接待と手土産

「京都祇園あのん」のあんぽーね
すべて実食! 自慢の手土産 #58

2020.11.09

写真・図版

歯切れのいい皮と、上質な餡(あん)とクリームで作るマイ最中

今年の年末にぜひこの品を贈ろうと、ずっと心待ちにしていたのが、京都祇園に本店を構える「京都祇園あのん」の「あんぽーね」だ。以前から気になっていて、今年の夏、自分用に取り寄せてから、年末の挨拶(あいさつ)に使うのはこれだ!と決めていた。すぐにでも感動を共有したかったが、ここぞという時のためにがまんして取っておいたのだ。

「あんぽーね」は、自分で餡やクリームをスプーンですくって皮に詰めて食べる一風変わった最中だ。作りたてが味わえるうえに、自分好みの量に調節したり、半分を餡、半分をクリームに分けて楽しんだり、また重ねて詰めて両方のコンビネーションを試してみたりと、いろいろとカスタマイズできるのが楽しい。

最高峰と呼び声の高い滋賀県産もち米「羽二重糯(はぶたえもち)」を使用したこだわりの皮は、口の中の水分を奪うようなパサつき感がまったくない。軽やかで歯切れがよく、餡の湿気を吸わない分、香ばしさもそのまま。それに十勝産の小豆をじっくりと炊き上げた粒餡と、マスカルポーネチーズを使用した濃厚な自家製クリームを詰めればマイ最中の完成だ。

しっとりとして絶妙な甘さの餡と、ほんのり塩味とコクのあるチーズのクリームは、なんという相性の良さだろう。餡とホイップクリーム、餡とバターの組み合わせも人気があるが、和と洋の素材が融合して、また新しいおいしさが生み出される。餡の実力は底知れないなとつくづく感心してしまった。

純白の箱に梅の花が描かれた包装紙の掛けられた気品ある外観も、胸を張れる理由のひとつ。箱を開けると、2枚ずつ個包装された皮、粒餡とクリームの瓶詰、かわいらしいスプーンがきれいに並んでいる。2つの瓶には、家紋風のロゴマークのシールが貼られ、餡やクリームをすくう木のスプーンもまたしゃれている。

いつもの和菓子とはひと味違う、おいしくて洗練された「あんぽーね」は、老若男女を問わず、誰に贈ってもきっと喜んでもらえるはず。直径5センチほどの小さなサイズで、1人でも2、3個くらいならペロリと食べられそう。常温で30日という日持ちのよさも、贈り物には最適だ。年末のご挨拶として贈れば、お正月のティータイムに大活躍するに違いない。

写真・図版

京都祇園あのん(サザエ食品株式会社)
京都府京都市東山区清本町368-2
価格/あんぽーね(粒/粒 10個入)3200円ほか(税別・送料別)
問/075-551-8205
https://a-n-kyoto.shop-pro.jp/(オンラインショップ)

過去の手土産の記事はこちら

Photograph:Hiroyuki Matsuzaki(INTO THE LIGHT)
Styling:Keiko Katanozaka
Edit & Text:Yuka Kumano

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ106
    イタリア生まれのGジャンが人気急上昇。
    そのブレークの理由とは?

    カジュアルウェア

    2021.06.02

  2. 写真・図版

    八ヶ岳で“避暑ワーケーション”のすすめ。
    仕事後は日本ワインと絶品イタリアン。

    週末の過ごし方

    2021.06.11

  3. 写真・図版

    サステイナブルなバッグコレクションの最新作。
    ロンシャンならではの職人技が光る、
    都会的でシックなコレクション。

    バッグ

    2021.06.07

  4. 写真・図版

    心まで洗われるようなピュアホワイトがまぶしい、
    サントーニのスニーカー。

    2021.06.10

  5. 写真・図版

    革靴に匹敵するクオリティを追求!
    サイドゴアブーツタイプの
    レインシューズ「防水 誠十郎」が発売。

    2021.06.01

紳士の雑学

調べ・見立て