PROMOTION

腕時計

【ニッポンにはグランドセイコーがある。】
第4回
精度を超える精度を持つ機械式腕時計。
真摯(しんし)なモノづくりと革新性は、さらに先へ

2020.10.09

写真・図版
60周年記念限定モデル ヘリテージコレクション メカニカルモデル SBGR321 605,000円(税込) 世界限定 2500本

精度とは時をつかさどる時計に課せられた永遠のテーマだろう。特に機械式時計は、伝統に裏付けられた精緻(せいち)な機械工学の集積に、熟練の技術が加わることで生まれる、英知の結晶であり、精度こそその進化の証しである。

グランドセイコーはいまから60年前、〝世界最高峰の腕時計をつくる〟という強い意志の下、誕生した。その後、1966年には更なる高精度と実用性を追求し、スイスのクロノメーターを超えた独自の精度規格「グランドセイコー規格」を定めた。

その真価が改めて問われたのは90年代半ばだ。東西ドイツの統一から時代は大きく動きだし、さらに本格的なデジタル社会も始まりつつあった。人々のライフスタイルや価値観が揺れ動くなか、新たな機械式時計を求める気運が高まっていたのである。

グランドセイコーの機械式はどうあるべきか。

それは既存の技術改良ではなく、まったく新しい設計からのスタートを意味していた。その原点として制定したのが、それまでのグランドセイコー規格をはるかに超える精度を目指した新グランドセイコー規格であり、かつての「世界に通用する安定した精度で、止まらず見やすいこと」から「国際基準を凌(しの)ぐ精度と実用性を最新技術で復活させること」へと照準は定められたのだ。

こうして1998年、新開発のムーブメントを搭載した機械式グランドセイコーが二十余年ぶりに復活したのである。

腕時計づくりへの情熱はいまも変わることなく受け継がれ、本モデルはグランドセイコーを象徴するブルーの文字盤と、秒針の先端の赤にその思いを込める。そして力強く時を刻む運針は、確かな精度を予感させるだろう。

歩んできた60年は自らを超え続けた軌跡である。それがグランドセイコーなのだ。

【ニッポンにはグランドセイコーがある。】
第1回 2020年、GSの新しい幕開けの記事はこちら

第2回 世界を圧倒するクオーツの開拓者の記事はこちら

第3回 歴史をも凌駕する新世代ムーブメントの記事はこちら

問/セイコーウオッチ株式会社 0120-302-6179:3021:00、土日祝日は17:30まで)
「グランドセイコーブランドストーリー特設サイトはこちら」

Text:Mitsuru Shibata
Photograph:Tetsuya Niikura(SIGNO) 
Edit:Ai Yoshida
Direction:Teruhiro Yamamoto(YAMAMOTO COMPANY)

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    俳優・町田啓太、セットアップを嗜む。

    スーツ

    2020.10.20

  2. 写真・図版

    俳優・神木隆之介が証明する眼鏡のポテンシャル。

    特別インタビュー

    2020.10.22

  3. 写真・図版

    ビジネススーツはコーディネート次第で春夏秋冬着まわせる。
    スタイリングのポイントを解説

    スーツ

    2020.10.22

  4. 写真・図版

    ニットを合わせるだけでカジュアル巧者になれる。
    男のハレ着、 スーツの現在地。⑪

    スーツ

    2020.10.19

  5. 写真・図版

    伊勢丹新宿店メンズ館 1階
    レザーグッズ担当スタイリスト 荒川 海さん
    この人から買いたい、この一品

    特別インタビュー

    2020.10.16

紳士の雑学

調べ・見立て