本で働く大人たちにとってそれらは非日常感にあふれ、子どものころのワクワクする感覚を思い起こさせてくれるだろう。不思議なのはニューカレドニアは、刺激が欲しいという人にも、癒やしが欲しいという人にもハマるというところ。自然と戯れる、大人のぜいたくをたっぷりと楽しんでもらいたい。

写真・図版
写真・図版

Text:AERA STYLE MAGAZINE
Cooperation:ニューカレドニア観光局エアカラン

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    アニエスベーは大人の階段だった。
    [渋谷直角 男が憧れる、男の持ち物。]

    紳士の雑学

    2020.05.27

  2. 写真・図版

    いまっぽい親近感を生む汎用性の高いデザイン。
    [働くバッグの新定番。]トートバッグ編

    旬のおすすめ

    2020.05.26

  3. 写真・図版

    魚を知り尽くした店主が選ぶ
    極上魚料理が味わえる隠れ家[部長の名店]
    船宿割烹 汐風

    旅と暮らし

    2020.06.03

  4. 写真・図版

    サーフィンがコンセプト
    MINIの限定車は、シティ派にも似合うのか?

    旅と暮らし

    2020.05.29

  5. 写真・図版

    絶対に泊まりたいホテルと食したいグルメ
    西オーストラリアの魅力を探る旅<1>

    旅と暮らし

    2020.05.29

紳士の雑学

調べ・見立て

迷ったら聞く。
ASM webは
チャットを装備!

気になるアイテムがあれば、すぐにチャットで相談。着こなしに迷ったら、すぐにチャットで相談。
ギフトで購入するものに迷ったらチャットで相談。簡単な会員登録で、店舗のお調べや予約もできます!
※14時~20時の間はチャットコンシェルジュがお待ちしております。

特典

着こなしで困らない!
有人のチャットに相談

どう着る?何を買う?
着こなしコンシェルジュが回答します

特典

買い物で困らない!
取り置き&予約が可能

購入を検討したい店舗への
訪店予約が可能!(一部ブランドのみ)
※取り置き&予約サービス利用には
会員登録が必要となります。

特典

ギフト選びで困らない!
チャットで良品をお見立て

あの人に贈るには、何がいい?
そんなときにはチャットで相談

close